福井で暮らす女性のための情報サイト

くらしく ふくい

くらす

【くらしコラム】美味しいごはんを作ろう

自分で言うのもなんですが、うちのごはん、超美味しいんです。

 

妻が作っても美味しいし、私が作っても美味しいです。

 

二人して、「美味しいね」って毎日言い合ってます。

 

 

私も妻も、料理を習っていたとか、修行したとか、

 

そういうのは一切ありません。

 

とくに、妻は私と結婚するまで実家暮らしでして、

 

私と暮らしはじめて、本格的にお料理をはじめたぐらいです。

 

お料理に苦手意識まであります。

 

そんな妻ですが、美味しいごはんを作ります。

 

不思議でしょう??

 

高級な調味料とか、そういうのを使っているわけでもありません。

 

レシピもたまに見ますが、そんなにキッチリと作っているわけでもありません。

 

調味料の配分も、わりと大雑把です。

 

ちゃんと分量を守らなかったりします(笑)

 

 

そんな私と妻ですが、

 

実は、料理をつくる上で、一つだけ気を付けていることがあります。

 

それは、素材の味を活かす、ということです。

 

なんだか、プロっぽいことを言い出したぞ…

 

と思われるかもしれませんが、いやいや、そんなに構えないでください(笑)

 

素材の味を活かす、ということはつまり、逆に言えば、

 

「素材の味を殺さないように調理する!」

 

ということです。

 

 

たとえば

 

・甘いキャベツは甘みが抜けないよう、刻んでからは水に浸さない

・ほうれん草など葉野菜はシャキシャキさせたいので、ゆですぎない

・ホクホクじゃがいもは、水が出るものと一緒に調理しない

・野菜は塩を振ると水が出るので、炒めて余計な水分を飛ばした後に塩を振る

・ネギなどの香味野菜は香りを活かすため、出来上がる寸前に加える

・レタスをサラダにする場合、シャキシャキした新鮮なものを使う

 

などです。

 

新鮮なレタスを使ったサラダは美味しいに決まっていますし、

 

ホクホクのじゃがいも、甘いキャベツ、シャキシャキのほうれん草など、

 

野菜そのものが美味しければ、味付けがたとえ適当であっても、

 

美味しく食べることができます。

 

当たり前といえば当たり前ですね。

 

このように、素材の美味しさを最大限に活かしてやれば、

 

美味しいご飯が簡単に作ることができるのです。

 

 

でもこれは、野菜の特性……つまり、野菜の知識がある程度ないと

 

難しいことかもしれません。

 

逆にいえば、野菜の特性さえ一度理解してしまえば、

 

多種多様な、どんな料理でも、どんなレシピでも、

 

対応することができるようになるんです。

 

 

料理上手の近道は、

 

野菜の特性を知って、美味しさを最大限生かす調理をしてあげること。

 

これが大事だと、八百屋的には思っています。

お店情報

店名
八百屋テクテク
住所
〒919-0465 福井県坂井市 春江町江留上新町3ホープテラスA
営業時間
土曜日・日曜日 10:00~19:00

このお店のサイト

情報提供

八百屋テクテク

https://www.facebook.com/yaoyatekuteku

このお店の情報をもっと見る

このお店の情報をもっと見る

人気のキーワード