たべる

2018.09.10【特集】秋の味覚を舌鼓

こんにちは。八重巻酒店 竹内です。

 

ぼちぼちと秋の旬のものがスーパーの棚には揃ってきたようです。

 

秋の旬のお酒といえば、やっぱり「ひやおろし」

 

「ひやおろし」とはどんなお酒かと言いますと、春先にしぼられた新酒は一度火入れされたあと、暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠ってすごし、熟成を深めます。

 

やがて秋風が吹き始めたら、いよいよ目覚めのとき。

 

ほどよく熟成されたお酒は、二度目の火入れをせずに(通常は火入れという低温加熱殺菌処理を二度行います)、生詰めして出荷されます。

 

その昔、「冷や」のまま貯蔵用の大桶から木樽に「移(おろ)して」樽詰めしたことから、このお酒は「冷移(ひやおろし)」と呼ばれ、秋の酒として珍重されてきました。

 

 

昔から「秋酒をもって最上の酒とす」ということが言われています。

 

江戸時代までの秋酒は、醸造技術や保存管理が未発達だったため、その年の米で造った新酒が、一番とされていました。

 

俳句の世界で「新酒」が秋の季語であるゆえんです。

 

時代は移って今、秋に出るお酒は、昨秋に稔ったお米で昨冬に造ったもの。

 

しかしながら「秋酒をもって最上の酒とす」という言葉は健在です。

 

日本酒は一年をかけて熟成していきますが、特に暑い盛りの夏を越えると、大変身。

 

気温の高い夏には急速に熟成が進み、味わいが大きく変化するのです。

 

旨みが増して、まろみを帯びて、もっともバランスのよい状態になる、

 

その熟成の旨みを、もっともよく伝えてくれるのが、この「ひやおろし」なんです。

 

穏やかで落ち着いた香りと、濃醇な味わいが特徴です。

 

 

まさに円熟の味わい。

 

旨みののった秋の味覚とも、相性ばつぐんの美味しさです。

 

 

今晩は、脂ののった秋刀魚と一緒に「ひやおろし」はいかがですか?

 

 

お店情報
店名
醗酵醸造食品販賣所 八重巻
住所
福井県福井市八重巻東町7-14-17
TEL
0776-56-0102
営業時間
9:00~20:00
定休日
日曜日(日曜日を含む連休の場合は、連休最終日)
情報提供
醗酵醸造食品販賣所 八重巻  竹内 重人
http://yaemaki.com/

その他のおすすめ記事