くらす(2018年12月)

2018.12.31【特集】くらしくふくいコラボ企画 × 学生による「企業で活きる女性に本音インタビュー!!」第2弾!

株式会社しばなかの社員「内山 明子さん」にお話を聞かせて頂きます。そして、特別ゲストとして、社長の中村 潤一さんがいらっしゃって下さいました。

よろしくお願いします!

 

 

-早速ですが、内山さんはエクステリアプランナーという珍しいお仕事をされていますが動機は?

 

 

(内山) もともと、お花が好きで「好きな植物で仕事をしたい」と思ったことが、この仕事に就くきっかけです。当時はネットなんて便利なものも無く、電話帳片手に片っ端から電話をかけて、受け入れてくれたのが「しばなか」でした。

 

 

-電話帳から探して、自身を売り込んで、就職って凄いですね。ただの「好き」では、なかなできませんよ。かなりの強い意志が必要ですよね。

 

 

(内山) たしかに、盲目的に探していましたが、好きだけでは生活できないとういリアルも分かっていたので、個人経営ではなく株式会社を選んでいましたよ。おかげで、10年以上勤めることができています。

エクステリアと聞くとお洒落な感じを受けますが、私が入社したころはお庭や公園の手入れ等がメインの仕事のため、毎日おばちゃんと一緒に草むしりをしていましたね(笑)

 

 

-そうなんですか!?ひたすら草むしりをしていたとはびっくりです。

 

 

(内山) そうでしょう(笑)でも、私自身は全然苦じゃなかったよ。今は会社の雰囲気もとてもアットホームで、居心地が良くて自分に合っていますし、何より好きなことができる!それに、植物好きに悪い人はいないって聞きますしね(笑)

 

(中村社長) まあ、転職しなかったら40年くらい同じ会社で働くことになるしね。やっぱり働く上では如何に自分に合ってるかっていうことが、一番大事じゃないかな。

 

 

-そうですよね。やはり私たち学生の身からしても、働きがいや社内の雰囲気を重視します。ピリピリと張りつめているより、和気藹々と楽しく仕事したいですから。

 

-最近、働き方改革が注目されていますが、しばなかさんでは何か制度や取り組みがあったりしますか。

 

 

(内山) フレックスタイム制度があるので助かっています。子供を抱える母親にとって「朝」は戦争ですが、一時間遅れて出社など融通が利くのでとても有難いです。

会社内でもgive&takeで他の人たちと、サポートし合っています。家庭の用事で休むことも快くOKしてもらえるので、他の社員さんに助けて貰ったら、その分次頑張ろうと思えます(笑)

 

 

-社員同士、良い関係を築いていらっしゃいますね。

 

 

(中村社長) 仕事をしている人にとって、家庭と仕事の時間の調整は大事だよね。昔は、男性が稼いで、女性が家庭を守る・・が一般的だったけど、今は変わってきているよ。

先日、男性社員が「子供を保育園に迎えに行かないといけない。これを認めてくれないと僕は辞めないといけなくなる・・・」と訴えてきてね。会社としても対応しないといけない現実を突き付けられて、お迎えのための外出を認めました。

始めはどうなることかと思ったけど、子供を迎えに行った後戻ってきて、その分仕事してくれるし、思ったより支障はないよ。世の中の流れとして、男性も子育てに協力していくことは、どんどん増えていくだろうし、そこに男性女性は無くなっていくのだろうね。

 

 

-社員の方1人1人にライフスタイルがあって、それに合わせていく会社の柔軟性。簡単にできることではないと思いますが・・・・。

 

 

(中村社長) 失礼だけど、新入社員なら「はい。どうぞ」と引き止めはしなかったと思う。会社にとって一番の損失は、知識も経験もある社員が辞めることだからね。優秀な人材をいかに確保するかと考えたら、小さな拘りを捨てる方が得策だったんだよ。

 

 

-(苦笑)・・・精進します。さて、仕事と家庭との両立で、不安に感じる事はありますか?

 

 

(内山) 私には12歳と3歳の子供がいます。 やはり、子供との時間が中々取れなくて、申し訳ないって気持ちがありますね。

 

 

-そうですよね。お子さんの事が一番心配になりますよね。 時間が無い中で、お子さんとのコミュニケーションにおいて、気をつけていることはありますか?

 

 

(内山) 自分で「一日、子供と一緒に遊ぶ日」を決めて、その日は子供のためだけに過ごしています。常は難しいけど、その日は力いっぱい一緒にはしゃぎますよ(笑) 子供がスポ小で野球をしているので、今はそれに夢中です。

それに、仕事をしていて悪いことばかりでは無くて・・・。

雑誌に自分が手がけた庭が掲載されると、それを子供が見て「これ、お母さんが作ったお庭だよね。凄いね。」と喜んでくれます。子供なりに、親の仕事を理解してくれていると感じますね。その子供の喜びが、仕事への最大の励みになっています。

 

 

-子育てをしていく中で、不安は多々あると思いますが、子供が生きがいとなって、仕事も頑張れるのは素晴らしいことだと思います。

本日は貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。

続きをよむ

2018.12.28【特集】くらしくふくいコラボ企画 × 学生による「福井で活きる素敵なお店取材!!」第六弾!

本日は、猫カフェ しあわせにゃん家の渡辺優(まさる)さんにお話を伺いたいと思います!

 

 

-まず、猫カフェというのは、どのようなカフェになるのでしょうか?

 

 

(渡辺)はい。 当店は猫カフェと言いましても、譲渡型の猫カフェです。

捨てられた猫や殺処分ギリギリだった猫たちを保護し、預かり、

その子(猫)たちを生涯愛してくれる方へと引き継ぐサポートを行っています。

ただ、サポートといっても、実際すぐに新しいご家族が見つかるわけでもありませんし、

この子たちの多くは、当初、人間を避けたり、威嚇したり、病気だったりすることもあり、

まずは健康になって、人に慣れてもらうようここで育てています。

そのためには、時間も費用もかかります。

そこで、カフェという形でご来店頂けるお客様に助けられながら、譲渡するまでの間、

この子たちがここで暮らすことができる場所が、このカフェになります。

 

 

-なるほど!単純に可愛い猫ちゃんとふれあいながら、時間を過ごすカフェだと思っていました。

すみません。

 

 

(渡辺)いえいえ。 もちろんご来店頂けるお客様には、ルールの範囲で、

この子たちとふれ合って頂き、癒しの時間を過ごして頂ければ嬉しいですし、

この子たちも、優しいお客様と幸せな時間を過ごすことで、人からの愛情を感じてくれると思います。

 

 

-そうですよね! 猫ちゃん好きなお客様がいらっしゃいますもんね(笑)

では、どうしてこのような譲渡型の保護猫カフェをされることになったのでしょうか?

 

 

(渡辺)もともと動物好きのオーナーが、多くの猫たちが殺処分されている現状や、

悪徳な繁殖業者がいる現実を知り、数年前までは、その現状からも避けて生活していましたが、

やはり少しでも自分に出来ることをやらなくてはと・・!このカフェを運営することになったんです。

オーナーは私の妻ですが、当初、妻からこの話を聞いた時は、正直反対しました。

妻はエステティシャンで私も会社員でしたので、誰がカフェをするのか?本当に成り立つのか?

私たちの生活はどうなるのか?不安だらけでしたので…。

 

 

-オーナーはエステティシャンだったんですね?!そうですよね。不安だらけなの分かる気がします・・。

 

 

(渡辺)はい。私は石橋を叩いて渡るタイプですが(苦笑)、妻は行動力のある人なので、

結果、このように保護猫カフェをすることになったんです!

もちろん私自身も、猫たちを助けたいという想いにも共感できますし、

今もですが、開店に至るまでにも多くの方々の応援やサポートもあり、

なんとか開店することが出来たんですよ。

それと、オーナーは現在もエステティシャンとしてもサロンを運営しています。

なので、このカフェは私と妹の3人でなんとかやっています。

 

 

-そんな経緯もあったんですね。

では、保護猫カフェをされていて、良かったことや大変なことをお聞かせ下さい。

 

 

(渡辺)そうですね。 正直大変なことは多いです!

先ほども言いましたが、ここに引き取ってくる子たちは、今までの環境もあり、人間嫌いな子が多くいます。

最初はゲージの奥から出てこない子、食事を取らない子、威嚇する子など、

初めから擦り寄ってくる子はほとんどいません。

まずは、ここの環境に慣れてもらい、少しずつでも食事を取ってもらい、

なんとか触れさせてもらうところまで・・・。

時間がかかりますし、食事代や医療費などお金もかかります。最初は生傷が絶えない日々です。

とくにオーナーはエステティシャンということもありますが、

彼女の腕の多数の傷を見ると、居たたまれなく感じます。

でも、彼女も私もカフェをすると決めた時から覚悟の上で始めました!

生半端な気持ちでは出来ないことは分かっていました。

それでも辛いのは、多くの方々に応援して頂いている反面、批判もあります。

「動物をお金儲けの道具にしている」とか、

「小さな子供に猫を触らせて虐待じゃないの」とか、哀しい言葉を受けることもあります。

いろいろな方の意見や考え方もありますが、私たちの想いは、ちゃんとしたルールを設けて、

子供たちにも動物の可愛さを知ってもらい、大切な命があることに気づいてもらいたい。

そして、一人の力では難しいですが、皆様のご支援や応援で、一つの命でも救うことが出来ればと…。

皆様から頂いた大切なお金で、大事な命を守っていきたいと考えています。

 

 

-心に響きました。軽々しいことは言えませんが、お二人の覚悟や想い、

普段の苦労などお聞かせ頂きありがとうございます。

それでも良かったこともありますよね?!

 

 

(渡辺)はい。 もちろんありますよ!

この子たちが、ゲージの奥から出てきてくれて、食事に口をつけてくれたり、

少しでも触れさせてくれたりと、徐々にでも私たちを信頼してくれる!

そして、新たな家族の元へ譲渡されると、そんな嬉しいことはありません。

少しは淋しいですけど(苦笑) 心から、やっていて良かったと思います!

 

 

-本当ですね! 皆さんの苦労が報われるのが分かります。

本日は、大変貴重なお話を聞くことができ、私自身知らなかったことばかりで、

このような機会を頂けたことに感謝します。ありがとうございました!

 

続きをよむ

2018.12.27【特集】タイヤの減りのチェック

『タイヤ交換した??』この時期福井では挨拶のようにこの会話がありますね。

 

今年は大雪でとても大変な目にあったぶん、タイヤのことがとても気になります。

 

女性は特になのかもしれませんが、

 

「タイヤ交換の目安がよくわからない。(汗)」と感じる方も多いですね。

 

スタッドレスタイヤに替える前にチェックしてみましょう♪

 

タイヤは使っていくうちに減っていきます。だんだんとタイヤのミゾが無くなってきます。

 

ミゾが無くなった状態で使い続けると

 

・雨の日などの濡れた路面でブレーキが効きにくい

・ハンドルが効かない場合がある

 

等の現象になり、車のトラブルや事故の原因になります。

 

タイヤにはスリップサインと呼ばれるマークがいくつかあります。

 

その部分を見ると、どの程度減っているかがわかります。

 

 

タイヤの側面に三角マークがあります(4~9箇所)

 

 

 

 

 

そのマークのタイヤの溝の底にある盛り上がった部分がスリップサイン

 新品のタイヤは8mmのミゾの深さがあります。

ミゾの深さがスリップサインと同じ(1.6mmの深さ)になると、

法律的にそのタイヤは使用してはいけないので、

その前にタイヤの交換をしましょう。

 

 

 

 

 

新品タイヤは溝が深いのでスリップサインは目立ちません

 

 

 

 

 

使用していくうちにタイヤの溝は徐々に減りスリップサインが見えてきます。

 

 

 

 

 

タイヤの溝がスリップサインが同じになったらそのタイヤは使用出来ません!!

 

 

 

 

 

より詳しい内容はこちらのHPでチェックしてみてください。

http://yamamoto-taiya.jp/howto/decrease.html

安心安全なドライブライフを送りましょう。

続きをよむ

2018.12.25【特集】くらしくふくいコラボ企画 × 学生による「企業で活きる女性に本音インタビュー!!」第1弾!

くらしくふくいと学生とのコラボ企画として、ただいま、「福井で活きる素敵なお店取材!!」を掲載しておりますが、

そちらと並行し、学生たちによる、企業で働く女性にインタビュー!

働く女性の本音をぜひお聞きください!

 

 

税理士法人合同経営会計事務所の所員「宇野 育代さん」にお話を聞かせて頂きます。

そして、特別ゲストとして、税理士の二俣 嘉章さんがいらっしゃって下さいました。

よろしくお願いします!

 

 

-早速ですが、宇野さんが今のお仕事を、選ばれた理由は?

 

 

(宇野) 理由・・・・特別な理由は無いですね。もう20年近く前になりますが、同志社大学の法学部に通っていて、法曹界に関わろうとも思っていたわけでもなく、たまたま会計事務所の採用試験を受けて、勤め始めた感じです。

当時は就職氷河期で、受かったらそこに就職決定!みたいな風潮でしたしね。

 

 

-法学部出身ですか!意外ですね。会計事務所と聞くと経営学部、経済学部の出身の方が多いイメージですが、苦労はありましたか?

 

 

(宇野) 簿記を知らないため始めは苦労しましたが、1+1=2のように答えがはっきりしているところが、私の性に合っていました。

ですから、合同会計で3回目の転職になりますが、ずーっと同じ業界で働いています。

合同会計は12年目?13年目かな?長く働いています。前職が8ヶ月だったので、特にそう感じますね。

 

 

-8ヶ月!短い!!

 

 

(宇野) 会計事務所って税理士先生の人間性が全て反映されてしまうので、自分と合わなかったらそれで終了なんです。

 

 

-逆に、合同会計は10年以上勤め続けられている、その理由は?

 

 

(宇野) 私は、フィーリングが合ったとしか^^

 

 

-二俣先生はどうですか?

 

 

(二俣) もともと、この業界は第一線に立つのが男性で、裏方が女性という風潮がありました。また、繁忙期が12月~5月に偏っていて、深夜残業当たり前。女性には働き辛い業界でしたね。

以前の風潮のままでは、せっかくの人材を失ってしまい、採用、辞職、採用、辞職・・・の悪循環を生んでしまう。

合同会計は、支所合わせて総勢220名以上が勤務していますが、その内70%近くが女性です。女性が働ける環境を作ることが、人材流出を食い止めること!と、ここ10年で、育休、産休の制度を整備してきました。

宇野さんのフィーリングは、その結果であって欲しいですね。

 

 

-どうですか、宇野さん?

 

 

(宇野) ・・・そうかも。 産休、育休だけでなく、時短制度も使わせてもらっています。

 

 

-「時短」・・・。 聞きにくいのですが、「時短社員は肩身が狭い思いをする」と聞いたことがありますが、実際はどうでしょうか?

 

 

(宇野) 会計事務所って個人事業主の集まりみたいなところがあるので、スケジュールを自分でコントロールして業務を行うことができます。自分の担当をいかに捌くかが鍵ですね。

それができれば、時短であろうが、子供が熱を出して急に帰ったり、連日休まなくてはならなくても、周りに迷惑をかけることがないので、そういった気苦労はありません。

ただ、仕事の割り振りでは感じることがあります。私だけじゃなく、厳しめの社長さんや、夜に打合せをすることが多い会社などは、男性が担当になることが多いです。

逆に申し訳ない気持ちになりますね。

 

 

-会社の女性への配慮が、宇野さんが長く働ける理由になっている訳ですね。

では、家庭では旦那さんからの配慮はありますか?

 

 

(宇野) うーん・・・。

 

 

-いいづらいですよね・・・。 では、将来の旦那さんに向けて、男性へのアドバイスがあれば教えてください。

 

 

(宇野) 私の帰宅時間が遅いと「なんで遅いの」と、主人に言われることがあります。いくら時短とはいえ、毎日時間ピッタリに終わるわけではありません。仕事の責務上、遅く帰ることもあります。

主人も会社員ですから分かって欲しいですね。これは、お互いに理解し合わないといけないかな。

あと、自分でできることは、自分でやってほしいです。

 

 

-とても参考になります。 二俣さんは旦那さん目線からのアドバイスはありますか?

 

 

(二俣) 私は家事をするタイプで、家庭内のことも若い頃からいろいろと手伝ってきました。

福井に戻り、日課のゴミ出しをしていたら、ご近所の方に「旦那さん。毎回大変ね。お疲れ様です。」と、憐みの目で言われたんですよねー(笑)

その時に、福井の一般家庭とは違うのかと気付かされて「やりすぎてたなぁ」と思いました。家庭のことを考えれば、家庭円満の一つでもあり、良かったことではあるけれど、個人的には少し後悔しています。

女性であれ、男性であれ、家事は「やってくれるのが当たり前」と思われてしまうと辛いところがありますからね。やっぱり、お互いを尊重し、助け合いの気持ちが大切ですよね。

 

 

-・・・世の奥さんが抱える不満の典型を、男性の二俣さんが感じてらっしゃるんですね。

奥さんと仲良く家事ができるというのは、とてもいいことだと思います。いい旦那さんと呼ばれるように頑張ります!

今、将来の旦那さんに向けてのアドバイスをお聞きしましたが、

次は、社会で働くようになる人・今就職を迎える人に向けて、こうするといいよ!などのアドバイスがあったら教えてください!

 

 

(宇野) もっと遊んだほうがいいですよ!若いうちに遊んでいろんな経験をすると、この年になるととても役に立つことが多いですよ。

これは男性にも言えます!いろんな経験が、今後に生きてくるのでいろんなことにチャレンジしてみてください。

 

 

(二俣) 今の若い子たちに伝えたいのは、入社して何年かはがむしゃらに頑張ってほしいな。そうじゃないと、本当に頑張らないといけないときに、立ち向かえない自分がいるよ。壁を打ち破る力がないと、成長はできない。

だからといって、自分独りで悩みを抱え込まないで欲しい。体力的に辛いのは何とかなるかもしれないけど、心が辛いのは最悪の結果を生みだすことが多いから、愚痴や相談ができる友人や先輩・同僚との関係を築いてほしいな。

 

 

-時間の取りやすい学生の間に、いろいろ経験・体験することで、社会に出てから幅のきくようになる!

無理しないように頑張る・踏ん張ることで、社会に出てから何事にも立ち向かえるようになる!ということですね!

今しかできないことがたくさんあるので、今を楽しんで自分の糧にしていけるよう努力していきたいと思います!

本日は、貴重なお話ありがとうございました!

続きをよむ

2018.12.23【特集】くらしくふくいコラボ企画 × 学生による「福井で活きる素敵なお店取材!!」第五弾!

本日は、くらしくふくいにも登場いただいています八重巻酒店・店主の竹内重人さんにお話を伺いたいと思います!

 

 

-まず、くらしくふくいでの記事を拝見しましたが、創業明治23年、128年目ということに単純に驚きました! 凄いですね!

 

 

(竹内)いえいえ。

なんとか途絶えることなくやってきましたが、地元のお客様がご贔屓にしてくださったお陰です(笑)

でも、お店の在り方は大きく変わってきていますよ。

 

 

-?! どういうことでしょう?

 

 

(竹内)父親の代までは、この店中が、ズラ~っと商品で埋め尽くされていました。

今はショーケースに地酒をメインで陳列していますが、

かつては、様々な銘柄の日本酒や焼酎・ビールなどが積まれていました。

今は、蔵元を絞って、特定の商品に特化して販売を行っています。

 

 

-?! どういうことでしょう?(笑)

 

 

(竹内)悲しいかな、実際、お酒を飲む方は減少しています。

量販店さんのように、大量に仕入れて在庫を抱え、ビールを山積みして低価格で販売するようなことは、

今の、うちでは出来ません。量販店さんには敵いませんから…(苦笑)

もちろん敵わないからって、逃げているわけではありません。

いいお酒を!私だからこそ伝えられるお酒を届けているんです!

 

 

-?! なんだかカッコイイです! 詳しく教えてください。

 

 

(竹内)はい!(笑) 今、うちは福井の黒龍さんや新潟の久保田というお酒を主に取り扱っています。

そして、この久保田というお酒を造っている「朝日酒造」との出会いが、

今のお店の在り方の転機だったと思います。

この朝日酒造では「久保田塾」という蔵元主催の勉強会を行っており、

そこで、高品質の酒造りや日本酒の知識、蔵元・販売店の在り方など多くのことを学び、

大きな影響を与えてくれました。

 

実際、この朝日酒造は、取引酒屋(販売店)を選びます。

販売店の売り方や人柄、地域性なども考慮されるんです。

蔵元と販売店が結婚するって感じです。永続的に付き合っていくためです。

 

 

-全然知りませんでした。 蔵元としては多くの販売店に卸した方が沢山売れて、良いのかと…?

 

 

(竹内)確かに、多くの販売店に卸した方が、お客様にとってはいろんなお店で買えて楽ですよね。

でも、販売店の中には、ただお酒を置いているだけで、その蔵元のこともよく知らず、

売れなくなればすぐ仕入れをやめればいい。なんて考えのところも…。 

それって結局、蔵元も販売店もお客様も繋がっていないし、悲しい結末ですよね。

 

もちろん久保田だけでなく、今取り扱っている銘柄は、しっかり自分の目で見て判断し、

良いお酒を、良い蔵元を選んでいます。

 

 

(竹内)ただ、昔は、私自身背伸びしていた時期もありました。

知識をひけらかすような感じや押しつけがましい感じもあったことも(苦笑)

でも今は、身の丈でお客様と接するようにしています。

お客様に合ったお酒の楽しみ方をお伝え出来たらと思っています。

そして、やっぱり、この森田という地域に育ててもらいましたので、

森田に密着していきたいと常々考えています。

自分の店だけでなく、森田地区自体が盛り上がるイベントを開催するお手伝いをさせてもらっています。

「もりたシャルソン」というイベントを企画・運営したりするなど、

もっともっと森田が賑わえばうれしいかなと思っていますね。

https://www.facebook.com/MoritaCialthon/

 

 

-熱く、楽しい、人柄が、本当に素敵ですね。 そして、きっとその竹内さんの魅力が、今ある八重巻酒店の魅力なのかなとも感じました。

 

 

(竹内)お恥ずかしいです。でも本当に、この森田に根付いて、

もっとお酒の楽しみ方や魅力を伝えていけたらなと思っています。

もちろん、くらしくふくいさんでも発信していけたら…です(笑々)

 

 

-本日は、八重巻酒店さんに、お酒の魅力だけでなく、地元の森田愛の熱いお話しもお聞きできて、とても楽しかったです。

やはり、竹内さんの素敵な人柄が、人を惹きつけているのかなと思いました。

本日はありがとうございました。

 

 

http://yaemaki.com/

続きをよむ