おしゃれ(2018年3月)

2018.03.31【連載】ミヤザキ靴店のブログ vol.4〜革靴は3足以上でローテーションした方がよい理由〜

ミヤザキ靴店の店主、宮崎です。
愛着あるお客様の靴を末永くご使用頂くためのワンポイントアドバイス。
今日は「革靴は3足以上でローテーションした方がよい理由」についてです。

(さらに…)

続きをよむ

2018.03.31【連載】ミヤザキ靴店のブログ vol.3〜家に帰って靴を脱いだら毎日してほしいこと〜

ミヤザキ靴店の店主、宮崎です。
愛着あるお客様の靴を末永くご使用頂くためのワンポイントアドバイス。
今日は「家に帰って靴を脱いだら毎日してほしいこと」についてです。

(さらに…)

続きをよむ

2018.03.31【連載】ミヤザキ靴店のブログ vol.2〜シューキーパーって何?〜

ミヤザキ靴店の店主、宮崎です。
愛着あるお客様の靴を末永くご使用頂くためのワンポイントアドバイス。
今日は「シューキーパー」についてです。

(さらに…)

続きをよむ

2018.03.30家事の負担を減らそう ~洗濯のちょいワザ編~

毎日の家事、大変ですよね。福井のご夫婦は共働きの方が多いので、特に負担は大きいはず。

少しでも負担を減らしたいですよね。この記事では、家事の負担を減らす「ちょいワザ」をご紹介。「洗濯」のポイントをお伝えします。

 

1:洗濯物が乾きやすいポイントは?

特に洗濯物は大変ですよね。冬はなかなか乾かず溜まってしまいがちです。

少しでも早く洗濯物を乾かしたいときは、ただ単に干せば良いわけではなく、いくつかポイントがあります。

まず洗濯物を干すときに確認するのが、

★湿度が低く、じめじめしていないか

★温度がある程度高いか

★風通しはあるか

の3つです。洗濯物を早く乾かすのにはとても重要な“三種の神器”のようなもの。どこに干そうか迷ったときは「湿度、温度、風通し」のバランスが取れている場所に干すのがベスト。

 

2:干す際のコツ

干す時のポイントは、洗濯物の間隔をあけ、太めのハンガーで干すことです。

細い針金ハンガーだと風の通りが悪く、乾くのが遅くなってしまいます。

また、外や室内、どちらに干す場合も衣類同士の間隔を最低10~15cmはあけて風通しを良くするだけで、乾きやすくなります。

 

3:イヤな臭い対策も

また、アイロンをかけてから干すと早く乾きます。

やり方は簡単で、湿っている洗濯物に、アイロンをかけるだけです。

メリットはこれだけではなくて、洗濯物の生乾きによる“イヤな臭い”を防ぐこともできます。臭いが気になるときは特に有効です。

 

まとめ

いかがでしたか?

どこに干そうか迷ったときは「湿度、温度、風通し」!

洗濯物を干す際の“三種の神器”を意識して、より快適な洗濯ライフを♪

続きをよむ
12