くらす

2018.10.25【くらしコラム】甘かったり渋かったりするものといえば……?

どうも。八百屋テクテクです。

 

今日は、甘かったり渋かったりするものの特集です。

 

えっ、人生のことか、ですって?

 

アナタ、浜田省吾の曲みたいな、なかなかの壮絶な人生をおくっているみたいですね。

 

でも、今回は残念ながら、人生についてのコラムではありません(笑)

 

 

 

ところで、みなさん。

 

柿、食べてますか?

 

 

 

 

フルーツといえば?

 

と聞かれたとき、リンゴやブドウ、メロンなんかをまず思い浮かべるひと、多いと思います。

 

オレンジ、パイナップル、いちご。いいですね。美味しいですよね。

 

えっ、マンゴーですか? さてはお金持ちですね??

 

 

 

 

………。

 

 

 

 

 

とまぁ、

 

第一線級のフルーツが目立つせいか、地味な印象の柿。

 

美味しいし、好きな人も多いんですけど、なぜかあまり目立たないんですよね。

 

今回は、そんな柿のことを、もっと知ってもらおうと思いまして、柿特集をします!

 

で、最初のタイトルに戻るんですけど、

 

柿は、甘かったり渋かったりします。

 

甘い柿を買ったのに、渋い柿に当たった、ってことがたびたびあります。

 

渋い柿というのは、食べられないぐらい本当に渋いんです。

 

甘柿の中に渋柿が混ざったのか!? 農家さんが間違えたのか!?

 

と思うかもしれません。が、違うんです。

 

柿は、ほかの果実とは違って、もともとすべて渋いのです。

 

渋みを抜くには2通りあって、

 

熟れるまで待つ方法と、

 

焼酎や炭酸ガスによって強制的に抜く方法があります。

 

熟れるまで待つと食べられるものを「甘柿」

 

なんらかの方法で渋抜きをしなければならないものを「渋柿」

 

そして、渋みを抜いた柿を「合わせ柿」とか「さわし柿」と呼びます。

 

また、柿の渋みはタンニンという物質で、緑茶などにも含まれる、身体にめちゃくちゃいい成分なんです。

 

えっ、じゃあ渋みを抜いちゃうとタンニンも抜けちゃうんじゃないか、ですって?

 

大丈夫です。

 

甘柿にもタンニンが含まれています。でも渋さは感じませんよね。

 

あれは、渋みを感じない性質のタンニンだからなのです。

 

渋抜きは、甘柿と同じく、渋みを感じないタンニンに変質させる行程なのです。

 

昔のひとは、これを自然に編み出していたわけです。すごいですね!

 

柿に含まれる栄養素はタンニンだけではありません。

 

ビタミンCもすごいんです。

 

柿ひとつで、一日に必要なビタミンCを賄えてしまいます。

 

そのほか、ビタミンAをはじめ、多くのビタミンを保有している、まさに天然のビタミン剤なのです。

 

「柿は身体を冷やすから…」

 

なんて、敬遠していませんでしたか?

 

確かに、カリウムが豊富な点と、消化があまりよくない点から、食べすぎれば身体を冷やすことがあります。

 

でも同時に、身体に必要な栄養がたくさん詰まった果物なのです。

 

バランスのいい食事の中で、柿も食べてもらうことで、うまく柿と付き合っていってもらいたいですね!

 

 

 

 

 

最後に、そんなアナタに、おすすめの柿をご紹介いたします!

 

 

★あわら市産越前柿(合わせ柿)★

 

やっぱり美味しいのは、越前柿ですね!

 

あわら市はメロンや梨の産地としても有名ですが、柿の産地でもあります。

 

時期になれば、地元のスーパーや直売所などに並びだします。

 

種なしで食べやすく、果肉がかためでコリコリしているので、かたい柿が好きな人にはピッタリ。

 

見つけたら、ぜひ買ってみてくださいね!

 

ちなみに、越前柿というのは、商標名です。

 

スーパーなどの表示は「福井県産たねなし柿」みたいに

 

やや大きなくくりで販売している場合があります。

 

が、福井県内で流通しているのは、ほとんどこのあわら市産の越前柿なので、

 

安心してお買い求めくださいませ。

 

 

 

 

★新潟県産おけさ柿(合わせ柿)★

 

柿のブランドはいろいろありますが、新潟県産の柿を見かけたら即買いしてください。

 

新潟県産のおけさ柿は、全国でも有名な柿のブランドなのです。

 

強い甘みと、とろける食感が最高です。こちらも種なしです。

 

 

 

 

 

★愛知県産次郎柿(甘柿)★

 

甘柿は普通、種がはいっているのですが、

 

この次郎柿は種がほどんどなく、食べやすいのが特徴です。

 

また不思議なことに、甘柿よりも、もともと渋柿だった合わせ柿のほうが甘いんです。

 

合わせ柿は甘すぎる、と感じたなら、甘柿に手を出してみてはいかがでしょうか?

 

次郎柿は、甘くなければ嫌だけど甘すぎるのも嫌、という方の要望に応えてくれる柿です。

 

 

 

★富有柿(甘柿)★

 

冬に差し掛かるころに出回る柿です。

 

これが出回ってくる頃には、ほかの柿もなくなってきます。

 

ですので、柿が好きな人には、シーズンオフまでお世話になる柿です。

 

貯蔵にも向きますので、実は春先ぐらいまであります。

 

ビタミンが不足しがちな冬に、ぜひとも注目してもらいたい一品ですね!

 

お店情報
店名
八百屋テクテク
住所
〒919-0465 福井県坂井市 春江町江留上新町3ホープテラスA
営業時間
土曜日・日曜日 10:00~19:00
情報提供
八百屋テクテク
https://www.facebook.com/yaoyatekuteku

その他のおすすめ記事