福井で暮らす女性のための情報サイト

くらしく ふくい

くらす

【くらしコラム】焼き芋が食べたい?まかせろ!

焼き芋が食べたい? まかせて!

 

ちょっと寒くなってきました。

焼き芋が美味しいシーズンになってきましたね。

 

「おかーん!焼き芋たべたーい!」


とか子供が言い出す頃じゃないかなと思います。


ましてや、都会では焼き芋ブームだそうで、テレビをつければ結構な確率で焼き芋特集やっていたりします。

焼き芋専門店もあるのだとか。すごいですね。

 

ところが、この福井では、残念ながら焼き芋専門店があるという話は、聞いたことがありません。

スーパーさんでも販売していたりしますが、タイミングが悪ければ、冷めてボソボソになっていることも。

 

どうせならやっぱり、焼き立てアツアツの、美味しい焼き芋が食べたいですよね!

 

もちろんお教えしますよ!八百屋さん直伝の、美味しい焼き芋テクニックを!

 

 

まず大事なのは、素材選びです。


サツマイモが収穫されるのは、夏の終わりに近い秋です。

野菜は鮮度が大事といいますから、その理論でいくなら、夏の終わりが一番焼き芋が美味しいんじゃないか、と思うかたもいるかもしれません。


しかし、実は掘りたての芋は、デンプン質と水分ばかりで、糖が少なくベチャベチャして美味しくありません。

 

サツマイモ農家さんは、掘った後、「キュアリング」という作業を行います。暗い場所で1ヶ月ほど寝かせるんですね。

サツマイモは掘った後は、なんかくすんだ色をしていますが、キュアリングをすると、鮮やかな紫色になります。

 

このキュアリングをすることで、デンプン質が糖になり、水気が適度に抜けます。焼き芋が美味しくなる条件が整うわけです。

 

秋口よりも、寒くなってきた今こそが、焼き芋の適切なシーズンというわけなんですね。よくできてますね~!

スーパーさんで販売している芋はちゃんとキュアリングしていますが、個人的に貰う場合などには、キュアリングができているか確認するといいですね。

 

 

そして、同じサツマイモでも、特に焼き芋に向く品種があります。

 

安納芋と、紅はるかです。

 

この二つは糖度が飛びぬけています。それに焼いた後のねっとり感。これも素晴らしい。

もし焼き芋をするなら、安納芋か、紅はるかを選びましょう。

(写真左:安納芋 写真右:紅はるか)

 

二つの違いですが、安納芋は、正確にはサツマイモではなく、安納芋という芋なんです。

 

そして、紅はるかは、安納芋とサツマイモを掛け合わせてできた、サツマイモの香りを残しつつ、糖度を安納芋並みに上げた品種なんです。

 

なので、安納芋が欲しい方は安納芋を、サツマイモの香りが好きな人は、紅はるかを選ぶといいでしょう。

 

さて、芋を用意しましたら、まずは両端を切り落とします。両端は焼いても食べにくいですからね。

そして水でよく洗った後、水をあまり切らずにアルミホイルに包みます。

 

この水気で蒸し焼きにしていきます。

 

こういうストーブがある人は、ストーブの上で40分。

ない人は、180度のオーブンで40分です。

 

時々ひっくり返しながら、じっくり、じりじりと焼き上げていきます。

この長い時間が、さつまいものデンプンを、ゆっくり糖に変えてくれます。

 

どうですか?

 

焼き芋食べたくなってきたでしょう?

 

焼き芋を買うと結構いいお値段するんですけど、ちゃんと選びさえすれば、生の芋を安く購入することができますし、自宅で簡単に作ることができるんです。

 

ぜひ、美味しい焼き芋、試してみてくださいね。

 

お店情報

店名
八百屋テクテク
住所
〒919-0465 福井県坂井市 春江町江留上新町3ホープテラスA
定休日
土曜日・日曜日 10:00~19:00

このお店のサイト

情報提供

八百屋テクテク

https://www.facebook.com/yaoyatekuteku

このお店の情報をもっと見る

  • INSTAGRAM
  • LINE

このお店の情報をもっと見る

人気のキーワード