くらす

2019.03.19【くらしコラム】春は目覚めの季節!ヨガとデトックスで身体を整えよう

こんにちは。

 

ヨガインストラクターで、国際薬膳食育師の髙橋 絵麻です。

 

すっかり春の陽気で、空の青さが気持ちいいですね!

 

冬の寒さもやわらぎ、身も心も弾んだ毎日を過ごしたい!

 

とワクワクしている方も多いと思いますが、

 

実はこの時期、自律神経系の不調や花粉症など不調を抱えやすい時期。

 

・やらなきゃいけないことは溜まってるけど、なんとなく身体が重だるい。

・やたら眠くて、寝ても疲れが取れない。

・鼻が詰まっていて頭が常にボーっとしている。

 

そんな方にもヨガは本当におすすめ。

 

東洋医学では、春は『肝』の気がたかぶりやすい季節なので、

 

『肝』を補養することが大切と説いています。

 

東洋医学でいう『肝』の働きは、西洋医学でいう肝臓の働きと全く同じというわけではなく、

 

肝臓の本来の働きである血液の貯蔵、分配、解毒などのほかに、

 

目や筋肉、情緒のコントロール機能などまで広範囲にわたっています。

 

『肝』の気は上昇する性質をもっていますが、春の陽気に刺激されて肝気がのぼり過ぎることがあります。

 

それが、目の充血や頭痛、イライラ、不眠症、情緒不安定、血圧が上がるなどの症状になるのです。

 

また、肝はホルモンバランスと関係が深いので女性の生理不順が起こりやすいのも、この季節です。

 

春を快適に過ごすために

 

●適度に運動をして、ストレスをためないように。自分に優しく気分転換を。

 

●寝る前に好きな香り、好きな音楽などでリラックスさせ、呼吸を穏やかにしてみましょう。

 

●早寝・早起きで体内リズムを整えて。朝陽を浴びて深呼吸したり、朝のお散歩もおすすめです。

 

●旬の野菜や山菜をたっぷりとって、デトックス。血液を浄化しましょう。

 

 

<オススメなヨガポーズ>

 

●呼吸法

①尾骨から背骨、頭頂までをすっと伸ばすように座ります。

②鼻からゆっくり息を吸い込み、お腹を膨らませていきましょう。

③鼻から細く長く息を吐き出しながら、お腹を凹ませていきます。

 

 

呼吸を整えることで精神を落ち着かせ、身体のバランスを調整し、内臓脂肪を燃やす働きがあります。

 

20回ほど繰り返すと、身体や心のスッキリ具合に気付くはず。

 

 

 

●キャットアンドカウのポーズ(猫のポーズ)

①四つん這いになり、肩の真下に手、腰の真下に膝をおいていきましょう。

息を吐きながら、骨盤側から少しずつ背骨を反らし、最後に頭を上げます。

 

 

②息を吸いながら、骨盤側から背骨を少しずつ丸めていき、お腹をグッと引き上げます。

 

 

背中を反る→丸める動きを5回繰り返してみましょう。

 

ポイントはスタートした肩とお尻の位置を変えずに行うこと。

 

背骨周辺の筋肉をやわらかくすることで自律神経が整いやすくなります。

 

背中の柔軟性を高め、胸が開きやすくなるので、呼吸がしやすくなり気持ちも明るくなるポーズです。

 

 

 

●猫の伸びのポーズ

①四つん這いの姿勢で準備します。

両足のつま先は立て、息を吸いながら、両手を前方へと伸ばしつつ、お尻を天井に突き上げていきましょう。

②息を吐きながら胸と顎を床に近付けていきます。

(両手は肩幅かそれより少し広いくらいの位置におきます。)目線は両手の間を見ます。

③深い呼吸を繰り返しながら、吸う時には背中にも新しい酸素が行き渡り、

吐く時に胸を下におろしながら、胸の広がりや、脇の伸びを感じていきましょう。

ゆったりと5~10呼吸を目安に行ってみます。

 

 

ポイントは首を詰まらせないように、手の位置を調整すること。

 

頭とお尻を引っ張りあいっこするようなイメージで背骨を気持ちよくしならせていきましょう。

 

脇を伸ばすことは首こり、肩こりにも効果的。

 

気持ちいいポイントを、身体の内側から感じていきましょう。

 

 

 

春先は入学式、入社式、歓迎会など、晴れやかな行事も多く、

 

緊張からストレスで胃腸トラブルを起こしやすい季節です。

 

腸を丈夫にするには、腸内細菌をしっかりコントロールし、

 

しょうゆや味噌、納豆、漬物などの発酵食品がおすすめ。

 

腸は免疫に関わる臓器です。腸内環境を整え免疫機能を高めると、

 

花粉症などのアレルギー反応を軽減することにも繋がるでしょう。

 

また、酸味をもつ食物や、春が旬のセロリやせり、あさり、はまぐり、帆立貝など、

 

肝の働きを調節してくれる作用をもつ食物をとるとよいでしょう。

 

逆にダイエットにはとても効果的な季節。身体の毒素や老廃物は外に出やすく、

 

春の陽気からアクティブに動き出したくなるため、身体はエネルギー燃焼モードに入ります。

 

しっかり身体を動かして、夏の暑さを乗り切る体力作りをスタートさせましょう!

 

春の養生とヨガで、健やかに新しい生活がスタートできますように。

 

続きをよむ

2019.03.19【特集】WiLスタッフおすすめ本 ~心を元気にしてくれる本~

 

 

「孤独を生きる言葉」

 

「暮らしの手帖」元編集長、松浦 弥太郎さんの『孤独を生きる言葉』を紹介します。

 

 

一人でいる時やコミュニケーションがうまくいかなかった時、どうしようか迷った時など、

 

背中を押してくれるような心にしみる150の言葉たち。

 

タイトルに反して明るくPOPな装丁で思わず手に取り、

 

「そういう風に考えればいいんだ」と心に訴えかけながら一気に読んでしまいました。

 

 

たとえば、「いちばんの先生」は日々、出会う人たち。という言葉。

 

読書や仕事で学ぶことはできるけれど、いちばんの先生は「毎日出会う人たち」。

 

すぐれた人だけでなく、不愉快な人も風変わりな人も、

 

出会う人は誰もがみな先生、と松浦さんは教えてくれます。

 

物事の見かたや考えかたが変わり、気持ちが楽になる1冊です。

 

ぜひ、手に取って読んでみてください。

 

 

 

著者  松浦 弥太郎

発行者 小野寺 優

発行所 株式会社河出書房新社

発行日 2017/12/30

 

続きをよむ

2019.03.17【特集】花粉の時期に飲みたくなるお茶

こんにちは、BENTOです!

 

近頃は暖かい日も増えてきて、

 

少しずつ春に近づいてきていますね。

 

四季の中で春が一番好きな私ですが、

 

花粉には毎年悩まされています…

 

という訳で、

 

今年もまた阿波晩茶を飲み始めました!

 

阿波晩茶…みなさんはご存知でしょうか?

 

 

徳島県の二つの地域のみで作られる阿波晩茶。

 

その作り方は

 

なんと、数百年来変わらず受け継がれています!

 

茶葉を摘み、茹で、摺り、樽に敷き詰め乳酸発酵させたお茶なのです。

 

袋を開けると

 

 

太陽で天日干しされた茶葉がガサッと入っています。

 

やかんや急須に入れて煮出しても

 

冷たいお水で水出しにしても

 

どちらも美味しくいただけます♬

 

 

味は中国茶に近い感じでしょうか…

 

水出しだと酸味が少なく、よりさっぱりした味になります。

 

カフェインや苦味成分もすくないので、

 

お子様や妊婦さんでも安心して飲めますよ♬

 

乳酸発酵したお茶…珍しいですよね!

 

その発酵パワーには、

 

・花粉症やアレルギーを軽減

・血糖値の上昇を抑えるので糖尿病予防

・腸内の環境を整えてくれるので、便秘改善や美肌効果

 

などの身体に嬉しい効果がいっぱい♬

 

花粉の時期以外にも飲みたくなるお茶ですね。

 

 

乳酸発酵茶の、阿波晩茶

 

ぜひ皆様も一度お試しください♬

 

続きをよむ

2019.03.16【くらしコラム】君と出会った奇跡がこの胸に溢れてる

栄養素の話です。

 

ビタミンACEってご存知ですか?

 

ビタミンは身体の調子を整えてくれる作用があるんですけど、

 

なかでもビタミンA、C、Eはお互いを助け合う、相乗効果があるんです。

 

ビタミンAは粘膜を作るので風邪やウイルスを予防してくれます。

 

ビタミンCは肌荒れなど身体の壊れた部分を修復してくれます。

 

ビタミンEは強い抗酸化作用があり、身体の老化を防いでくれます。

 

この3種類のビタミンを同時にとることで、身体の中で連携しあい、

 

それぞれの仕事が効率的に行われるようになるのです。

 

その結果、それぞれの効果が増幅するんです。

 

では、このビタミン3種は、どこからとれるのでしょう?

 

 

そうですね。八百屋さんが書いてる記事なので、

 

だいたい野菜からとれるんでしょ? って思っている方、正解です。

 

 

ビタミンAは、にんじんやカボチャなど、カラフルな緑黄色野菜から摂取できます。

 

またこの色素を持つ野菜はβカロテンを保有しています。

 

このβカロテンは、必要な分だけビタミンAに変換してくれます。

 

ビタミンAは、野菜以外にもさまざまな食品に含まれており、

 

食生活やサプリによっては、むしろ過剰気味になるビタミンなので、

 

こういうことろも野菜の嬉しいところですね。

 

 

ビタミンCは、ほうれん草や小松菜などの葉物野菜、じゃがいもやサツマイモなどイモ類。

 

ピーマンやトマトなどの果菜類、大根などの淡色野菜にも多く含まれています。

 

まあ、実はどんな野菜にも含まれているんです。

 

ビタミンCは人間だけでなく、植物にとっても必要な栄養素ですので。

 

 

そしてビタミンE。これが多少厄介なんです。

 

ゴマやナッツ、アボカドなどの、木の実に多く含まれているのですが、

 

食卓でナッツやアボカド、頻繁に出てこないですよね。

 

意識的にとろうとしないと、ビタミンEに関しては、取りきれないものなのです。

 

 

そんなビタミンEですが、実は、オリーブオイルに多く含まれているんです。

 

普段使うオイルを、オリーブオイルにするだけで、

 

ビタミンACEが効率よく摂取することが、できるようになるのです。

 

これはいいですね!

 

オリーブオイルは、お酢を加えるだけで簡単にドレッシングになってくれます。

 

ビタミンCは水と加熱に弱いので、なるべく生で食べたいところです。

 

そういう意味でも、オリーブオイルというのは野菜と相性がいいんですね。

 

 

もちろんサラダ以外にも、スープや炒め物などで、オリーブオイルは活躍します。

 

仕上げの香りづけに使ってもいいですし、炒め物用のオイルとしても

 

酸化しにくい性質があるので、優秀です。

 

カラフルな野菜たちと、オリーブオイルの出会い。

 

まさに、奇跡の組み合わせといっても、いいと思います!

 

続きをよむ

2019.03.15【特集】入学式、卒業式はぜひお着物で

よく質問を受けるのですが、

 

「入学式着物を着ようと思うのですが1人にならないですかね…」

 

というもの。

 

着物を着る方が多い順で言うと

 

①小学校入学式

②小学校卒業式

③中学校入学式

④保育園卒園式

⑤中学校卒業式

⑥高校入学式、卒業式、保育園入園式

 

です!

 

あくまでもたはんの着付け状況や、お客様にアンケートを取った統計なので、

 

地域柄や人口にもよると思います。

 

そして、④⑤⑥はとっても少ないので、1人になる確率は高いと思います。

 

ただでさえ慣れない着物姿。

 

1人だと心細いと思うのですが、我が子を祝う気持ちでいつでも着ていただきたいです!!

 

お着付けもお手伝いさせていただきますよ~

 

写真は春らしいお草履たちです♪

 

 

続きをよむ
12345...1020...