たべる

2018.10.05【くらしコラム】うわっ…私の栄養、低すぎ…?

こんにちは。八百屋テクテクです。

 

どこかで見たようなタイトルかもしれませんが、中身はたぶん今までで一番真面目なお話です。

 

面白い要素はいっさいありません。笑

 

さて、単刀直入にいいます。

 

みなさん野菜が足りていません。

 

もっと野菜を食べましょう!

 

 

これから二つのお話をします。

 

ひとつは、日本人は野菜を食べなくなった、というお話で、

 

もう一つは、その中でも福井の人は特に野菜を食べない、というお話です。

 

なにやら目の前が暗くなるような話ですが、個人的には、「美味しいりんご特集~!」などよりも、よっぽど大事な話だと思っていますので、是非にでもお付き合いいただきたいと思います。

 

 

さて、ひとつ目の話です。

 

みなさんは、日本人とアメリカ人、どちらが多くの野菜を食べていると思いますか?

 

野菜たっぷりでヘルシー。世界的にも栄養バランスの優れた和食の国で知られる、日本。

 

かたや、バーベキューとビーフステーキとハンバーガーの国アメリカ。

 

さて、どちらでしょう?

 

 

 

 

答えは、アメリカ人です。アメリカ人のほうが、野菜食べてます。

 

意外でしたか?

 

確かに、昔のアメリカは、バランスが悪い食事でした。

 

しかし、このままじゃヤバイ! という危機感が広まったことと、

 

農業技術、流通技術などの発達により、美味しい野菜が届くようになったおかげで、

 

健康を意識した、栄養バランスのいい食事をとるようになってきたのです。

 

厚生労働省が定める、一日の野菜の摂取目標値は350gですが、

 

アメリカはこれを、最近になって達成しました。

 

一方の日本は、30年前には達成できていたのですが、

 

最近では、健康状態が一番ヤバイとされていた時のアメリカの摂取量ほどに、数字が落ち込んでしまいました。

 

アメリカ人との野菜摂取量の差は、重さに換算すると、一年でキャベツ30個分ほどにもなってしまっているのです。

 

これはヤバイですね!

 

 

 

さて、そんなヤバイ状況の日本ですが、

 

なかでも、特に野菜を食べていない、ヤバイ県があります。

 

そう、福井です。

 

 

 

 

全国の家計調査を参照しますと、福井は、軒並み野菜の購入額が低いのです。

 

キャベツや白菜、ねぎ、にんじん、ピーマンなど、下から数えたほうが早い品目がたくさんあります。

 

なんで福井県民は、こんなにも野菜を食べないのでしょうか。

 

野菜を食べてはいけないという決まりでもあるのでしょうか?

 

と思うぐらい、購入額が低いのです。

 

 

逆に、購入額が目立って高いものがあります。

 

残念ながら、野菜ではありません。でも、スーパーに行けば必ずあり、みんなたくさん買うものです。

 

何かわかりますか?

 

 

 

あげ、天ぷら、コロッケ、焼き鳥、ハム、ソーセージ、ハムカツ、その他お惣菜が、福井は軒並み高い水準なのです。

 

お総菜部門は、どの品目でも全国ひとケタ台です。

 

そのぐらい、福井県民にとって、お惣菜は手放せないものになっているのですね。

 

幸か不幸か、共働き率も全国一位です。仕事が忙しいし、野菜から料理してる暇なんかないし、出来合いのもので……という習慣が、こういう結果になっているのではないのでしょうか?

 

 

 

ついでに、ケーキや羊羹などお菓子類も購入額が上位です。お米もお惣菜も高く、生肉や生魚は平均並。野菜だけが低い。

 

とにかく、バランスが悪いんですね。

 

 

 

 

 

ところで、全国の家計調査をざーっと眺めてみますと、ある傾向が浮かんできます。

 

地元の人ほど、地元の特産品をとてもよく購入している、ということです。

 

特産品ほど、よく食べられているんです。

 

当たり前といえば、当たり前ですね。

 

福井でいうなら、お米、羊羹、あげ、焼き鳥、などですね。

 

 

 

 

野菜に関してみると、実は、福井の近隣の県は、野菜の特産化にとても力を入れているんです。

 

石川県はぶどう、トマト、小松菜、そして、ブランドである加賀野菜。

 

岐阜県は中部地方における野菜生産のかなめ。ほうれん草、柿、大根、トマトなど、なんでもござれ。

 

滋賀県も、近江野菜として独自のブランドを銘打って、近郊野菜の消費拡大に取り組んでいます。

 

京都は、泣く子も喜ぶ京野菜。独自の品種と農法により、その地位を確固たるものにしています。

 

 

 

これらの県の数字をみてみると、得意としている特産物ほど、一般家庭の購入額が多い傾向にあるのです。

 

 

 

 

では、福井の特産品の野菜は、なんでしょう……?

 

さきほど、軒並み野菜は低いと申しましたが、たったひとつだけ、全国一位の購入額の野菜があるんです。

 

何かわかりますか?

 

 

 

そうです。福井県民ならみんな大好き、さといもです。

大野の特産品、上庄さといものおかげで、里芋の購入額は福井は全国一位です。全国平均の約二倍購入しています。

 

 

 

私は、ここに、野菜不足を解消するヒントがあるんじゃないかと思っているんです。

 

全国の特産品は、美味しいから、特産品になったんですよね。

 

みんなが買うから、特産品になって、特産品だから、みんなが美味しいと思って買う。

 

こういう、いい循環にこそ、活路があると思っています。

 

 

 

 

野菜を食べるのって、ある意味つらいですよね。めんどくさいし、食べにくいものもあるし。

 

でも、美味しいものを食べるのって、すごく楽しいですよね!

 

ただの里芋には興味がないけれど、

 

「全国一美味しい里芋で、京都の有名な料亭が取り寄せており、各界の著名人の舌を唸らせている」

 

という里芋があったとしたら、なんか食べてみる気になりませんか?

 

「高級料亭で食べたらウン千円だけど、自分で買ってきて料理したら数百円」

 

という里芋があったとしたら、作ってみる気になってきませんか?

 

 

 

 

義務として、無理やり野菜を食べるんじゃ美味しくないです。

 

「美味しいものを食べていたら、いつの間にか健康も手に入れていた」

 

こういうのがいいと思うんです。

 

 

 

 

福井には、実は、とても美味しい野菜がたくさんあります。

 

でも、残念ながら、まだまだ知られていません。

 

上に挙げた、「みんなに美味しく食べてもらって、特産品にして、それをまた多くの人に知ってもらって…」

 

という、ループに乗せようと、農家さんや八百屋さんは頑張っています。

 

 

この流れに、野菜不足を感じているひとほど、乗っかって欲しいと思っています。

 

みんなで美味しい野菜を食べて、みんなで健康になって、みんなで地域を活性化させて。

 

こうして盛り上がれたら、すごくいいことだと思うのです。

 

 

 

 

八百屋テクテクとしましては、美味しい野菜の情報などは、

 

こちらのコラムや、当店のSNSなどで日々ご紹介していきますので、

 

ぜひチェックしていただいて、ピーンとくるものがありましたら、ぜひ食べてみてください!

 

もしかしたら、アナタのそのひとつの動作が、ひとつの料理が、

 

福井県民の健康と、地域の発展に、大きく寄与することになるかもしれませんよ。

 

続きをよむ

2018.10.04【くらしコラム】南瓜(かぼちゃ)を使ったスープのレシピをご紹介♪

こんにちは!あおほし食堂です。

 

前回より日にちがあいてしまいました~!

 

9月があっという間に過ぎてしまい、気づけばもう10月・・・

 

秋の深まりを感じる今日この頃です。

 

 

あの暑い夏がやっと過ぎ去り、秋野菜や果物もちらほらお目見えしてきました!

 

定番の芋、栗、南瓜、そしてりんごに柿、様々なきのこも♪

 

 

今回はその中から南瓜(かぼちゃ)を使ったスープのレシピを紹介します!

 

和風でご飯にも合う、サラリとしたスープです。

 

 

 

最近ではいろんな品種のかぼちゃが出回っています。

 

特に産直コーナーではえびすかぼちゃ、坊ちゃんかぼちゃ、ダークホース、赤皮栗かぼちゃなど、色や形、大きさも様々なかぼちゃを見つけることができると思います。

 

 

ホクホクしていたり、甘みが強かったり・・・どう食べるかによって、向いている品種があるので調べてみると楽しいですよ♪

 

 

今回のスープには「バターナッツ」という品種が一番合います。

 

ピーナッツのような面白い形をしたこのかぼちゃ、割ってみるとこんな感じです。

 

バターのようなねっとりした味が特徴で、ポタージュに最適とされています。

(もちろん、ほかの品種でもまずいことはありません!)

 

 

おいしそうなかぼちゃが手に入ったら、さあ作ってみましょう!!

 

 

 

【かぼちゃスープの作り方】

 

材 料

玉ねぎ  1個

バター  30g

かぼちゃ 正味500g ※皮を剥いた実の分量

出汁   300cc

白味噌  30g

牛乳   500ml

塩    少々

 

 

①玉ねぎは薄くスライス、かぼちゃはスプーンで種と綿を取り、皮を剥いて細かく切る。

※かぼちゃは硬いので切るときに怪我をしないよう注意!

※切りにくい場合はラップを巻いてレンジで加熱すると柔らかくなります。

※後で火が通りやすいようなるべく小さく(薄く)しておきましょう。

 

②フライパンにバターを溶かし、玉ねぎの色が変わるまで炒める。

 

③②にかぼちゃを加え、さっと炒めたら出汁を加え弱火で煮る。

※同分量の水にだしパックや顆粒だしを加えたものでもOK。

 

④③のかぼちゃが柔らかくなったら火からおろす。

 

⑤④と牛乳、味噌をミキサーにかけて撹拌しながら混ぜ鍋に移す。

※一度にミキサーに入らない場合は、何回かに分けて。

※口当たりが滑らかになるよう、丁寧に撹拌してください。

 

⑥⑤を弱火で温めて塩で味をととのえる。

※絶対に沸騰させないようにしてください。

 

 

できあがり♪

 

彩りに枝豆やいんげん豆を添えてどうぞ~!

 

お味噌汁の代わりにもなる、スープですよ~!

 

ご家族皆さんで楽しんでくださいね!!

 

 

次回は「旬のさつまいもをおかずに活用♪レシピ」を紹介予定です!

 

お楽しみに♪

続きをよむ

2018.09.25【くらしコラム】りんごが消える日……!?

どうも。八百屋テクテクです。

 

今回は、センセーショナルなタイトルをつけてみました。

 

もちろん、閲覧数をあげるための工作です(笑)

 

若手のユーチューバーみたいですね。

 

 

でも、別に嘘を言おうとしているわけではありません。

 

これから、本当に、りんごが消えてしまう日が来るかもしれない、という話をします。

みなさんは、りんご、好きですか?

 

よく食べますか?

 

よく食べるのは、どのりんごですか?

 

「サンふじ」ですか?

 

「王林」ですか?

 

「ジョナゴールド」ですか?

 

えっ、「シナノスイート」? アナタはとてもリンゴ通ですね!

 

ええっ!?「秋映」? よくご存じですね!

 

ええっ!?「世界一」? レアなリンゴですね~!

 

「シナノゴールド」「シナノドルチェ」「未希ライフ」「大紅栄」「高徳」「陸奥」「紅玉」「紅いわて」「陽光」……

 

 

なるほど。

 

ひとくちに「りんご」といっても、今はさまざまな品種のりんごが登場していまして、それぞれ特徴がまったく違います。

 

例えば、「りんご買ってきて~」ってお母さんに頼まれて、「王林」を買ってきたら怒られた、なんて理不尽な経験ありませんか?

 

このように、現代のりんご事情は、数多くの品種の登場により、りんご、と一括りにできなくなってきているのです。

 

ですので、特にりんご通でなくても、りんごのことを、品種で呼び合うことが多くなったと思います。

 

 

 

そう……。

 

ここでネタばらししちゃいますと、

 

「りんご」が消える、という話は、

 

「りんご」という呼び方や表記がなくなって、

 

「サンふじ」や「ジョナゴールド」などの品種での呼び方が一般化しつつある、という話なのです。

 

 

 

たいした話じゃなくてスミマセン(笑)

 

 

 

一度、スーパーさんのポップを眺めてみてください。

 

「りんご」という表記のみでりんごを販売しているところ、ほとんどないと思います。

 

それだけ、りんごに関しては、品種間の差が大きいのです。

 

まさに、別の果物、といっても過言ではないでしょう。

 

 

 

 

せっかくなので、今回は、個人的の趣味まるだしで、おすすめのりんごをご紹介しちゃおうと思います。

※あくまで八百屋テクテク店主個人の意見です。

 

 

酸味が苦手で甘いのが好き、という子供な舌の持ち主なので、甘いりんごの評価は甘く、酸味が多いりんごの評価は酸っぱくなります(笑)

 

 

 

1位  ぐんま名月

香りがよく、甘みが強く、食感もいいという、福井近辺で手に入るりんごの中では、最高のりんごです。

 

まれに蜜が入ることもあります。美味しさに感動しちゃいますよ!

 

産地によっては、「名月」とだけ表記している場合もあります。

 

 

2位  サンふじ

えっ、いつも食べてるアレのこと?

 

って思った方、その通りです。現在大変多く出回っている品種です。

 

丁寧に作られたサンふじほど美味しいものはありません。

 

ちょっとお高めのサンふじが、冬に差し掛かるころに出てきますので、ぜひ買ってみてください。

 

世界が変わりますよ!

 

 

3位 秋映

強い甘みとほどよい酸味のおかげで、味にとても深みがあるりんごです。

 

皮が濃い赤色をしているのも特徴です。

 

味が濃いりんごがお好みの方には、ぜひこのりんごを試していただきたいですね!

 

 

4位 王林

青りんごは赤りんごと比べて糖度が高くなりやすく、また香りも強いので、個人的に評価高いです。

 

その青りんごの代表格といえば、王林でしょう。酸味が少なく、甘みが強いりんごといえば、これです。

 

そのまま食べるのも美味しいですし、果実酒にも向きますよ!

 

 

5位 大紅栄

とても美味しいりんごなのですが、手に入りづらさを加味して、この順位にしました。

 

ちゃんとしたものが手に入ったなら、1位でもいいぐらいです。

 

そのかわり、ちゃんとしたものはお値段も1位です(笑)

 

 

6位 シナノスイート

甘いりんごといえばこれ!

 

酸味がまったくないので、酸味が嫌いな方やお子様もバリバリ食べられます。

 

離乳食に最適ですね!

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

食べ物の美味しさを文字で伝えるというのは、なかなか難しい話ですよね。

 

でも、本当に美味しいりんごばかりなんです。

 

論より証拠、ということで、ぜひ、上で挙げた品種のりんごを、どれでもいいのでひとつ食べてみてください。

 

また、「これも美味しいよ!」という推しのりんごもありましたら、ぜひ、みんなに教えてあげてくださいね!

 

この秋に、美味しいりんごを一緒に楽しみましょう!

 

続きをよむ

2018.09.14【イベント】9/24(月)開催 『ワイン福井2018』

世界各国150種類以上のワイン福井県内の有名店の料理とのペアリングが楽しめます!!

 

スペシャルワイン ※数量限定※

【1グラス】1,000円~4,000円

 

オーパスワンやサッシカイア、ルイロデレール クリスタルなど、普段は飲めないスペシャルワインをグラスで販売いたします。

 

《シークレットワイン

銘柄は当日までのお楽しみ♪

 

稀少なワインをご用意しております。

 

 

世界のワイン

【1グラス】200円~(60ml)

 

出店リスト

◎ペールメール

・バケットミュール ・ミュールノア ・カンパーニュ

・カンパーニュノアレザン ・カンパーニュクランベリー ・キャトルナッツ

 

◎アルモニヴァンビーノ

・前菜盛り合わせ ・自家製ソーセージ ・牛バラ肉の赤ワイン煮込み

 

◎サラマンジェフ

ファーマーズデリとシャルキュトリーのパナッシェ ・炭焼き和牛ステーキ

 

◎グリル葵

・葵特製サイコロステーキ ・福井ポークジャンボソーセージ

 

◎イルヴァビアン

・9種オードブル盛り合わせ ・鴨もも肉のロースト ・黒毛和牛のローストビーフ

・フレンチポテトフライ ・骨付き仔羊ロースのペルシヤード

 

◎浜町ピノリ

・仔羊の肩肉 越のルビー煮込み ・福井ポークのパテ ・魚介のマリネ

 

◎エスポワール

・朝焼きキッシュ ・クロワッサンのサンドイッチ

 

◎シュプリーズ

・チーズ盛り合わせ ・生ハム・サラミの盛り合わせ

 

◆日時 9月24日(月)11:00~18:00

 

◆場所 ハピテラス(ハピリン屋外)

 

◆料金

【前売券】一綴り3,000円(料理・ワイン共通200円券×15枚)

✩前売券にはワイングラス交換が付いています。

※当日券ではワイングラスを別途200円でご購入頂く必要がございます。

 

 

日本一のワイン先生・田辺由美先生による

 

「ビギナーにお勧めのワインの選び方セミナー」も実施♪

 

お店に行ってもどのワインを選んでいいかわからない。

そんなお悩みを日本一のワイン先生がレクチャーします。

 

◆時間 14:00スタート

◆場所 ハピリン4階セミナールーム

◆参加費チケット 1,000円(1,500円分の試飲ワイン・テキスト込み)

◆定員 先着20名様限定

※予約はできません。当日受付でお申込みください。

 

続きをよむ

2018.09.14【くらしコラム】「安心安全!?無農薬野菜」

自分の身体やお子様の身体に入るものですから、できるかぎりいい物を取り入れたいですよね。

 

野菜の場合、気になるのが、農薬のことです。

 

八百屋さんをやっていますと、農薬のこと、とても気にされる方が多いと感じます。

 

「無農薬の野菜、ないですか??」

 

と、よくお問合せをいただきます。

 

無農薬の野菜にこだわって作っていらっしゃる農家さんとのお取引はありますが、あまり栽培していないので、お店にない場合のほうが多いのです。

 

期待に応えられず、申し訳なく思っております。

 

しかし・・・

 

そんなお声をいただくたびに、もっと農薬に対する理解を広める必要があるんじゃないか、という使命感にも駆られるわけです。

 

農薬のこと、ひいては野菜のことを正しく理解することで、必要以上に怖がらなくてもいいよ、ということを伝えていきたいのです。

 

なかには、農薬が口に入るのを恐れるあまり、野菜をあまり食べない、という方もいらっしゃいましたが、

 

農薬を恐れて野菜を口にしない人よりも、気にせずバンバン食べる人のほうが必ず長生きします。

 

これは確実です。大丈夫です。

 

 

 

 

まず、みなさんが農薬に抱くイメージってどんなものでしょう?

 

毒性が強い、健康に悪い、大量に摂取すると人体に影響がある・・・

 

 

なるほど。

 

 

では、病院や薬局処方される薬についてはどうでしょうか?

 

みなさんは、病院にいって注射をされたり、市販の薬を飲んだことはあると思うんですけど、

 

これらについて、「あ~、身体に悪いものを投与されてしまったわ・・」とはあまり感じないのではないのでしょうか。

 

 

農家さんは、畑のお医者さんなんです。

 

 

農作物の状態を診察して、異常があればその原因を探り、必要に応じてお薬を処方しているのです。

 

 

 

ひとくちに農薬といっても、いろんなお薬があります。

 

防虫効果のある薬、病気の予防のための薬、交配を促進させるためのホルモン剤。

 

これらがなければ、虫に荒らされ、病気に感染した、未熟で美味しくない野菜を食べさせられていたかもしれません。

 

 

 

でも、それでも農薬の使用はなるべく控えたものを食べたい・・・。

 

 

そうですよね。わかります。

 

薬漬けになった人よりも、薬になるべく頼らない人のほうが健康でいられるように、野菜もそうです。

 

農薬の使用を必要最小限にしたものは、健康で美味しい野菜であることが多いです。

 

 

八百屋テクテクでは、お取引のある地元の農家さんに関しては、ヒアリングを行い、農薬の使用状況などを確認しています。

 

共通しているのは、どの農家さんの野菜も美味しいということです。

 

農業に対する情熱が強い農家さんは、野菜を本当に子供のように大事に育ててくれるのです。

 

自分の子供に対して、効果の怪しい薬を使ったり、使用量を間違える親がいないように、農家さんの農薬に対する知識もたいへん優れています。

 

腕のいいお医者さんを探すのと同じぐらい、腕のいい農家さんを探すのもまた、ご自身の健康にとって重要なことなのかもしれません。

 

 

 

 

「え、でも普通のスーパーとかで野菜を選ぼうと思っても、どこの誰が作った野菜かわからないじゃん・・・。」

ですって?

 

 

ご安心ください。

(引用元:福井県ホームページより)

 

 

この認証マークは、福井県が認定した、減農薬、減化学肥料の野菜に対して発行されるマークです。

 

このマークの野菜は、とても厳しい基準で作られた野菜なのです。

 

まだまだ小売店側の認知が追いついていないというのが現状で、これを専用に取り扱っているところも少ないのですが、

 

出回っていないわけではないので、普通のスーパーさんなんかで、ひょっこり見かけることがあると思います。

 

 

もし出会ったら、食べてみてくださいね!

 

 

みなさんに農薬に対する認知が広がり、特別栽培農産物の取り組みが周知され、実際に消費が拡大することで、こういう取り組みがさらに広がることにもなります。

 

いい野菜を残すために、是非いい農家さんを応援してあげてください!

 

 

続きをよむ
12345...