くらす

2018.06.04【くらしコラム】建築費用って、どれだけかけていいの??

初めての家づくり。

不安はたくさんあるかと思いますが、その内のひとつが「お金」のこと。

「建築費用ってどれだけかけていいのだろう?」

そんな疑問をお持ちの方にヒントをお伝えします。

 

①計画総額を知ろう

まず大切なのは、「家づくりをするにあたっての計画総額を知る」こと。

上記3つの内容から計画総額を割り出すことができます。

ここで大切なのは借入可能額の算出です。

金融機関からの融資を受けるにあたっては、お客様が自営業か会社員かなど、様々な要件によってお勧めの金融機関が変わります。金融機関が変わるということは金利が変わるということ。また、予定されている返済額は安心かそうでないかなど、アドバイスを受ける必要があります。

 

②諸経費について考えよう

『建物代金+土地代金』

これは一般的な住宅予算のイメージです。

『建物代金+建物諸費用+土地諸費用+土地代金』これが実際の住宅費用となります。

建物諸費用とは、銀行保証料・外構工事費・地盤調査費、調査の結果によっては地盤改良費も必要です。

土地諸費用は不動産取得税・司法書士費用・登録免許税・印紙代・仲介手数料など…。

住宅予算としての総額が決まっているということは、諸費用分の金額を考慮にいれていないと、いざ建物の計画に入った際に思ったように資金が使えず希望の家づくりができない可能性が高くなります。
諸経費が一体どのくらいかかるのか、などは土地の形状などによっても変わるため判断が難しい部分です。専門家に相談し、しっかり計画を立てましょう。

 

情報提供
永森建設株式会社
https://www.eshin-group.co.jp/

その他のおすすめ記事