くらす

2018.11.14【特集】この時季 送りたいギフト!

こんにちは。

 

BENTOです!

 

最近は寒い日が多くなってきましたね。

 

今日はこれからの時期に送りたいギフトをご紹介します♫

 

 

 

 

・上水園 温茶   800円

・soulsoils ジンジャーティー   1080円

・潮風のイリノザトウ   500円

・強戸窯 急須   6700円

・湯呑み   各1800円

 

 

寒い時期に、温かいお茶のセットなんていかかでしょう?

 

 

 

 

 

上水園の温茶。

 

宮崎県の太陽と土と水に恵まれた場所で、

 

植物のバイオリズムに合わせてつくるお茶。

 

茶葉の甘みや旨み溢れるお茶ですよ♫

温茶の他に、水出し茶や

 

水出し茶を、超高温の300度で焙煎した焙煎茶もございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

soulsoilsのジンジャーティー

素材は有機栽培の生姜と紅茶。

 

香り高く強さのある生姜が5割も入っているので、

 

身体もポカポカになりますよ。

 

ストロングジンジャーの、

 

インパクトのあるお味も◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山のミネラルを含んだイリノザトウ。

 

小腹が空いた時や、紅茶やコーヒーに入れたり

 

お料理に使っても。

 

すっきりとした、えぐみの少ない黒糖です。

 

 

 

 

 

 

 

 

急須と湯のみは、群馬県で作られている強戸窯。

 

1300度まで温度を上げた窯で焼かれるので、

 

独特の力強さとあたたかみが生まれるそうです。

 

同じ柄でも、一つ一つの表情が違うのも

 

おもしろいですよ♫

湯のみも色んな柄があります♫

 

 

 

お茶碗も色々。

 

お皿は少し深みがあるので、

 

とても使いやすいです◎

 

お料理も楽しくなってくる季節ですよね♫

 

 

 

 

他にも色々ありますので、ぜひ気軽にお声かけ下さい。

 

ご来店お待ちしております♫

 

続きをよむ

2018.11.06【くらしコラム】さつまいもが、欲しいもん!

どうも。ダジャレが大好き八百屋テクテクです。

 

 

青果業界っていうのは不思議なもので、どうもダジャレが好きな人が集まるようなんです。

 

「このメロン食べてみて~美味しさにメロンメロンになるよ~!」

 

「このカブ、美味しくて、カブっって食べちゃうよ」

 

「ぶどう、一粒どう? ひとつぶどう?」

 

だなんて、八百屋さんは大体そういってお客さんに声をかけて、お客さんをいつも苦笑いさせています。

 

 

 

 

私がペーペーの若いころは、そんなくだらないダジャレを言って笑うオンチャンに辟易しておりまして、

 

私は、ダジャレなんて死んでもいうもんか、だなんて思ってましたけど、

 

今ではもう、わざわざ、こうして多くの人の目に留まるコラムで、

 

ダジャレを言うようになってしまいました。

 

歳月というのは怖いですね。

 

 

 

 

 

 

さて、さつまいもが、欲しいもん、って言いたい時期になってきましたね

(ここで強引に本題に入っていきます)

 

 

お店では、さつまいもがたくさん並び始めました。

 

さつまいも、とヒトクチに言っても、品種によって特徴が違います。

 

この時期スーパーなどにいくと、さつまいもだけで一つのコーナーに

 

なっているところも珍しくありません。

 

 

 

 

いや、大根や白菜だって、いろんな品種があるんです。

 

それこそ、100や200といった単位で、細かく品種が登録されているんです。

 

でも、スーパーの野菜コーナーにおいて、

 

大根や白菜が品種別にズラーッと並ぶ光景を、私は見たことがありません。

 

でも、さつまいもだけは、ちゃんとコーナーがあります。

 

それだけ、さつまいもは品種によって特徴があるんですよね。

 

 

 

 

少し話はそれますが、

 

普段私たちが呼んでいる「いも」は、

 

すごく大きなくくりだということに気が付いていましたか?

 

じゃがいも、さといも、さつまいも

 

これらのことを、みんな「いも」と呼んでいます。

 

でも実は、植物学的にはまったく違うものなんですよね。

 

じゃがいもは、ナス科ナス属。

 

さといもは、サトイモ科サトイモ属。

 

さつまいもは、ヒルガオ科サツマイモ属なんです。

 

例えるなら、トマト、りんご、みかんをすべて「トマト」と呼ぶのと同じレベルなのです。

 

こう考えると、いも一つの世界にも、かなりの奥行きがあるような気がしてきませんか?

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

じゃがいもは、「薯」という字を当ててイモと読みます。馬鈴薯の薯ですね。

 

サトイモは、「芋」という字を当てます。芋は、もともとサトイモのことだったんですね。

 

そして、さつまいもは「藷」という字を当ててイモと読みます。

 

さつまいものことを甘藷(かんしょ)などと言ったりします。

 

さぁ、いますぐスマホなどで「イモ」を文字変換してみてください。

 

この3種類が必ず出てきます。

 

 

イモのウンチクに付き合っていただいて、どうもありがとうございました。

 

お礼に、超美味しいさつまいもをご紹介いたします。

 

 

 

 

★紅はるか★

 

伝説とか、幻、とか言われるさつまいもです。

 

従来のさつまいもと比べても、桁違いの甘さです。

 

トースターなどで、200~300度の熱でじっくり時間をかけて熱してやると

 

さつまいものデンプンが糖に変わります。

 

そうして出来上がった焼き芋は、

 

この世のなによりも甘いスイーツです。

 

 

 

 

 

★安納芋★

いまやスイーツなどで見かける安納芋。

 

これ、正確にはサツマイモではありません。

 

安納芋という、別ジャンルの芋です。

 

蜜芋とも呼ばれています。

 

そのぐらい、甘いんですね。

 

紅はるかと同じく、時間をかけて熱してあげてください。

 

ネットリと甘い安納芋が楽しめます。

 

 

 

★なると金時★

 

福井のとみつ金時や石川の五郎島金時など、

 

各地にさまざまな金時いもがありますが、

 

その、すべての金時の原点にして頂点が、この、なると金時です。

 

読んで字のごとく、徳島の特産品で、高い技術で生産されています。

 

関西にある老舗の料理屋さんなどは、必ずこのなると金時を使用しています。

 

そのぐらい美味しさに定評があるさつまいもなのです。

 

焼き芋にしても美味しいし、天ぷらや豚汁などにしても、

 

さつまいもの美味しさが際立つ一品となっております。

 

 

 

続きをよむ

2018.10.27【イベント】11/3(土)開催 わくわくもったいないフェスタ2018

 

◎日時:2018113()10時~16

場所:ハピテラス屋根付き広場(福井市中央)

 

当日は、はぴりゅうがやってくる!!

 

福井市中心部でみんなが楽しめる総合的なリユースイベントを開催!

 

 

★☆★イベント内容★☆★

 

 

掘り出し物がいっぱい!多くの本に出会える大古本市

文庫本、単行本、雑誌、参考書、絵本など多彩なほんが揃っています。

ほんのリユースを通して、大切な資源を有効に活用しましょう!掘り出しもの多数です!

1:100円~(出店者によって異なります)

 

 

 

 

☆おもちゃドクターが想い出をよみがえらせる!おもちゃの修理を行うおもちゃ病院

おもちゃドクターが壊れたおもちゃを無料で修理します。

まだ使いたいのに大切なおもちゃが壊れてしまった…

そんなときはおもちゃドクターに相談してみませんか?

みんなおもちゃを持ってきてね!!

おもちゃの受付は13時まで!

 

 

 

 

☆家具や革製品を長く使えるコツがわかる!まちの修理屋さんによるお手入れ講座

修理のプロが「自分でできる修理・お手入れのコツ」を無料で教えてくれます。随時体験できます。

 

・10時~13時(家具)

生地の補修体験ができます。

家具に関する相談も随時受付!

 

・13時~16時(革製品)

くつ、かばん等の革製品のお手入れ体験ができます。

お手入れしたい革製品を当日持参して下さい!

 

 

 

紙資源としてリサイクルしよう!雑がみのイベント回収

菓子箱や包装紙、封筒などは「雑がみ」として分別すればリサイクルできます。

燃やせるごみに捨てないで、紙資源として分別しましょう!

紙袋に入れたり、紙ひもで縛ったりして、家庭にある雑がみを持ってきてね!

※雑がみとは、新聞紙、雑誌、紙パック、段ボール以外の雑多な紙類のことです。

感熱紙(レシート等)、写真、防水加工されているもの、汚れがひどいもの等は対象外です。

 

 

 

いずれかのイベントに参加してくれた方にエコバックをプレゼント!

 

ブースでスタンプをもらって受付にきてね!

 

 

 

――問合せ先――

環境ふくい推進協議会(事務局:福井県安全環境部循環社会推進課)

〒910-8580 福井市大手3丁目17番1号

TEL:0776-20-0317

FAX:0776-20-0679

続きをよむ

2018.10.26【連載】本当に美味しいオリーブオイル、知っていますか?~後編~

★本当に美味しいオリーブオイル知っていますか?~前編~★はコチラをクリック!

 

 

 

そんなオリーブオイルの認識を変えた出来事が、中辻さんにはありました。

 

オリーブオイルの講習会で、品質のいいオリーブオイルに出会ったことです。

 

その講習会で、さまざまなオリーブオイルを試飲することになりました。

 

ひとくちにオリーブオイルといっても、例えば日本酒の事情と似ていて、

 

産地や銘柄によってさまざまな特徴や方向性があります。

 

例えば、青いトマトの香りがするオリーブオイルは、トマトなどナス科の果菜と相性がいい、などです。

 

そこには、繊細な違いがある豊かなオリーブオイルの世界が広がっていたのでした。

 

その講習会の合間に、講師の先生が欠陥オイルを混ぜたものを差し出してきました。

 

欠陥オイルとは、例えば抽出されてから時間がたったものや、傷んだオリーブの実を抽出に使っていたりと、

 

食用に向かないオイルのことです。

 

そのオイルに口をつけた中辻さん。とても驚いたといいます。

 

 

 

『ああっ!これ、いつも使っているオリーブオイルだぁ!』

 

 

 

先の日本酒のたとえになぞるなら、

 

酒蔵の杜氏さんがこだわって作った日本酒と、

 

醸造アルコールで薄めた大量販売用の日本酒があるように、

 

オリーブオイルの世界でも、事情が同じようです。

 

オリーブオイルをまともに作ろうとした場合、オリーブの実の品質をはじめ、

 

さまざまなことに気を配らなければなりません。しかしそれだとコストがかかる。

 

安価での大量販売のためには、

 

コストを抑えるためのある意味「企業努力」をする必要があるわけです。

 

 

 

 

いいオリーブオイルとの出会いもあり、オリーブオイルに魅了された中辻さん。

 

同時に、こういう環境にあるオイル事情に対する問題意識も芽生えていったそうです。

 

 

 

『オリーブオイルソムリエの資格取得によって、

いいオリーブオイルを見分けることができるようになりました。

でも、それで終わりでいいのかな、って思うようになってきて。

いいオリーブオイルを手に入れるために、東京まで出かけていって、

いいオリーブオイルを見極めて…

それって、福井に住んでいる人で、

いいオリーブオイルが欲しい、って思っている人にはハードルが高い話ですよね。

身体を壊している方などは特に、オイルに気を使いたいと考えている方が多いんですけど、

現状ではなかなか難しかったんです。

だから私が、福井で唯一のオリーブオイルソムリエとして、

いいオリーブオイルが必要な方に提供することを始めようと思ったんです!』

 

 

 

 

まだ誰も福井でオリーブオイルソムリエがいなかったので…、

 

 

 

と照れたような笑顔を向けながら、中辻さんはおっしゃられました。

 

中辻さんのお話はとても丁寧にまとまっていて、つい聞き入ってしまいました。

 

まるでラジオ番組を聴いているかのようです。

 

ここまで長々と書いてきて、こんなことを言うのもなんですけど、

 

私がこうして文章に書き起こすよりも、

 

インタビューの内容を録音したものをそのまま発表したほうが、

 

はるかにわかりやすいんじゃないかと思うほどでした。

 

中辻さんは、それもそのはず、いいオリーブオイルを広めるための活動を通じて、

 

テレビやラジオなどに多数出演された経験があるのです。

 

いやそれ以上に、私が中辻さんから感じた魅力があります。彼女の明るさと元気です。

 

中辻さんの活動は、

 

dewwのホームページやフェイスブック、インスタグラムなどで拝見することができるのですが、

 

本当に多くのイベントで活躍されています。

 

その活動の多さもそうですが、こうして面と向かってお話をさせていただくだけで、

 

とても楽しくなりますし、元気や勇気をもらえたような気がしました。

 

 

 

 

『いいオリーブオイルを扱いたいという想いがあったので、

私は産地のスペインまで行って買い付けを行っているんです。

そこで生産者の方と直接お会いして、お話を聞くことから始めました。』

 

 

 

 

 

オリーブオイルの銘柄がいくつもあるように、生産者の方も十人十色です。

 

安く大量に販売したいとお考えの方もいますし、

 

こだわり抜いて品質のいいものを作りたいとお考えの方もいらっしゃいます。

 

中辻さんは、生産者の方と直にお会いし、ヒアリングし、同時に自分の想いを伝えることで、

 

想いが合致した生産者さんのオリーブオイルを取り扱うようにしたそうです。

 

 

 

 

『でも私は、疑り深い性格で…。』

 

 

 

 

と中辻さんは悪戯っぽい顔をしました。

 

 

 

『この人の言ってることは本当なのだろうか、もし本当にやましいことがないのなら、

工場の中まで見せてくれるはずだ、って思ってて。

だから生産者さんにお願いして、プレスする機械とか、

遠心分離機とか、タンクの中とか、欠かさずチェックさせてもらってるんです。

こうして自分の目でちゃんと確認して、

十分に信頼できる方だなって判断できたら、お取引をするようにしているんです。』

 

 

※オリーブオイル工場にて、疑り深い目(笑)で、工程をチェックしています。

 

 

 

疑り深いので…と申し訳なさそうに話す中辻さんですが、

 

私が思うに、取引する相手のことを丹念に調べることは、けっして悪いことではありません。

 

むしろ、信頼関係を築くうえで、とても重要なことだと思うんです。

 

本当に真面目に作っている生産者さんからすると、

 

こだわりを直に見てもらって、納得して取引してもらえるのは、嬉しいことだと思います。

 

生産者さんからの信頼を得ることにもなります。

 

 

 

『私がおすすめしているオリーブオイルは、あまりクセが強くないものです。

なので、洋食はもちろん、和食にも合わせやすいですよ。』

 

 

 

終始笑顔でお話をしてくれた中辻さん。

 

 

 

いい品に出会うには、いい生産者を見極めることも大事ですが、

 

いい生産者やいい品を見極めてくれる、いい販売者を見つけることも、

 

同じぐらい大事なことだと思います。

 

 

幸運にも私は、中辻さんという優れた販売者に出会うことができました。

 

中辻さんと、中辻さんのオリーブオイルに出会えたことで、

 

私は美食と、元気と、健康に対する意識をもらうことができたのです。

 

 

八百屋テクテク(酒井)文

 

続きをよむ

2018.10.25【特集】乾燥の気になる季節にアロマの加湿器を!

こんにちは!あかりとかおりの専門店jIN スタッフの久保田です。

 

すっかり寒くなりましたね…。

 

服装も秋服や冬服となり、「すっかり寒くなりましたね」とか打ち込みながら

 

秋・冬の流れに乗っているような顔をしていますが、

 

私の部屋はいまだに扇風機が出しっぱなしとなっております(片づけがめんどくさい)。

 

本格的に寒くなる前に何とかして片付けていきたいです。

 

 

 

さて、

 

 

 

肌や喉、目など、この季節は何かと乾燥が気になってきますね。

 

特に喉の乾燥は風邪に繋がりやすく、喉の痛みから症状がスタートし始めるなんて事も…!

 

そんな時期におすすめなのが、アロマ加湿器です!

 

 

 

アロマミストディフューザー クオーレ

タイマー機能:1時間/2時間/4時間

8,208円(税込)

 

 

豊富なミスト量で、アロマの香りと加湿を楽しめるディフューザーです♪

 

約500mlの水が、だいたい4時間くらいで全部なくなるくらいの加湿をします!

 

天然精油ならどんなアロマを使ってもOK!

 

 

 

 

ですが、せっかくなので風邪予防に特におすすめなアロマもご紹介します。

 

 

画像右から

ブレンドオイル「ハッピーノーズ」

ブレンドオイル「ユーカリブレンド」

各10ml 1,620円(税込)

 

 

 

ハッピーノーズは、鼻に抜ける爽やかなハーブの香り。

 

風邪のシーズンだけでなく、花粉症の方にもおすすめなスーッとした香りです!

 

ユーカリ・グロブルス、マートル、レモンのブレンドです♪

 

 

 

ユーカリブレンドは、清涼感のあるハーブミックスブレンド。

 

お部屋の空気をリフレッシュしたいときにおすすめ!

 

ユーカリ・ラディアータ、ティートゥリー、ライム、マヌカのブレンドです♪

 

 

 

お部屋でスーッとした香りを焚いて、リフレッシュしながら加湿しちゃいましょう!!

 

 

 

Instagramも是非ご覧になってみてください♪

 

https://www.instagram.com/akaritokaori/

続きをよむ
12345...10...