特集「ふくいに生きる。ふくいで活きる。」

2019.01.13【特集】くらしくふくいコラボ企画×学生による「企業で活きる女性(イクメン)に本音インタビュー!!」第4弾!

福井コンピュータアーキテクト株式会社の比田勝さんにお話を聞かせていただきます。

 

 

-今回、「働く女性」をテーマに取材を行なっていますが、初めて男性の方にお話を聞かせて頂きます。男性の視点で「職場環境」や「働き方」、「家庭のこと」などプライベートなこともお聞きできればと思っています。

まず、職場を選ぶ時にどのようなことを考えてこの企業を選びましたか?

 

 

(比)高校までは福岡に住んでいて、大学は関東に、文系だったので、建設系のことは全く視野にありませんでした。が、某ドキュメンタリー番組でODAを行なっているゼネコンが特集されているのを見て、やりがいのある仕事かなと思い、建設業界に興味を持ちました。そして最初は大手ゼネコンに就職しました。

 

 

-そうなんですね!テレビ番組がきっかけなんですね!

 

 

(比)その後、出版業界に転職したのですが、建設関係にもう一度携わりたいなと思っていましたし、ここの会社を調べると「全員経営」を掲げており、ベンチャー的なところにも惹かれて、この会社を選びました。

 

 

-建設への思いが強かったから、一度は離れた建設業界へと戻られたのですね!

 

 

(比)今は営業をやっていますが、以前は事務系の管理などもしていました。

 

 

-いろんな部署で働いて来られたんですね!

 

 

(比)部署も変わりましたが、営業所も変わりました!

 

 

-たとえば?

 

 

(比)地元の福岡から沖縄に行き、その後、福井に来ました!

 

 

-福井の生活はどうですか?

 

 

(比)当初は福井に単身赴任していたんですけど、昨年、妻と子が福井に来て、妻も福井出身ではないので、今年の大雪にはビックリしました!!

現在は共働きですが、子育てや生活の些細なことなど、福岡の両親を頼ることが難しいのが実情です。

福井は、祖父母が子供の面倒を見てくれる家庭が多いようなのでうらやましいです!

子供は児童クラブに通っていて、楽しそうにしているので、今のところはいいかなと思っています。

妻に対しては、家事のフォローもですが、尊重することが必要かなと思っています。

弊社も、女性社員の割合も多く、もちろん産休や育児休暇はありますし、男女問わず、有休や早めの帰宅など柔軟に対応はしてくれていますので、有り難く思っています。

今後、テレワークや在宅といった働き方というのも制度化していくと思います。

 

 

-大事なことですよね!それと夫婦がお互いを尊重するという言葉に感動しました!

 

 

(比)いえいえ・・(笑) 私はサーフィンが趣味で、妻もサーフィンをするんですよ!

子供が生まれてからも家族でサーフィンに出かけますが、どちらかが子供を見ていなければいけないので、今思うと二人だけの時間をもっと大事にしておけば良かったなーと思いますね。

でも、こうして同じ趣味があり、週末家族で過ごせるというのは、夫婦共にお互いを理解し、尊重し合えているからこそ、充実した暮しができているのかなとも感じています。

ちなみに、前職の出版社ではサーフィンの雑誌を扱っていました。(笑)

 

 

-サーフィン!沖縄!そして比田勝さんの容姿!少しイメージが出来てきました。(笑)

最後に、世の男性に一言!働く女性・奥様に対してこれは大切に?!といったメッセージを・・

 

 

(比)私は・・ですけど、妻を一人の女性としてみることが大事だと思っています。子供が生まれて産婦人科で子供を渡された時から、生活ががらりと変わってしまいます。 妻として、母親としてだけでなく、一人の女性として、ちゃんと褒めて、感謝し、尊重することが大切だと思います!

 

 

-とても参考になりました!ありがとうございました。

 

 

今回、お話を聞き、県外出身の方の悩みや家族の在り方を少しですが知ることができました。

比田勝さんのように仕事や家事だけではなく、趣味も楽しめるワーク・ライフ・バランスがしっかりできていることが理想だと思いました。

何より、奥様を一人の女性として大切にされていることに、男性としての魅力を感じました。

情報提供
福井コンピュータアーキテクト株式会社
https://archi.fukuicompu.co.jp/

その他のおすすめ記事