たべる(2019年1月)

2019.01.28【くらしコラム】良薬、口に苦くない

どうも。八百屋テクテクです。

 

「良薬口に苦し」ということわざをご存知でしょうか。

 

苦い薬ほどよく効く、という意味です。

 

ひいては、耳に痛い忠告ほど、自分のためになる、という意味として使われています。

 

しかし、美味しい薬があって、さらにそれが自分の身体のためになるのでしたら、

 

絶対そっちのほうがいいですよね!

 

という、本来言わんとしている意味からすると、なにやら梯子を外してしまうような話ですが、

 

とにかく、身体によく効く、美味しい「良薬」を、今回はご紹介したいと思います。

 

 

 

★人参……強い抗酸化力! カロテンの語源となった野菜!

人参といえば、カロテンですね。

 

カロテンは、英語のキャロットが語源なのだそうです。

 

カロテンは色素であり、強い抗酸化作用を持ちます。

 

また、色鮮やかであればあるほど、その効果が高くなるのです。

 

えっ。抗酸化作用って何なのか、ですって?

 

活性酸素っていう物質があります。

 

人間の体内で生成される物質で、ウイルスや菌をやっつけてくれる作用があるのですが、

 

この活性酸素、紫外線や喫煙、生活習慣の乱れなどで、ぶわっと増殖してしまうんです。

 

増えすぎるとどうなるのか。なんと、正常な細胞まで攻撃しはじめてしまうのです。

 

そこで活躍するのが、この抗酸化物質であるカロテンです。

 

カロテンは、増えすぎた活性酸素を抑制してくれるのです。

 

実は、野菜の体内でも、同じような現象が起きているのです。

 

野菜も自分の身体を守るために、ウイルスや細菌など、害になるものを感知すると、

 

ぶわーっと活性酸素を出して身を守ります。

 

しかし、活性酸素も毒ですので、出しっぱなしにしておくと自分の身体を壊してしまいます。

 

そこで活躍するのが、カロテンなどの抗酸化作用のある物質なのです。

 

カロテンは、自分の身を守るために身に着けた、植物の防御方法なのです。

 

このカロテンを美味しくいただくことで、私たちもまた、身を守ることができるというわけです。

 

にんじんはもちろん、かぼちゃ、モロヘイヤ、ほうれん草、さつまいもなど、様々な野菜に含まれています。

 

 

 

 

★にんにく……免疫力向上! アリシンの語源となった野菜!

アリシンは、にんにくの学名アリウムからとってつけられた物質で、

 

免疫力向上、殺菌効果、血液サラサラと、強力な効果があります。

 

にんにくは身体にいい、と昔から言われていますが、それはこのアリシンの効果だったんですね。

 

同時に、にんにくの強烈な匂いも、アリシンのせいです。

 

つまり、にんにくの香りがより強まるすりおろしが、

 

よりアリシンの力を強めてくれる調理方法なんですね。

 

このアリシンですが、たまねぎや白ねぎなどに含まれる硫化アリルという成分が、

 

空気に触れることでも出現してくれます。

 

水に弱いので、刻み葱や新玉ねぎなど、水にさらさなくても生で食べられるものは、生で食べてみましょう。

 

 

 

 

★ごぼう……食物繊維といえばこれ! 2種類の食物繊維を持つ!

食物繊維には、不溶性と水溶性があります。

 

腸の中を綺麗にしてくれ、老廃物を流してくれる効果があるのは、不溶性のほうです。

 

よく聞く食物繊維の効果といえば、不溶性のほうです。

 

腸の中が綺麗になると、代謝が上がるので、美容や健康、ダイエットに効果があります。

 

美容や健康、ダイエットのためには、食物繊維を多くとって、

 

常に腸の中を綺麗にしておく必要があるわけですね。

 

ただし、不溶性ばかりに傾いてしまうと、便が硬くなりがちです。

 

そこで活躍するのが、水溶性の食物繊維です。

 

この食物繊維は水を含んで、便を柔らかくしてくれる効果があります。

 

便が硬くなることによる便秘の方には、必要な栄養素です。

 

身体にとってどちらも必要不可欠な栄養素ですが、

 

その両方を多く含んでいるのが、ごぼうというわけなのです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

もちろん、今回紹介した野菜以外にも、身体にとって有効な成分をもつものがたくさんあります。

 

野菜の栄養素は、それこそ、書き出したらキリがないほどです。

 

ミネラルやビタミンは、身体にとって必要不可欠な栄養素です。

 

しかしながら、ナトリウムなど、過剰に摂取してしまうと身体に悪影響を及ぼす栄養素もあります。

 

良かれと思って摂取したサプリメントが、ビタミンやミネラルの過剰摂取を招いてしまった……

 

なんて話もたびたび聞きます。

 

野菜や果物は、その点、身体に必要な栄養素をまんべんなくとることができ、

 

過剰な栄養素は外に流れ出てしまいます。

 

また、食物繊維やファイトケミカルなど、

 

サプリメントだけでは補うのが難しいものも、野菜には含まれています。

 

長い間、人間とともに生きてきただけあって、人間の身体に非常に適した食べ物であり、「良薬」なのです。

 

続きをよむ

2019.01.24【特集】豆とくるみ『節分和菓子セット』

豆とくるみです。

 

もうすぐ節分ですね♫

 

季節の変わり目には魔鬼が出てくると言われ、

 

豆が「魔滅」の音に通じることから、「鬼は外、福は内」のかけ声で豆まきをする慣わしが始まったとか。

 

さぶやでは今年も節分セットを販売いたします。

 

可愛い赤鬼、青鬼、お福まんじゅう、五色豆のセット(税込1,000円)

 

 

店頭、もしくは お電話0776-54-1681 にてご予約を賜ります。

 

数に限りがありますのでお早めにどうぞ!

 

 

2/3以外の日のご注文でも大丈夫ですよ。

https://mametokurumi.com/

続きをよむ

2019.01.24【イベント】1/19(土)~2/24(日)丹南ジビエぐるっとフェア

 

福井県丹南地区でジビエ料理を楽しむ

 

【丹南ジビエぐるっとフェア】が始まりました!(2月24日まで)

 

池田町からは「喫茶香」「酔虎夢」の2店舗が参加!

 

抽選でお食事券のプレゼントもありますよ~😊

 

 

 

◎丹南ジビエぐるっとフェア公式HP

http://www.pref.fukui.jp/…/tan-…/tyoujyuu/h27gibierfair.html

 


◎喫茶香 

https://www.e-ikeda.jp/eat/p004003.html

 


◎酔虎夢 

https://www.e-ikeda.jp/eat/p004009.html

続きをよむ

2019.01.17【くらしコラム】劇的アフタービフォー

こんにちは。八百屋テクテクです。

 

今回は、八百屋さんの経験的に、

 

新鮮なものと、そうでないものの差がすごい野菜を紹介したいと思います。

 

普段、ご家庭で使う野菜事情って、

 

「あ~これは美味しそうな野菜!これで料理したら美味しそう!」

 

というよりも、

 

「ああっ、この野菜もうヤバイ!早く使わなくちゃ!」

 

的な、ギリギリのお野菜を使用することのほうが多いのではないのでしょうか。

 

 

鮮度劣化した野菜にお尻をつつかれて、もったいない精神で、お料理に使う。

 

せっかく新鮮な野菜を買ったはいいけれど、冷蔵庫にある古い野菜を先に使わないと、という意識が働いて、

 

なかなか買ったばかりの新鮮な野菜を使うところまでたどり着けない。

 

結局、数日たってしまい、ヘナヘナになってしまった……。

 

次の買い物でも新鮮な野菜を買ったけど、

 

この間の「かつては新鮮だった」ヘナヘナ野菜を使ってしまわなくちゃいけないので、

 

新しく買った野菜は、冷蔵庫で数日間の眠りについてもらうことに……。

 

 

 

 

わかります。とてもよくわかります。

 

「新鮮な野菜を使うぞー!」って意識していないと、こういう悪循環になっちゃうんですよね。

 

でもそれって、とてももったいないことです。

 

鮮度の高い野菜って、とても美味しいですし、なにより栄養価が高いんです。

 

 

というわけで、今回のコラムでは、鮮度が高い状態の野菜は、

 

そうでないものと比べて特別にすごいんだよ、ということを紹介したいと思います。

 

このことを知っていただくことで、

 

少しでも鮮度のいい、「ビフォー」のものを使うことに意識を傾けていただければと思います。

 

この悪循環を断ち切っていただくのに、少しでもお役に立てれば、と思います。

 

 

★ブロッコリー

ブロッコリーは、100g食べれば1日のビタミンCがとれるとされています。

ですが、収穫してから3日でそのビタミンCの量が半分ほどになってしまいます。

栄養価が非常に高いブロッコリーですが、その分、鮮度劣化も非常に激しい野菜なのです。

ブロッコリーは、生で食べる国もあるそうです。

そのとおり!とれたてのブロッコリーはえぐみも少なく、

さっと湯がいてボリボリ食べるのが一番おいしい食べ方だと個人的には思っています。

ですが鮮度劣化したものはえぐみもでてきますので、

このえぐみを除去するためにも、長時間茹でなければいけません。

長時間茹でることによって、残されたビタミンCも流出してしまいます。

大事にとっておいてもいいことないですね。

ブロッコリーはぜひ、新鮮なうちに食べてしまいましょう!

 

 

 

★スイートコーン

永平寺町の特産品でおなじみのピクニックコーンは、

生で食べられることで有名な、甘くて美味しいスイートコーンです。

ただし、生で食べるには条件があります。とれてからすぐ食べることです。

ピクニックコーン以外のスイートコーンも、実は、鮮度のいいうちは生で食べることができます。

ですが、流通に時間がかかるので、ほとんどの場合は、生で食べられる時間を過ぎてしまうわけです。

コーンは、鮮度が劣化すると、甘みとハリを失います。

あの甘さと、シャキシャキした歯ごたえは、新鮮であってのものなのです。

鮮度のいいピクニックコーンは、他県のひとでは味わえない贅沢品です。

時期になったら、ぜひ食べてみてくださいね!

 

 

 

★豆

インゲン、きぬさや、エンドウ、枝豆……みなさん、豆は好きですか?

あまり食べない? わかります。何が美味しいのかさっぱりわからないのだと思います。

でもそれは、鮮度が悪い豆を食べているからです。

豆は、鮮度劣化が非常に激しいのですが、

実は鮮度がいいかどうかを外から見分けにくいという、とても厄介な性質があります。

彼らは、おじいさんになっても、若いときのような平気な顔をしているのです。

なので、美味しい豆に出会いたいなら、すぐれた八百屋さんを見つけることが重要なのです。

正直、福井の豆は、鮮度のいいものは、めちゃくちゃ美味しいです。

私の妻は枝豆が苦手だったんですけど、福井に来てから枝豆が好きになりました。

福井は、がんばれば、美味しい豆に出会える土地なのです。

 

 

 

★ほうれん草

これは説明不要かもしれません。鮮度の高いほうれん草は、とても美味しいです。

まず色が違います。普通のほうれん草は茹でると深緑色になりますが、

鮮度が高いと発色して、光っているようになります。

私はこれを命の色と勝手に呼んでいます。

鮮度が高いほうれん草は生きており、お湯につけると発色して明るい色になるのです。

ほうれん草は、よく食べなれているかもしれませんが、

ここまで鮮度が高いと、別物となります。とても美味しいです。

ぜひ、鮮度がいい地元のほうれん草を食べましょう!

 

 

 

★きゅうり

栄養がない野菜として有名なきゅうり。

これで美味しく食べられなかったら、何をしてるかよくわからなくなってきますよね。

鮮度の高いきゅうりは、割るだけで水がジュっと飛びます。風味が素晴らしく、とても美味しいです。

マヨネーズだけで美味しく食べられます。

 

 

 

★キャベツ

普段食べているキャベツの芯は、どうしていますか? 苦いので捨てていますか?

でも、鮮度が高いキャベツは、むしろ芯が甘くて美味しいのです。

ぜひ、旬の、鮮度の高いキャベツに出会ったら、芯を試してみてくださいね。

細かく刻んでサラダにでもいいですし、お味噌汁などに入れると、柔らかくて食べやすいですよ。

 

 

 

★かぶ

かぶは、根も葉も食べられるので、普通は根も葉もつけて販売しています。

ただ、葉つきのカブは鮮度劣化が非常に早く、一日で葉がフニャフニャ、根もフニャフニャになります。

時期によっては、フニャフニャになったものしか販売していないこともあるので、

なかなか使う気になれない野菜かもしれません。

でも、鮮度のいいカブほど美味しいものはないと思います。

よく言うでしょ。思わず食べちゃう野菜だって。カブっ、と。なんちゃって。

カブは、本来は水分を豊富に含んだ野菜なんです。

この美味しい水分をいただくのが、美味しい食べ方です。

漬物にしてもいいですし、煮炊きに使えばとろけるぐらいに柔らかくなりますよ!

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ここでご紹介した野菜は、ほんの一例にすぎません。

 

野菜はほぼ、どんな野菜でも、鮮度がいいほど美味しい、の法則がなりたつのです。

 

美味しいものを食べたいという方は、

 

ぜひ野菜の鮮度を今まで以上に意識してみてはいかがでしょうか?

続きをよむ

2019.01.14【イベント】1/21(月)開催 テーマは花粉症!ランチ付き健康講座!

こんにちは。村カフェ とき です。

今回は、健康講座のお知らせです。

 

開催日: 1/21(月)

時 間: 10:00~11:00

 

株式会社玄米酵素の講師による花粉症をテーマにした健康講座を開催いたします!

 

花粉症の時期はまだまだ先…

 

でも花粉症対策は今からが大事です。

 

花粉が飛び始める前に、今からできる対策、花粉症に負けない身体作りをしませんか?

 

参加費 1,000円(まごわやさしいランチ付)

※ランチには花粉症対策メニューをお出しします。

 

花粉症の方も、食改善を考えていらっしゃる方も、そうでない方も、この機会に是非、一度聞きにいらしてください。

 

 

村カフェときhttps://www.instagram.com/tokimuracafe/

株式会社玄米酵素https://www.genmaikoso.co.jp/

続きをよむ
12