くらす

2018.07.20【くらしコラム】八百屋さんの推しメン??

こんにちは。八百屋テクテクです。

 

突然ですが、アイドルは好きですか?

 

推しメンはいますか?

 

 

いや、イキナリこんな話をふっておいてなんですけど、私はあまりテレビを見ないうえ、特に若い女の子たちの顔の区別がつかないもので笑、誰がだれやらさっぱり。

アイドルではないのですが、いまだに本田翼さんと新垣結衣さんの区別がつきません。

(髪の短いほうが本田翼で、長いほうが新垣結衣だ!)

と覚えていたのですが、最近のドラマで本田翼さんが髪を長くして出演なさっていたそうです。

私は頭を抱えるしかありませんでした。

 

 

私の事情はどうでもいいので、置いとくとして……笑

 

 

アイドルのファンともなれば、誰もが、大なり小なり推しメンをもっていることでしょう。

 

 

推しメンとは、AKB48などのアイドルグループに所属するメンバーのうち、『この子は!』という、特に思い入れのあるイチオシのメンバーのことを指します。

グループの中でも、特にその子を応援し、アイドル総選挙などでは、その推しメンが上位になるよう、ファン投票をするわけですね。

推しメンという言葉が使われるのは、もともとアイドルグループに所属しているメンバーに対してだったようですが、最近ではもっと広い意味で使われることが多くなり、アイドルだけではなく、俳優さんや芸能人、果ては同僚やバイト先の先輩にまで使われることもあるのだとか……。

 

 

 

ところで、アイドルの顔の区別なんてまーったくつかない私にも、広い意味でいうところの、推しメンがいます。

 

 

もっとも、ひとではありません笑

 

 

『産地』です。

 

 

 

野菜や果物というのはなかなか複雑なもので、工場の製品のように画一的ではありません。

種さえまけば、決まった品質、決まった大きさ、決まった味のものができるわけではないのです。

だからこそ、旬、品種、栽培方法など、美味しいものに出会おうと思ったら、いろんな方面にこだわらなければいけません。

そのこだわりが、より優れている産地を、八百屋として推したいと思うのです。

 

 

八百屋的夏のアイドルである、夏果実。

その中でも、特にこれは!と思う、私の推しメン(産地)をご紹介いたします。

 

 

★桃は山梨★

 

福井で手に入る桃でしたら、山梨の桃がとても美味しいです。

山梨県は盆地になっており、昼間はとても暑く、夜は冷えます。この寒暖差が、美味しい桃を育ててくれるのです。

その中でも、甘さや大きさなど一定の基準を満たした桃は「大糖領」や「一桃匠(いっとうしょう)」など、産地独自のブランドで出荷されています。

山梨の、このブランドのものを選べば、美味しい桃に出会えるというわけですね。

※もっとも、桃は鮮度がなによりも大事。いくら「大糖領」といえども、鮮度が劣化したものは美味しくありません。どす黒いものは避けましょう。

 

 

★ブドウは山梨★

ぶどうも、山梨が美味しいです。

桃と同様、昼夜の寒暖差が美味しいぶどうを育ててくれます。

中でもおすすめが、シャインマスカットです。

白ぶどうは、黒ぶどうや赤ぶどうと比べて香りや味が薄めという印象があるかもしれませんが、山梨のシャインマスカットは香りも味も濃いんです。

 

 

★スイカは福井★

 

スイカは、福井を推します。

初夏は三里浜や三国の砂丘のスイカが美味しいです。砂地なので水はけがよいので、スイカの栽培にとても適しています。

お盆をすぎると、武生のしらやまスイカが美味しいです。しらやまの高地が、果物の甘みに必要な寒暖差を生んでくれますし、何より水と土地がとても綺麗なのです。

この環境が、すばらしい味のスイカを育ててくれるのです。

 

 

 

★いちじくは福井★

いちじくは、福井産がいいです。

よく出回っているのは愛知産です。確かに愛知産は品質がいいです。愛知に住む愛知県民なら、愛知産を選ぶといいでしょう。

しかしながら、いちじくは鮮度が大事な果物です。

なるべくなら地元の、とれたてのいちじくを食べましょう!

 

 

 

★梨も福井★

お盆あたりから、梨がでてきます。幸水という、みずみずしい反面、鮮度劣化が早い品種の梨です。

実はあわら市は梨の産地として有名で、とても美味しい梨が手に入ります。

地元の、鮮度のいい梨を選びましょう。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

「桃ひとつとってみても、いろんな種類があって、どれを選べばいいのかわからない…」

なんて声をよくききます。

便利な世の中になったもので、いろんな産地のいろんな果実が買えます。

でもそれは、アイドルファン初心者が、大勢のアイドルを前に圧倒されて、どの子を応援していいのかわからない状況と似ていると思うのです。

そこで、夏果実の熱狂的ファンである八百屋が、ここはいい!という産地を公開してみました。

これから美味しくなる夏果実。

 

ぜひとも、私の推しメンならぬ、推し産地を参考にしていただいて、夏果実を楽しんでいただければと思っております。

 

 

続きをよむ

2018.07.17【特集】『自由』で『楽しむ』ことを優先に、どんどんチャレンジ! -ハンドメイドの魅力-

 

―この度は杜の手しごと市&暮らしフェスタにご出店いただきましてありがとうございます。

林さんが代表をつとめられているハンドメイドのサークル『MAMA☆LABO』とはどのような活動をされていらっしゃいますか。

 

ハンドメイドが大好きなメンバーが、それぞれ自分たちの作品をもちよって、県内を中心としたクラフトマーケットに出店しています。

今のところ在籍メンバーは7人で、その都度参加できるメンバーをSNS上で話し合って決めています。

まあでも、私たちは『自由』で、『楽しむ』ことを優先していますので、このイベントはグループではなく、個人で出店しますっていうのもOKですし、違うメンバーと出店しますっていうのもありなんです。

ほんとに自由なんですよ(笑)

私の場合、出店は平均月1回と決めています。主にイベントは土日ということもあって、子供たちには「ママ行かせてもらうね。」と話をして、主人に預けて行っています。

 

―ご主人、お子様、ご家族の協力はありがたいですね。

そうですね、とても助かっています。出店が近付くと、作品作りも大詰めになってきますので、ちょっと家事も手抜きになってしまいますが(汗)、迷惑をかけながらも仕事、作品作り、家事を一所懸命にがんばっているお母さんの姿を見せられたらいいなと。

 

MAMA☆LABO』の活動のきっかけとなったことはどんなことからですか。

 

SNS上でハンドメイドが大好きといった方々と知り合い、

「いつか、自分たちの作品をお客様に提供できるお店を出したいよね。」

という同じ気持ちをもったメンバーが集まって、お互いの作品を見せ合い、いろんな話し合いを重ねて信頼関係を築き、2012年頃にグループを結成しました。

その際に先輩作家のDECO!さん、先輩グループのmam craft chouchouさんに指南いただきました。

結成当時からはメンバー編成も、環境や、メンバー自体の年齢も変わりましたが、当時から変わらないのは『自由』であること。

楽しいことをしているのだから、辛くならないようにしようとういう思いは変わらないですね。なので、家族優先、仕事優先が前提でワクワクしながら作品を作ることを大事にしています。

 

―ワクワクしながら!楽しそうですね。具体的にはどのように作品作りをされているのですか。

ここ数年体力が落ちてきたかな・・・(笑)。

ということもあって、一気に作り上げることはせず、少しずつ作っています。まずは出品数、作りたい作品を決めて、ネットで計画的に材料を購入しています。

型紙がないものも多く、これまで作りためてきた『レシピノート』を見ながら、その時のトレンドもいれつつ自分がお客様だったら欲しいものを考えています。

なにより自分が作っていてテンションが上がるものということがポイントですね。

―今後の目標は・・・

福井にも魅力的なイベントがたくさんあるので、まずはこのまま福井での出店が多いでしょうけど、以前より考えているのは県外イベントの出店です。

加賀や、金沢など行ってみたいですね。まあでもグループとして決めているわけではないので。そこらへんも自由に(笑)

 

―7月21日22日開催の暮らしフェスタ&杜の手しごと市で行うワークショップについて教えてください。

お子様にお掃除を手伝ってもらえたらいいなという思いから、マイはたきとマイふきん作りワークショップをします。

夏休みに自分の机など、自分で掃除できるといいですよね。材料も手軽に揃えられるので、ご自宅に帰って、ご家族に作り方を教えてあげるというのもいいですね。

はたきは吊り下げて飾っておいてもかわいいかな。

 

―福井に住んでいる同じママさんたちにメッセージをお願いします。

私はたまたまハンドメイドが自分のアンテナにひっかかり、突き詰めていく中で壁にあたったり、つまづいたりしながら、それを乗り越えた先に次のステージが待っていて、どんどん楽しくなってきました。

子育て中だと最優先は子供ですが、子育て以外でなにか自分のアンテナにひっかかるものがあれば、どんどんチャレンジしてみる。

もし辛くなったらあっさりやめればいいというぐらいの気持ちで、つまづいても乗り越えてみる勇気をもつと、視野も広がるし、結果子育てにいい影響として返ってくることもあるんじゃないかなと思います。

 

―今日はお話しを聞かせていただきありがとうございました。7月21日、22日の暮らしフェスタ&杜の手しごと市でお会いできることを楽しみにしています

続きをよむ

2018.07.16【くらしコラム】旬のトマトを使ったおかずレシピ♪

はじめまして。

昨年より春江町にて「あおほし食堂」という小さな食堂を営んでおります。

 

この度ご縁をいただき、こちらでコラムを書かせていただくことになりました。

 

コラムといってもたいしたことは書けませんが・・・

旬のお野菜を使った簡単なレシピをご紹介していこうと思っています。

 

気まぐれの更新になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

なお、こちらで紹介させていただくおかずは、

すべて当店の献立としてお客様にお出ししているものです。

気に入られたらぜひ店にも足を運んでくださいね♪

 

また実際に食べてレシピが気になったら、こちらへの掲載リクエストも賜ります♪

 

ではさっそく!

今日は旬のトマトを使ったおかずを紹介します。

 

梅雨が明けて夏本番!!!

太陽の下で真っ赤に実ったトマトは、目で見ても食べても元気がでますよね。

 

でも、いざトマトを目の前にすると、

ただ冷やして切って食べるだけ・・・といった方も多いのではないでしょうか?

 

もったいない!!

 

トマトは油との相性がよく、炒め物に入れてもおいしいんですよ。

ニラとトマトをゴマ油で炒めて卵でとじればおいしい一品できあがり♪

 

また味噌汁の具としても大活躍!

福井の特産越のルビーは程よい酸味があり、味噌との相性バッチリです。

4~6分の1にカットして、さっと炒めたものを味噌汁に入れてみてください♪

トマトの他になすやオクラなどの夏野菜と豚肉を入れた豚汁もおいしいですよ。

最後に生姜の千切りを乗せれば、夏バテ予防にもぴったり。

 

そして紹介させていただくのは、トマトが主役のおかず「トマトの煮びたし」です。

 

 

 

【トマトの煮びたしの作り方】

 

①トマトを常温に戻す。

(トマトは常温で保存しておくと追熟されて赤みと甘さが増します!冷えていると②の湯むきが綺麗にできないので、冷やさずに置いておくのをおすすめします)

 

 

②トマトを湯むきする。ヘタと反対のおしりに包丁で浅く十字に切り込みを入れ、熱湯につける。

 

切り込みから皮がペロンとめくれてきたら、お玉などですくって冷水につける。

 

ヘタの際まで手で優しく皮を剥く。(ヘタを取ると煮崩れしやすくなります。) やけどに注意!

 

③鍋でだしを温め、酒・みりん・塩・醤油(あれば薄口)で味をととのえる。

薄めためんつゆや、白だしを使ってもOK。お好みの味付けにしてください。ト

マトがしっかり浸るくらいの量が目安です。

 

④ ③のだしに②の湯むきトマトを入れ、湧いてきたら弱火で10分ほど煮る。

 

 

完成♪

火を止めてしばらく置くと味が染みておいしくなります!

 

湯むきしたトマトをだしに浸すだけのレシピもありますが、少し煮込んだほうが味が染みるのと、トマトの青臭さが抜ける気がします。

酒が蒸発するときに青臭さを連れて行ってくれるのだと思います!

 

 

使うトマトは中玉サイズをおすすめします。

 

今の時期ですと5~6個入りの袋や箱入りで200~300円程度で売っていますよ。

ご家庭の畑で採れるという方も多いかもしれませんね。

トマトの甘味よりもだしの味が勝つので、甘さの弱いトマトでもおいしくなります。

 

夏はそのまま一晩冷蔵庫で冷やすと、暑い日もさっぱりのおかずになります。

もちろん、冬は温かいままでもおいしく召し上がっていただけます。

 

濃いめの味付けに大根おろしや大葉を添えたり、酢を加えてもいいですね。

薄味にして塩とオリーブオイルと黒こしょうで洋風に仕上げたり、いろいろなアレンジができますよ。

 

トマトは夏バテ予防にも、美容にも効く栄養がたっぷり。

おいしく食べてくださいね。

 

 

次回はとうもろこしご飯のレシピを紹介予定です♪

続きをよむ

2018.07.11【特集】お中元にピッタリなギフトのご紹介♪

こんにちは BENTOです!

今日はお中元にピッタリなギフトをご紹介します♫

・手延そうめん  ¥720

・やまくにのいりこだしつゆ  ¥700

・フルヤジ畑のラー油  ¥815

・西の線香花火  ¥600

・東の線香花火  ¥600

 

 

夏の定番、『そうめん』

徳島県で生まれた、半田手延そうめんは、

みなさんに、馴染みの深い細い麺とは違って

コシが強く太めの麺なのです。

 

例えると、パスタくらいの太さでしょうか…

とても食べ応えのあるそうめんですよ♫

そうめんに合わせたい『だしつゆ』は、上質な銀付きいりこをたっぷり使用したものです。

 

いりこ独特のくさみやえぐみもなく、すっきりしているのに深みがある美味しいおだしです♫

 

 

ここでBENTOスタッフおすすめの食べ方を…

 

豆乳にだしつゆを入れます。

そこに畑のラー油を少し。

これにそうめんを付けて食べるだけ!

担々麺のようで、すごく美味しいんです♫

暑い夏でも食欲が湧きます!

 

『畑のラー油』は、すべてオーガニックの材料で作られた物です。

ハーブや香辛料の風味がとても良いんですよ♫

 

『線香花火』は国産の物。

 

昔は日本の東西で、線香花火の形が異なったそうです。

 

夏の夜に家族やお友達と楽しい時間を過ごせそうですね♫

 

他にも、送る方に合わせて色々なギフトがありますので、ぜひ気軽に遊びに来てくださいね♫

続きをよむ

2018.07.10【イベント】「 2018夏・婚活ポットラック第③弾『涼』」開催

~わくわく「 2018夏・婚活ポットラック第③弾『涼』」開催します~

 

今回のテーマは『涼』

お話が苦手な方も、パーティー好きな方も、『涼』を感じさせる小物や食べ物を持ち寄って一緒に盛り上がりませんか?

怖ーい話でひんやりするのもいいかも。。。。

 

少人数での開催なのでご予約はお早めに♪

 

日時:平成30年7月20日 (金) 18:00~20:00  

参加条件:独身の方

定員:男女各5名さま

参加費:無料

持参品:暑い夏に涼を楽しめる物(雑貨・音楽関連・スイーツetc.)

 

詳しい情報はこちらをご覧ください。

https://www.fukuibank.co.jp/wil/contents/event/index.html#e0720

続きをよむ
...89101112...