くらす

2019.03.14【くらしコラム】旬の「折り菜」を使ったレシピをご紹介♪

こんにちは!あおほし食堂です。

 

ご無沙汰してしまって申し訳ございません・・・!

 

お久しぶりにレシピ公開させていただきます♪

 

今回ご紹介するのは、旬の「折り菜」を使った「白和え」です♪

 

折り菜は3月中旬ごろから4月中旬ごろまでに収穫されるお野菜で、

 

その名のとおり、菜っ葉から出た芽がとう立ちしたもの(つぼみになったもの)を

 

ポキポキ折って収穫することから折り菜と呼ばれています。

 

地方によって特定の品種を折り菜と呼ぶこともあるそうですが、

 

福井では菜の花だったり、白菜だったり、宮内菜だったり、

 

多品種のものを総称して呼ぶことが多いです。

 

 

この冬は暖冬だったため生育が早く、3月はじめからこの折り菜が出回ってきました!

 

若いものはほろ苦い大人の味。花が咲き始めたものは少し甘味が感じられます。

 

春の旬菜としておひたしや白和え、ごま和え、煮びたしなどで親しまれています。

 

そこで今回はこの折り菜を使った簡単白和えのレシピを紹介します♪

 

白和えと聞くと、豆腐を裏ごしするのが面倒!とか味付けが難しい!という印象があるかもしれませんが・・・

 

実はすごく簡単に作ることができますよ!!

 

使う調味料はなんと3つです!!

 

【折り菜の簡単白和えの作り方】

<材料>

折り菜   適量

絹豆腐   100g

砂糖    大さじ1

味噌    大さじ1

白すりごま 大さじ2

 

<作り方>

① 折り菜はたっぷりのお湯に塩(分量外)を入れ1~2分ほどさっと茹でる。すぐに流水で冷やし、ざるにあげて水気を切っておく。

 

② 絹豆腐はお湯で茹でて、熱いままざるにあげて水気を切っておく。

 

③ 大き目のボウルに砂糖、味噌、すりごまを入れる。

②の豆腐に残っている水分をキッチンペーパーで拭いて加え混ぜ合わせる。

 

写真のように豆腐のつぶつぶが残っていてもOK!これで和え衣の完成です。

 

④ ①で茹でた折り菜を食べやすい長さに切り、

最後に水気をギュッと絞ってから③の和え衣に投入し、全体をまんべんなく混ぜ合わせる。

 

できあがり♪

 

もちろん、折り菜以外にもほうれん草など葉物野菜ならどんなものでもこの和え衣で作ることができます。

 

人参やひじきを入れれば見た目も華やかで栄養もばっちりです。

 

人参は茹でなくてもOK!!

 

細切りしたものに塩をなじませて5分ほど放置し、水気が出てきたら絞るだけです。

 

 

時間が経つと野菜類や豆腐から水分が出てきてしまうので、なるべくできたてを食べてくださいね。

 

もし水分が出て底に溜まってしまうようなら、水分だけをキッチンペーパーで吸い取りましょう。

 

混ぜると味が落ちてしまうのでご注意を・・・!

 

 

これから青菜がおいしい季節!旬の青菜をおいしく食べてくださいね!

 

 

 

 

そしてそして・・・

 

冬の間にお伝えしたかった【さつまいもを使ったおかず】のレシピも簡単にご紹介させていただきます!

 

 

【コロコロさつまいものサラダ】

<材料>

さつまいも  中サイズ1~2本

マヨネーズ  大さじ3

ヨーグルト  大さじ1 (プレーンタイプで無糖のもの)

塩コショウ  適量

 

<作り方>

① さつまいもを角切りにし、耐熱の袋(または容器)にいれ水を大さじ1加えてレンジで加熱する。

500wで4~5分ほど。さつまいもの色が黄色くなり柔らかくなればOK。

※加熱しすぎると硬くなってしまうので、少しずつ様子を見ながら加熱してください。

 

 

② ①のさつまいもをボウルにうつし、粗熱をとる。

 

③ 別のボウルでマヨネーズとヨーグルトをよく混ぜる。

 

④ 粗熱がとれたさつまいもに③を加えて混ぜ合わせ、塩コショウで味をととのえる。

 

 

完成です!薄切りしたリンゴを合わせるとお子様にもおすすめ♪

 

粗挽きこしょうと粉チーズをふりかければワインのお供にも♪黒ごまも合いますよ♪

 

 

この時期は「キュアリング」といって、

 

秋に収穫されたさつまいもを温度や湿度が管理された特別な貯蔵庫で寝かせたものが出荷されています!

 

甘味が増してとってもおいしくなっていますよ♪

 

スーパーで「キュアリング処理」と書かれたさつまいもを見かけたら、

 

ぜひこのレシピを試してみてくださいね!!

 

そしてこのマヨネーズとヨーグルトを合わせる技は、ほかのサラダにも応用できます。

 

ポテトサラダなどマヨネーズだけでは味が濃くしつこいな~というときは

 

ぜひヨーグルトを混ぜてみてください。

 

ドリンクタイプのヨーグルトでも良いです。

 

種類によっては酸味が強いもの、無糖でも甘味が強いものなど様々です。

 

少しずつ加えながら、おいしい分量を見つけてみてくださいね♪

 

 

 

当店は坂井市春江町にて小さな食堂を営んでおります♪

 

地産地消の食材を中心に使い、体に優しい手作りのおひるを作っています。

 

毎日替わる献立はインスタグラムにてお知らせしておりますよ。

 

地域の農家さんが愛情込めて作ってくださる旬のお野菜や、

 

スーパーでは売っていない珍しいお野菜も積極的に取り入れています。

 

すべて手作りだからこそ、どんなお野菜?どんな味付け?とお聞きいただければすぐにお答えします♪

 

(こんなお野菜をいただいたけど、どう料理したらいいの?というご質問も大歓迎です)

 

おいしい料理を作るには、おいしい料理を食べて真似をするのが一番の近道ですよ。

 

食べてみて気になったことはぜひお気軽にお聞きくださいね。

 

そしてぜひご自宅に帰って、大切なご家族に作ってあげてください。

 

店頭ではここでは載せきれない細かいポイントもお話しさせていただきます。

 

お料理好きな方、お料理に興味がある方、ぜひ一度ご来店くださいませ~!

 

次回はどんなレシピを紹介しようか考え中♪リクエストもお待ちしております♪

続きをよむ

2019.03.09【特集】新生活に!春を感じるお香のご紹介

こんにちは!あかりとかおりの専門店jIN スタッフの久保田です。

 

昨年は大雪で、毎朝白い景色を見てはうんざりしていましたが、

 

今年はとても暖かい福井です。

 

jINでは、見た目も香りも華やかな春限定お香が続々と登場しております!

 

 

パステルカラーが綺麗なお香たち…!

 

↑毎年大人気の季節限定お香 「セントスケープ」シリーズ。

左から あおば萌え春うららさくら模様

40本入り 各1,000円(+税) 

 

あおば萌えは爽やかなグリーン系のフローラルブーケの香り。

 

春うららは甘くてフルーティーなかわいい香り。

 

さくら模様は可憐でみずみずしいフローラルブーケの香り。

 

 

 

 

↑お菓子みたいなパッケージがかわいい!お土産にも人気の「桜香」

左から 春香花音

20本入り 各600円(+税)

 

春香は、待ちわびた春の訪れを祝福するためのお香。

ほんのり甘く晴れやかな香りです。

 

花音は、春風に舞う桜の花の美しく静かな姿を感じるためのお香。

甘酸っぱくたおやかな香りです。

 

 

 

 

↑桐箱入りのさくらづくし 櫻香は、日本の春を彩る3つの香り。

左から よざくらそめいよしのしだれざくら

20本入り 各900円(+税)

 

よざくらは、夜桜の凛としたたたずまいと幽玄な世界をイメージした、

瑞々しく清涼感溢れる香り。

 

そめいよしのは、春の始まりに可憐に咲く染井吉野をイメージした、

上品な華やかさが広がる香り。

 

しだれざくらは、枝垂桜の雅な美しさと散り際の鮮やかな新緑をイメージした、

華やか且つ爽やかな香り。

 

 

春に始まる新しい生活、お香の香りでスタートしてみませんか?

 

jINではお香の試し焚きができます!

お気軽に遊びに来てくださいね☆

 

Instagramも是非ご覧になってみてください♪

 

https://www.instagram.com/akaritokaori/

 

続きをよむ

2019.03.06【特集】出会いの奇跡が夢をつなぐ、 こどもミュージカル「たけのっ子劇場」

――大谷さんは、こどもたちが演じるミュージカル「たけのっ子劇場」の代表をされているということで。生計をたてるための、いわゆる「仕事」とは別にこうした活動をされているというのがすごいバイタリティだなあと思い、今日はお話をうかがうのを楽しみにしてきました。そもそも大谷さんご自身もミュージカルをされていたのでしょうか?

 

いえいえ、普通の主婦でした。たけのっ子との出会いのきっかけは、洋裁教室でして。

 

――洋裁教室??

 

はい。洋裁を習っていたんです。そしたらその先生のところに、当時たけのっ子劇場を主催していた「劇団たけぶえ」から「第七回たけのっ子劇場の公演の衣装を作ってくれないか」と制作依頼が舞い込んで、私も衣装係としてお手伝いすることになりました。さらにはうちの娘も「劇に出てみたい」というので、親子で入団しちゃいました。

 

 

――へえ、衣装係兼団員としてのスタートだったんですね。代表になられたのは、いつ頃なのでしょう?

 

それが、かなり急なんですが、入団の翌年に代表になりました。というのも、私と娘が入団した翌年に、劇団たけぶえが「もう、こども劇団はやめようと思う」というんですね。

 

――なんと翌年に。

 

そう。で、「それはもったいない!」と当時の保護者たちと共に立ち上がり、たけのっ子劇場をもらい受けたというのが経緯ですね。

 

――すごい。もったいないと思っても自ら立ち上がってもらい受けるというのは、なかなかエネルギーのいることで……。

 

大変なこともありますが、それ以上に楽しいからできています。もらい受けた当時のメンバーは、もう私と会計さんの二人しか残っていませんが、今は今で新しい保護者の方や、元たけぶえの方、ボランティアの方などとても多くの方がかかわってくれて活動しています。そのほかにも、振り付けや歌唱指導、技術スタッフに大道具にと、たくさんの外部の方に協力していただいてたけのっ子劇場は成り立っているんですよ。

 

 

――忙しい大人たちがそれだけの人数、労を惜しまず集まってくるというのは、たけのっ子劇場が地域にとって大切な場所だと認識されているからでしょうね。今、こどもたちのほうは何人くらいいるんですか?

 

5歳から19歳まで、約40人のメンバーがいます。

 

――まとめるの、なかなか大変じゃないですか?

 

たしかにこれだけの人数がいると、意見の食い違いもあるし、ケンカもあります。ですが、たった一日の本番のために協力し合う仲間ができるというのはこどもたちにとっても保護者さんたちにとってもかけがえのない経験なのではないかと。ですから、目標は「本番」なのかもしれませんが、大切なのはその目標の日までみんながどう過ごしてきたかなんだと思っています。

 

 

――学校でもない、家でもないところで、そういう経験ができるというのがすごく素敵ですね。いろんな意味で、救われている子もいるような気がします。

 

学校で嫌なことがあっても、たけのっ子にも自分の居場所がちゃんとあるという存在であり続けたいですね。「たけのっ子の練習日が待ち遠しい」と言われることが喜びの一つです。あと、最近「たけのっ子劇場の歌」をつくったのですが、この歌を通じて現メンバーや卒業していった子たち、新しく入ってくる子たち、保護者たちがつながって、歌を聞いただけで「ふるさとに帰ってきた」ような気持ちになってもらえたらなぁと思っています。

 

――いいですね。何年も続けている子も多いんですよね?

 

多いです。最初は周りに助けてもらわないとセリフが言えなかった子が、今はほかの子を助けてあげていたり、舞台の使い方や自分の見せ方をよくわかるようになっていたりとぐんぐん成長していくのを見られることは、私の最大のやりがいと言ってもいいかもしれません。

 

 

――まさにタケノコのように、ぐんぐんと成長していくんでしょうね。それにしても、舞台衣装も大谷さんが一人で40人分作っていらっしゃるんですよね。そして脚本まで書いて……。通常のお仕事の傍ら、信じられないエネルギーです。

 

あはは(笑)。いや、でも、衣装に袖を通したときのこどもたちの顔、たまりませんよ。それに自分の考えた物語に、曲が付き、踊りが付き、たくさんの子供たちの力で映像化していくという、この夢のようなことの実現。みんなが、私の「紙に書いた作品」に命を吹き込み、立体になっていく感動。こんな経験ができる私はなんて幸せ者なんだろうと思います

 

 

――……何と言いましょうか。お話を聞いていて私が強く感じるのが、大谷由紀子さんという一人の人を存分に生かせる場所が「たけのっ子劇場」なんだなと。単に「とても大変な役割を、地域のこどもたちのために担って頑張っているスゴイ人」ということではなくて、これは大谷さんにとって一種の天職(職ではないのかもしれませんが)みたいなもので、そこからご自身も生きるエネルギーをもらっているような相互の関係にあるんだなと感じました。とはいえ、本当にすごいコミットメントだと思います。最後に、福井の女性たちにメッセージをもらえますか?

 

働く女性、特に子育てしながら働く女性の多くは、目の回るほど忙しい日々を送っていることと思います。そんなとき、大きなチャレンジはなかなかできなくても、日常の中で普段行かないところにちょっと足を延ばしてみるだけで、思いがけない出会いや発見があったりするのだと思います。私にとってそれは「洋裁教室」で、そこから私のたけのっ子人生がスタートしました。

 

――まさか洋裁教室の生徒からミュージカル劇団の代表になっていくとは、お話を聞くまで想像していませんでした。

 

そうですよね。あの人に出会わなかったら今の自分はない、という人が、何人もいます。出会いは奇跡ですね。たけのっ子の子たちにも、「たけのっ子がなかったら出会わなかった友達がたくさんいるよね。大事にしてね」という話をしています。こうしたことはきっと、こどもだけじゃなく、大人にも言えることではないかなと私は思っています。

 

――大谷さんのそうした前向きな感性があってこそ、人が集まって、たけのっ子の活動がこれだけ長く続いてきたんだろうなと確信致しました。ちなみに今年の公演は12月15日、越前市文化センターの大ホールでおこなわれるそうです。これを読んだ皆さん、ぜひこどもたちの雄姿を見に行ってみてください!今日はありがとうございました。

 

こちらこそ、ありがとうございました。

 

 

 

<たけのっ子劇場の情報はこちらから>

http://www.geocities.jp/takenokko5/TMS/enter.html

※2019年の公演は、12月15日に越前市文化センター大ホールにておこなわれます。

 

 

続きをよむ

2019.03.04【くらしコラム】自宅で柑橘フェスをやろう!

みなさん、柑橘類を食べていますか?

 

柑橘類といえば、みかんですよね。

 

みかんは冬にコタツで楽しむイメージありますよね。確かにそうです。

 

みかんは秋口から早生みかんが始まり、12月には収穫が終了します。

 

なので、みかんを食べるなら、年明けぐらいまでが理想的です。

 

美味しく食べられます。

 

しかしながら。

 

みかんだけが、柑橘だと思っていませんか?

 

みかんだけを食べて、柑橘を知ってるつもりになっていませんか?

 

いよかん、デコポン、キンカン、文旦……

 

野菜や果物に疎いひとでも、

 

これらの名前は、どこかで聞いたことがあるでしょう。

 

そう。これらもまた、立派な柑橘類なのです。

 

そして、これらが出回るのは、みかんとは違い、春なのです。

 

実は柑橘類の旬は、春なのです。

 

多種多様な柑橘がどばーっと出てくるのが、春先なのです。

 

「多種多様? どれも、ようは夏ミカンでしょ? 酸っぱいだけじゃん」

 

って思っている方。

 

今日は、そんなアナタの認識を変えるためのコラムです。

 

柑橘が大好きでたまらない方、

 

もしくは、柑橘が苦手な方にこそ、

 

この時期の柑橘を食べていただきたい。そう思っています。

 

以下に、主な柑橘を書いていきますので

 

いろんな種類の柑橘を試してもらって

 

アナタのイチオシの柑橘を、見つけてみてくださいね!

 

 

 

★これぞ柑橘の王者!! デコポン★

 

 

今や柑橘界を席巻するイキオイのデコポン。

 

支持率、生産量ともにうなぎのぼりの柑橘です。

 

「こんなに甘い柑橘初めて食べた!毎日食べたい!」

 

という方が続出しています。これは本当に美味しいです。

 

「えっ。なんか食べたけどすっぱかったよ?」

 

という方。それは熟成度が足りていません。

 

皮がカチカチの状態では酸がうまく取れていないものもあるので、

 

フニャフニャになるまで待ってから、お召し上がりくださいね。

 

※「不知火」もデコポンとして販売されている場合があります。

 

デコポンは、糖度や酸度など、一定の基準を満たしたものだけが名乗れる称号です。

 

不安な方は、店員さんに聞いてみましょう。

 

 

 

★柑橘界の大トロ!!! せとか★

 

 

柑橘業界では「大トロ」の異名をもつ、せとか。

 

その名のとおり、柑橘の要素である強い甘みと程よい酸味を備え、

 

さらにその芳醇な香りと、くちどけのいいジューシーさをもつ、

 

素晴らしい柑橘です。

 

愛媛が生んだ美味しい柑橘のひとつですが、

 

せとかはその中でも群を抜く美味しさ。

 

八百屋テクテクでは、美味しい柑橘を選ぶとするなら、

 

デコポンか、せとかをオススメしています。

 

※実は青果業界には、「柑橘に女性の名前をつけると売れず、失敗する」というジンクスがあるんですが、

 

このせとかちゃんは、そのジンクスをぶち破った柑橘としても有名です。

 

 

 

★日本古来の柑橘! はっさく★

 

 

はっさくは、日本古来の柑橘です。

 

とてもいい香りがするのと、果肉のつぶつぶ感が特徴です。

 

はっさくに関しては、独自にカテゴリーがあってもいいんじゃないか、というぐらい

 

特徴が違いますので、食べ比べしてみるにはおすすめの一品です。

 

 

 

★大人の味!! あまなつ★

 

 

夏ミカンです。甘夏と書きます。

 

「へ~、夏に食べられるミカンなんだ~」

 

と名前に騙されて口にすると、ひどい目にあいます。

 

苦いしすっぱいので、それらが苦手な子供には食べさせてはいけません笑

 

でも、この独自の苦味と酸味、そして香りは、

 

甘いだけのみかんにはマネできない、深みがあります。

 

みかんが子供に喜ばれる味なら、あまなつは大人の深みがわかる人用の柑橘ですね!

 

 

 

★皮ごと食べて栄養補給! キンカン★

 

 

キンカンもまた、皮ごと食べるという点では、

 

ほかの柑橘とは線引きしたい柑橘です。

 

柑橘は皮の部分に栄養があるので、できれば皮ごと食べたいです。

 

キンカンはそれを可能にする、唯一の柑橘なんです。

 

宮崎県産のキンカンのブランド「たまたま」は、

 

キンカン特有の酸味と苦味を抑え、

 

生食に適したキンカンとなっております。

 

とっても美味しいですよ!

 

 

 

★本家本元より甘いぜ!! 和製グレープフルーツ!!★

 

 

グレープフルーツって苦手な方、いらっしゃると思います。

 

「なんであんな苦いだけのものが美味しいんだ!」と思っている方。

 

それは、苦いだけのグレープフルーツを食べたからです。

 

本当のグレープフルーツの美味しさを知りたかったら、

 

ぜひ和製グレープフルーツにチャレンジしてみましょう!

 

※実は、この和製グレープフルーツ、なんと産地によって呼び方が違います。

 

ジューシーオレンジ、河内晩柑、美生柑、宇和ゴールド、ジューシーゴールド、など。

 

 

 

★黒船アメリカ!! アメリカ産オレンジ★

 

 

実は春先は、アメリカの柑橘が美味しくなる時期でもあります。

 

サンキスト、といって、産地のフロリダに太陽光線が強く舞い降りる時期でもあります。

 

文字通り、太陽がキスをするんですね。

 

この太陽のキスによって、柑橘がすばらしく美味しくなります。

 

この時期には、ぜひ「サンキスト」のブランドを目印に、アメリカ産の柑橘を買ってみてくださいね!

 

 

続きをよむ

2019.02.23【くらしコラム】花粉症にはヨガが効果的!

ヨガをすると鼻やお顔周りの血流が改善され、

 

花粉症による鼻づまりをやわらげることが期待できます。

 

特に脇の下には、上半身に流れているリンパの集合地帯があるため、

 

その部分を刺激することで鼻の血行促進にも効果的です。

 

今回ご紹介するのは座りながらできる簡単ヨガ。

 

脇をしめたり伸ばしたりして、脇の下の伸びを意識することがポイントです。

 

体の柔らかさは人によって異なるので、無理をしない程度で行いましょう。

 

 

【手首からほぐしていきましょう】

①あぐらで座り、お腹の奥で上半身を支えるように意識しながら腰を伸ばしていきます。

あぐらが苦しく感じる場合は、お尻の下に折りたたんだタオル敷いて、座りやすく整えていきましょう。

 

 

②両手を前に伸ばして、グーパーと手のひらを握ったり開いたりしていきます。

リズミカルに10回繰り返しましょう。首や肩に力みを感じたらふわっと緩ませて。

 

 

③そのまま右手首が上になるように手のひらを返し、指を左手で掴み引き寄せる。

手首の心地よい伸びを感じながら、ゆったり3〜5回呼吸を繰り返します。

 

 

④反対側も同様に行っていきましょう。

 

 

 

【背骨を柔らかくするポーズ】

①足裏を合わせて座り、両手で足先を掴む。

ゆっくりと上半身を前に倒し、しばらくゆったり呼吸を繰り返す。

 

 

②息を吸いながらお顔から上半身を起こしていく。

背骨一本ずつ動かしていくようなイメージで、顔を上に向けて背中を反らせていきます。

空を仰ぎ見るように、胸もゆったりと開いていくイメージを持ってみましょう。

 

 

③上半身がしっかり起きたら、後ろに背中と腰を丸めながらゆっくりと息を吐いていきます。

②③をなめらかに繰り返していきます。5〜10回ほど行っていきましょう。

 

 

【あぐらのポーズ】

①あぐらをかいた状態で、尾骨から背骨、頭頂までを気持ちよく伸ばす。

背中や腰が丸くなりやすい方は、尾骨の下に厚めのタオルなど敷くと良いでしょう。

 

 

②左手を床について体を支え、息を吸いながら右手を気持ちよく上に挙げて、

息を吐きながら上半身を左側に倒していきます。

その体勢のまま、息を大きく吸って吐くのを5〜10回繰り返します。

息を吸うときに脇の下や、腰のあたりが伸びていることを意識して。

 

 

③息を吸いながらゆっくりと身体を真ん中に戻して右手を降ろし、左右を入れ替えて行います。

 

 

今回ご紹介した方法を試して、効果を感じられるものがあったら、継続して行ってみてくださいね。

 

 

⭕️お得なキャンペーンを開催しています⭕️

HPを是非チェックしてみてくださいね!

web:http://living-space-atha.jp/

 

続きをよむ
12345...1020...