くらす(2018年3月)

2018.03.31家事をグッと楽にする!住まいの動線を考えよう

みなさんやっぱり家事って大変ですよね。

あっちに行ったりこっちに行ったり、毎日大忙し(´Д`)

もし家づくりをするなら、その間取りによって家事が楽になるといいですよね!

この記事では、家事をグッと楽にする!住まいの動線についてご紹介します。

 

家事動線を考えるときに大切なキーワードは、ずばり『移動距離』です。

■実は一番大変な”移動”

家事をするときを思い出してみてください。

炊事・洗濯・掃除どれをとっても『移動』が必要ではないでしょうか。

食材をキッチンまで運ぶための移動、掃除用具を用意や掃除機のコンセントをつなぐための移動、洗濯物を干場まで運ぶための移動…

行動と行動の間には”移動”がつきものです。

 

つまり、この移動距離=移動時間が短くなればなるほど、楽になるはず!

そしてなにより間取りで最も改善できるのもこの移動距離なんです。

 

でも全部が全部近ければいいのか?というとそうでもありません。

例えば、広々したキッチンがいいのなら必然的に他の場所への移動距離は延びるでしょうし、

家事を行う設備を全て1つの部屋へ、なんて訳にもいきません。

 

ここでポイントになってくるのは、家事の工程の何と何を並行して行うかです。

 

■料理⇔洗濯

例えば、料理と洗濯を並行して行う場合(具体的にあげるなら、鍋で煮込んでいる間に洗濯機のボタンを押したり、洗濯機をかけている間に調理作業をしたり)だと、キッチンと洗濯機を置く場所までの距離が近いといいですね。

逆にこれが、並行して行うわけではないのなら、キッチンと洗濯機を置く場所は多少離れていても問題はないのかもしれません。

 

■まとめ

実際の行動パターンをよーく考えて、ぜひ自分にぴったりの動線を見つけましょう!

続きをよむ

2018.03.31新生活スタート!知っておきたい、引っ越しした時の挨拶について

4月から新生活!新しく購入した土地に、念願のマイホームへが完成!

その後待ちうけるイベント…そう、「引越し」です。

見積を取ったり、生活品の購入や家電・家具の購入など、準備することはたくさん!そして、「ご近所への挨拶」は欠かせません。

今回は、意外と知らない引越しの挨拶についてご紹介します。

 

 

1:挨拶のタイミング

工事を始める際には、建て主様と建築会社が事前にご近所挨拶にまわりますが、引っ越し後の挨拶も大切です。

引っ越し当日は大きなトラックが道を占領し、ご近所へ迷惑をかける可能性がありますよね。なので、挨拶は引っ越しの前日までにきちんと済ませ、ご迷惑がかかるかもしれない旨を予めお伝えしましょう。

 

2:挨拶に行く家はどこまで??

昔からよく言われることですが、“向こう3軒両隣”は欠かせません。町内会の会長さんや、班長さんといった方々に挨拶されていくのもいいと思います。

お子さんがいればご夫婦とお子さんで出向きますと、挨拶したお宅に同世代の子供さんがいらっしゃる場合、学校の話題など聞きやすくなります。

 

3:挨拶に欠かせないモノ・コトは?

挨拶に出向く際、手土産を持参しましょう。“ご挨拶”と書かれた“のし紙”付の菓子折りやタオル等が一般的です。引越しの日程(時間帯やトラックの数等)をお伝えして、その地域のごみ出しやルール、行事などをお聞きしておきたいところです。

 

まとめ

ご近所付き合いは非常に大切です。ご近所と良い関係を築けるか否かで、新しい環境での生活のしやすさがぐっと変わるかもしれません。挨拶は良いお付き合いの大きなきっかけになりますので、しっかり準備をして出向いてくださいね。

 

情報提供:くらしく編集部

 

続きをよむ

2018.03.31はじめましてくらしくです。福井に住まう女性のための情報サイトです。

はじめまして。くらしく編集部です。この度、2018年4月1日に 福井の女性のためのスマホメディア「くらしく」をOPENしました。 (*スマートフォンだけでなくパソコンでの表示も対応しております。)

「くらしく」は、ちょっとした“スキマ時間”に 1 分で読める情報をお届けするキュレーションサイトです。

福井県内のタウン情報や地元のイベント情報や、企業が提供する情報のほか、生活の知恵から生活者の悩みなど、毎日の暮らしをもっと楽しく!もっとステキに!「くらしく」という架け橋でつなぎ、地域の活性化を実現していきたいと願っています。

「今週末はどこにお出かけしよう?」「来週の女子会はどこにしよう?」といった女性の知りたい情報を目的別に掲載するほか、 “福井が好きだから、福井でがんばる!”といったステキな人物に フォーカスをあて、その仕事や生き方をインタビュー形式で紹介するコンテンツも展開していきます。

 

また、「くらしく」サイトオープンに際して現在、福井の魅力発信にご協力、お手伝いいただける「くらしく パートナー」(情報提供企業・商店や取材・原稿作成を行う一般ライター)を募集しております。

「あそこのお 店、取材して!」「福井で活躍してる人、知ってます!」などの口 コミ情報も大募集。

地元をみんなで好きになる、地元をみんな で応援する、そんな想いで「くらしく」を創っていきます。

どうぞ、これからの「くらしく」をよろしくお願いします。

続きをよむ

2018.03.30土地探し必勝レシピ-後編-

土地探し必勝レシピ-前編- では土地探しを失敗しないコツは「予算」・「土地」・「建物」 トータルで考える事だとお伝えしました。

では実際にどのようなステップで土地探しを行っていくのか?順を追って説明していきましょう。

 

<事前準備編>

  1. 家づくりに自分たちはいくら使えるか把握しよう

これからつくろうとしているマイホームは土地や建物を足すといくらかかるのか、また諸経費はどれぐらいなのか。もし、探している土地のエリアが決まっている場合は、不動産会社や建築会社に相談するのも一つです。

 

  1. 住みたい土地に対する要望を整理しよう

土地の相場や、子供の学校区、仕事場までの距離など、自分たちの希望のバランスを考え、どのエリアに、どのような土地を検討していくのか、優先順位をつけましょう。

 

  1. 参考になる住まいを見に行こう

土地探しと並行してどんな家づくりをしたいのかのイメージを具体化しましょう。それには実際の建築現場を見るのが一番。気になる建築会社があれば、見学会に足を運び、家づくりの考え方が自分たちにフィットするかを見極めていきます。

 

  1. 検討する会社を選定しよう

その建築会社は、きちんと「土地探しから一緒に取り組むことができるパートナーかどうか」を見極めましょう。情報の良し悪しはもちろん、連絡のタイミングや、会社の取り組みを確認することも重要です。

いかがでしたか?一番大切なのは、「予算」・「土地」・「建物」 トータルで考える事。そしてその全てを一貫して安心できるパートナーを選ぶ事が土地探し必勝ポイントです。色々な情報を集めながら、イベントに参加しながら、自分たちが安心して全てを任せられるパートナーを見つけてくださいね。

 

株式会社 エーシン

続きをよむ

2018.03.15土地探し必勝レシピ-前編-

住まいの計画をされる際、土地をお持ちでない方は、土地を購入されて家を建てることになると思いますが、ひょっとして下記のような状態で計画を進めていませんか?

■建物について十分に検討せず土地探しをしている。

■総予算に対して土地と建物の予算配分がはっきりわかっていない。

■土地は場所(エリア)が良ければOK。

 

このような状態で計画を進めると後悔するケースにつながる可能性大です。

従来、不動産会社に相談し、まず土地を購入して建築会社へ建物の相談にいくケースが一般的でした。

しかし建物のことを考えずに安易に土地を決めてしまうと、満足のいく住まいづくりに大きな影響がでる可能性が…

■土地購入に予算かけすぎて、希望の住まいづくりができない。

■土地購入費以外にかかる費用を知らず、後から思わぬ出費?

など失敗、後悔につながりかねません。

失敗原因の多くは「知らなかった」からなのです。

しかも、何を知っておくべきなのか?もよくわからなかったという方が多いと思います。

 

何のために土地を購入するのか?家を建てるためなのです。

失敗しないためには、「予算」・「土地」・「建物」 トータルで考える事。

 

これらを大前提として計画を進めるためには、お客様の利益を第一に考え、全てを踏まえて提案できるパートナー選びが重要だと思います。

 

では実際にどのように土地探しを進めていけば良いのか?

その内容は「土地探し必勝レシピ-後編-」にてお伝えしていきます。

 

後編はこちら

続きをよむ
12