くらす

2018.02.13知りたい物件情報の見方

土地探しをする時に不動産会社や物件を扱うインターネットサイトで必ず目にする物件情報。

その物件情報を見るときにどこに注目してみていけば良いのか、そもそもこの用語はどういう意味なのかを簡単にまとめてみましたので、物件情報を見る際の参考にしてみてくださいね。

  • 地目 敷地が、宅地かもしくは農地や山林であるかの区別を表示。農地の場合、住宅を建築するなど農地の持ち主が変わったり農地の用途を変えたりする場合にはそのための手続きが必要になります。(この手続きを「農地転用」と呼びます。)手続きには費用がかかりますので、土地代プラスいくらかかるのか、地目が農地かどうかは確認しておくと良いでしょう。
  • 都市計画 都市計画法で定めるどの区域かを表示。市街化調整区域は、原則一般住宅の建設は不可。
  • 用途地域 都市計画区域内の市街化区域は12種類の用途地域に分けて、建築できる建物の種類や面積、高さ等を規制しています。
  • 建築条件 敷地を取り扱う業者の指定するビルダーで建築しなければならない条件のこと。ビルダーが指定されてしまいますが、土地の契約から建物の完成まで一貫してお任せできるというメリットがあります。特に建築会社にこだわりがないのであれば、その会社の展示場を見学するなど、一度チェックしてみてから判断するのも一つです。
  • 建ぺい率 敷地に対してどれくらいの割合で建物が建てられるのかを示すもの。計算方法は「建築面積÷敷地面積」となります。
  • 容積率 敷地面積に対する延床面積のこと。つまり家全体で、どれほどの床面積を確保できるのかを示しています。

続きをよむ

2018.02.05土地区画整理事業って何?

土地区画整理事業」という言葉は聞いたことがありますか?

 

簡単に説明すると、昔ながらの古い街並みや細く曲がりくねった道路を、快適・安全で住みやすくなるように道路をまっすぐにしたり、公園や広場をつくったりしてきれいに街並みを整える事業の事です。

 

私たちが暮らす福井県では具体的にどこのエリアが土地区画整理事業を行ったかというと、

○エルパ近くの大和田・高柳エリア

○灯明寺・舟橋エリア

○森田エリア(現在、施工中)

等が挙げられます。

 

事業前(Before)

▲細く曲がりくねった道路、家から車を出すのも、お子様の毎日の通学も危険

▲公園などの子供の安全な遊び場が少ない

 

  • まっすぐで広い道路で安全
  • 近くに公園などの公共施設ができる

 

きれいに整備された土地区画整理事業のエリアは、景観も美しく、新しい土地で新しい暮らしを求めている方にはまさにぴったりの場所になります。

 

土地探しをこれからお考えなら、参考材料の一つにしてみてくださいね。

続きをよむ

2018.01.30売主物件・仲介物件の違いとは?

現在アパートにお住まいの皆さん、あるいはご両親様との別居をお考えの皆さん、土地探しを始めよう!ということで、まずはホームページであれこれ検索される方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、多くの不動産会社のサイトには見慣れない不動産用語ばかりで、どこに注目してみれば良いのか良く分からない方も多くいらっしゃるかと思います。

 

そこでどういう部分に注意してみれば良いのかチェックポイントをいくつかご紹介しますので、ぜひ今後の土地探しの参考にしてみてくださいね。

 

■売主物件か仲介物件か

仲介物件」とは、地主が所有する土地を不動産会社が買主(購入者)見つけ、販売する物件。

売主物件」とは、不動産会社が地主から直接購入後、宅地造成工事や区画割をして販売する物件。

 

 

それぞれの違いを分かりやすく説明すると・・・

仲介物件

・売主(地主)⇒不動産業者⇒買主(購入者)の取引

・仲介手数料が必要→(取引金額×3%+6万円)×消費税

(たとえば土地代1,000万円の場合、38.8万円必要)

・価格交渉は、一見すると不動産業者を介しているので交渉しやすいよ

う に見えるが、売主は高く、買主は安く買いたいので調整が難しく、

双方の希望に添えない場合がある

 

売主物件

・売主(不動産業者)⇒買主(購入者)の取引

・仲介手数料が不要(0円)

・価格交渉は、直接取引なので交渉しやすい

(売主は在庫を持ちたくないのです)

 

仲介物件は土地の販売価格にプラスして仲介手数料が取られるので、ホームページ上では「安い!」と思っていても実際には割高になってしまうケースがほとんどです。

 

売主物件なのか、仲介物件なのかはぜひ土地情報をチェックする際の参考にしてみてください。気になる物件がある場合は直接不動産会社に、最終的にいくらかかるのかを問い合わせてみることも必要かもしれませんね。

 

 

続きをよむ