くらす

2018.11.25【くらしコラム】おうちの汚れは話題のナチュラルクリーニングで!

 

最近話題の、ナチュラルクリーニングについてお話したいと思います。

 

ナチュラルクリーニングは、自然由来の安心素材を使った手軽なおそうじ方法です。

 

匂いも全く気になりません!

 

おうちの汚れの多くは油や手アカなどの酸性汚れなので、アルカリ性クリーナーを使います。

 

水まわりなどに多いアルカリ性汚れには酸性クリーナーを。

 

汚れに合わせて使い分けるとおそうじ効果がグンとアップします。

 

 

 

 

 

 

□セスキ炭酸ソーダ(セスキ)

 

セスキは弱アルカリ性の粉末で、

 

油汚れ、皮脂汚れ、たんぱく質汚れ、手あか、ホコリなど

 

酸性の汚れ落としに効果があります。

 

セスキ炭酸ソーダは、IHを使い終わった後のトッププレートのお手入れと、

 

年に数回する換気扇のお掃除に大活躍です。

 

ガス台の油汚れ・シンク内の汚れ落とし、スイッチなどの手あかやホコリ落しに。

 

 

〈使い方〉

1、水300mlにセスキを小さじ1/3杯入れる。

2、よくかき混ぜる。

3、溶かしたセスキ水をスプレー容器に注ぎ入れる。

4、水をかけても大丈夫な場所は直接スプレー、乾いたぞうきんにスプレーして使う。

 

 

 

 

 

 

□過炭酸塩(過炭酸ナトリウム)

 

過炭酸塩は、セスキやせっけんよりもアルカリ性の強い洗浄剤で、

 

頑固な染みや黄ばみなどを漂白するのが得意です。

 

塩素系漂白剤よりも漂白力が穏やかで、素材を傷めず、色柄ものにも使えます。

 

何より、塩素系特有のツ―ンとする臭いがせず、

 

使用後は無害な炭酸ソーダと酸素、水に分解されるので環境への負担が少ないのも魅力です。

 

 

食べ物による染み、衣類の黄ばみ・黒ずみ、襟などの汚れのくびわ、カーテンのカビなど、

 

 

<使い方>

衣類や食器類の漂白・カビとりをするときは、過炭酸塩を湯で溶かしてつけおき!

つけおきが出来ない場合は…

ボウルなどに過炭酸塩を大さじ3杯入れ、湯を少しずつ足して固めのペースト状に。

 

 

 

使ったことがない人はぜひ色々なやり方でチャレンジしてみてください!

その他のおすすめ記事