くらす(2018年2月)

2018.02.19はたらく母の想い育児休業

福井県は共働き率が高く、働くお母さんがたくさんいますね。

 

日本ではまだまだ3歳児神話の考え方も根強く、お子さんを保育園に預けて働くお母さんの中には、周りの人から「まだ小さいのにかわいそう・・・。」なんて言われて落ち込んだことがある方もいらっしゃるかもしれません。

私も泣いて縋る我が子を振り切るように出勤した日なんかは、自分はこれで正しいのか分からず「かわいそう」の言葉を思い出しては涙が出ることもありました。

 

残業なんかしちゃうと、1人で待っている我が子の姿を想像しては胸が締め付けられて苦しくなったり・・・。

 

職場復帰直後の私は、本当に毎日が辛かったです。

全く余裕がありませんでした。

ひょっとしたら、今まさにそんな状況のお母さんもいるかもしれませんね。

 

でも実は、3歳未満のお子さんを養育する場合、申し出ることによって所定外労働を制限するといった制度だったり、同じく3歳未満のお子さんを養育する場合、申し出ることによって勤務時間を短縮できる制度があったりなど、産前産後休業や育児休業だけではなく、職場復帰してからも利用できる制度がたくさんあります。

 

お勤めの会社によって運用方法は異なりますので、一度、育児介護休業規程なんかをじっくり読んでみるといいかもしれません。(意外と面白いですよ。)

 

無理だと思っても、すぐに退職を考えるのではなく、そういった制度を利用しながらお仕事を続ける方法もあるのかなと思います。

 

辛くて下ばかり見てしまう時期もあるかもしれませんが、色々な制度を利用しながら、助けてもらいながら、「あの時は大変だったけど、おかげで助かりました!!」って笑って言える時が来たら素晴らしいなと思います。

そして制度利用の経験者として、次の人にアドバイスする事でお母さんも働きやすい職場環境ができていくのかなと思います。

シナジー経営株式会社 北出経営労務事務所

続きをよむ

2018.02.13知りたい物件情報の見方

土地探しをする時に不動産会社や物件を扱うインターネットサイトで必ず目にする物件情報。

その物件情報を見るときにどこに注目してみていけば良いのか、そもそもこの用語はどういう意味なのかを簡単にまとめてみましたので、物件情報を見る際の参考にしてみてくださいね。

  • 地目 敷地が、宅地かもしくは農地や山林であるかの区別を表示。農地の場合、住宅を建築するなど農地の持ち主が変わったり農地の用途を変えたりする場合にはそのための手続きが必要になります。(この手続きを「農地転用」と呼びます。)手続きには費用がかかりますので、土地代プラスいくらかかるのか、地目が農地かどうかは確認しておくと良いでしょう。
  • 都市計画 都市計画法で定めるどの区域かを表示。市街化調整区域は、原則一般住宅の建設は不可。
  • 用途地域 都市計画区域内の市街化区域は12種類の用途地域に分けて、建築できる建物の種類や面積、高さ等を規制しています。
  • 建築条件 敷地を取り扱う業者の指定するビルダーで建築しなければならない条件のこと。ビルダーが指定されてしまいますが、土地の契約から建物の完成まで一貫してお任せできるというメリットがあります。特に建築会社にこだわりがないのであれば、その会社の展示場を見学するなど、一度チェックしてみてから判断するのも一つです。
  • 建ぺい率 敷地に対してどれくらいの割合で建物が建てられるのかを示すもの。計算方法は「建築面積÷敷地面積」となります。
  • 容積率 敷地面積に対する延床面積のこと。つまり家全体で、どれほどの床面積を確保できるのかを示しています。

続きをよむ

2018.02.05土地区画整理事業って何?

土地区画整理事業」という言葉は聞いたことがありますか?

 

簡単に説明すると、昔ながらの古い街並みや細く曲がりくねった道路を、快適・安全で住みやすくなるように道路をまっすぐにしたり、公園や広場をつくったりしてきれいに街並みを整える事業の事です。

 

私たちが暮らす福井県では具体的にどこのエリアが土地区画整理事業を行ったかというと、

○エルパ近くの大和田・高柳エリア

○灯明寺・舟橋エリア

○森田エリア(現在、施工中)

等が挙げられます。

 

事業前(Before)

▲細く曲がりくねった道路、家から車を出すのも、お子様の毎日の通学も危険

▲公園などの子供の安全な遊び場が少ない

 

  • まっすぐで広い道路で安全
  • 近くに公園などの公共施設ができる

 

きれいに整備された土地区画整理事業のエリアは、景観も美しく、新しい土地で新しい暮らしを求めている方にはまさにぴったりの場所になります。

 

土地探しをこれからお考えなら、参考材料の一つにしてみてくださいね。

続きをよむ
12