おしゃれ

2018.02.24【連載】ラビリッシュBLOG〜vol.2〜電池交換したのにすぐ止まった!?それって「磁気帯び」かも

プロフィール

時計修理・電池交換専門店 Lavieriche(ラビリッシュ)

住所:福井市中央1-15-6 電話番号:0120-18-2526 営業時間:11:00-18:00 定休日:無休 駐車場:コインパーキング利用(コイン差し上げます)

時計修理・電池交換専門店「ラビリッシュ」の伊吹(いぶき)です(^o^)
愛着ある貴女の大切な時計を永くいつまでもお使い頂けるよう、一級時計修理技能士が、ちょっとしたアドバイスをさせて頂きます♪

今日は、先日いらっしゃった30代女性のお客様のエピソードをご紹介します。

お客様「スミマセン、この腕時計、壊れてしまったので修理して頂けませんか?」

伊吹「電波ソーラーの腕時計ですね」

お客様「はい、電波ソーラー腕時計なので電池交換しなくていいはずなのに、止まってしまったんです…。どこが悪いんでしょうか???」

伊吹「…これはたぶん故障じゃないですね。」

お客様「???」

電波ソーラー腕時計の修理を依頼される方に意外と多いケース。

お客様「伊吹さん! この前、電池交換してもらったこの時計、また止まっちゃいました(泣) どこか調子が悪いんでしょうか?」

伊吹「電池交換した際に点検しましたけど、どこも悪いところはなかったですよ?」

お客様「じゃあなんでだろう? 落としたり、ぶつけたりもしてなし。料理する時は傷つけないように外してしてるんだけどなぁ…」

伊吹「…お客様のお家、オール電化ですか?」

お客様「そうですけど…それって何か関係あるんですか???」

お住まいがオール電化でIH調理器具を使われている奥様に多いケース。

原因は…

腕時計の磁気帯び(じきおび)」なんです。

「磁気帯び」とは、磁気を発するものに腕時計を近づけることで、腕時計自身が磁気を持ってしまうこと。

磁気を帯びてしまうと、時計が動かなくなったり、狂ったりしてしまいます。

女性の場合、バッグの磁石のホック、磁気ブレスレット、ホットカーペット、携帯電話やパソコンに近づけるだけでも磁気を帯びてしまいます。

「磁気を帯びてしまったのかも?」と感じたら、コンパスを腕時計に近づけてみて下さい。コンパスが激しく反応したら、「磁気帯び」のサインです。

うっかり磁気を帯びてしまった場合、「脱磁(だつじ)」という作業をすることで磁気を抜きます。

軽い症状であれば時計販売店や当店のような修理専門店で行うことができます。

作業自体は短時間・数百円ですむことがほとんどです。

「時計が動かなくなった!」「電池が切れた!」

そんな時はいつでもお気軽にご相談下さい。

当店では、元ロレックス勤務、実績30年のマイスター公認高級時計師(CMW)と一級時計修理技能士が電池交換・修理致します。

【お得情報】
「くらしく見た」で電池交換が¥864が¥700に!
※一部輸入時計は金額お問い合わせ下さい。
※事前予約は不要です。

時計修理・電池交換専門店 Lavieriche(ラビリッシュ)

住所:福井市中央1-15-6 電話番号:0120-18-2526 営業時間:11:00-18:00 定休日:無休 駐車場:コインパーキング利用(コイン差し上げます)

その他のおすすめ記事