くらす(2019年2月)

2019.02.15【くらしコラム】美味しいごはんを作ろう

自分で言うのもなんですが、うちのごはん、超美味しいんです。

 

妻が作っても美味しいし、私が作っても美味しいです。

 

二人して、「美味しいね」って毎日言い合ってます。

 

 

私も妻も、料理を習っていたとか、修行したとか、

 

そういうのは一切ありません。

 

とくに、妻は私と結婚するまで実家暮らしでして、

 

私と暮らしはじめて、本格的にお料理をはじめたぐらいです。

 

お料理に苦手意識まであります。

 

そんな妻ですが、美味しいごはんを作ります。

 

不思議でしょう??

 

高級な調味料とか、そういうのを使っているわけでもありません。

 

レシピもたまに見ますが、そんなにキッチリと作っているわけでもありません。

 

調味料の配分も、わりと大雑把です。

 

ちゃんと分量を守らなかったりします(笑)

 

 

そんな私と妻ですが、

 

実は、料理をつくる上で、一つだけ気を付けていることがあります。

 

それは、素材の味を活かす、ということです。

 

なんだか、プロっぽいことを言い出したぞ…

 

と思われるかもしれませんが、いやいや、そんなに構えないでください(笑)

 

素材の味を活かす、ということはつまり、逆に言えば、

 

「素材の味を殺さないように調理する!」

 

ということです。

 

 

たとえば

 

・甘いキャベツは甘みが抜けないよう、刻んでからは水に浸さない

・ほうれん草など葉野菜はシャキシャキさせたいので、ゆですぎない

・ホクホクじゃがいもは、水が出るものと一緒に調理しない

・野菜は塩を振ると水が出るので、炒めて余計な水分を飛ばした後に塩を振る

・ネギなどの香味野菜は香りを活かすため、出来上がる寸前に加える

・レタスをサラダにする場合、シャキシャキした新鮮なものを使う

 

などです。

 

新鮮なレタスを使ったサラダは美味しいに決まっていますし、

 

ホクホクのじゃがいも、甘いキャベツ、シャキシャキのほうれん草など、

 

野菜そのものが美味しければ、味付けがたとえ適当であっても、

 

美味しく食べることができます。

 

当たり前といえば当たり前ですね。

 

このように、素材の美味しさを最大限に活かしてやれば、

 

美味しいご飯が簡単に作ることができるのです。

 

 

でもこれは、野菜の特性……つまり、野菜の知識がある程度ないと

 

難しいことかもしれません。

 

逆にいえば、野菜の特性さえ一度理解してしまえば、

 

多種多様な、どんな料理でも、どんなレシピでも、

 

対応することができるようになるんです。

 

 

料理上手の近道は、

 

野菜の特性を知って、美味しさを最大限生かす調理をしてあげること。

 

これが大事だと、八百屋的には思っています。

続きをよむ

2019.02.13【イベント】2/16(土)17(日)賢く学ぶ、リノベーション勉強会開催

https://www.e-uchiya.jp/event-schedule.php?blog_id6=550&detail_no=%B8%AD%A4%AF%20%A5%EA%A5%CE%A5%D9%A1%BC%A5%B7%A5%E7%A5%F3%CA%D9%B6%AF%B2%F1

 

日時:2月16日(土) ・17日(日)

    10:00~17:00  参加無料

会場:福井市南四ツ居1-20-1 ヤスブンさんすぐ

永家舎(えーうちや)  リノベーション展示場

 

リノベーションを検討され始めた方、特に必見!

 

「リノベーションってなに?」「何が出来るの?」

 

「いくらぐらいかかるの?」「建替えするのと比べてメリット・デメリットは?」など、

 

よくわからないことが多いリノベーション・リフォームについて基本的なことから

 

見て、聴いて、楽しみながら学べて、なんでもわかる2日間。

 

建築・税金・収納、それぞれの専門家が、

 

リノベーションでの家づくりで知っておきたい情報を

 

分かりやすく解説&ご紹介する“リノベ知っ得セミナー“を始め、

 

“ステンシルでつくる、オリジナルバッグ作り”、“古民家カフェ”、

 

“あったか体感&ふるまい” など、内容盛りだくさん!

 

参加前日までにご予約頂くと、今なら特典としてクオカードをプレゼント。

 

リンク先☝、ご予約フォームより申込ください。

 

 

皆様のご来場をお待ちしております!

続きをよむ

2019.02.12【イベント】3/6(水)開催 キャラ弁教室

 

*多分今年は最初で最後の『キャラ弁教室』(笑)

 

すでにご予約有りなんです(o’∀’o)

 

お申し込みはこちらからお願いします↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScVBFVXk2yybvePMfaYm6NddLRleWzfVx0CW3kkU5t_szvRuQ/viewform

※教室名は『その他』を選んでくださいね✨

 

 

日時:3月6日(水)10:30~12:00

場所:鯖江市上野田町4-45

   鯖江の古民家カフェ&教室  RAćKU 〜ラシーク〜

 

 

詳しい内容は下記のサイトでご確認ください。

転載元 https://ameblo.jp/ponobebima/entry-12434413418.html

続きをよむ

2019.02.12【特集】あなたを笑顔にするために、 ラテアートの魔法をかけて。

 

 

――「くらしくふくい」で白崎さんが連載されている「おうちでできるラテアート」の記事、いつも楽しく読ませてもらっています。エスプレッソマシンがなくても自宅でラテアートができるなんて、正直びっくりでした。ああいうのは、器具の揃ったお店でしか飲めないものかと思っていたので……。

 

少しのコツはいりますが、思っている以上に手軽にできるのがラテアートなんですよ。コラムを読んでくれたり、講習会に来て下さったりした人が、家でご家族を喜ばせるために気軽にラテアートを作ってくれたらとっても嬉しいな、といつも思っています。私自身も、身近な人を喜ばせる手段としてラテアートを捉えている面がありますし。

 

 

――白崎さんがラテアートに出会ったのはいつ頃なのでしょうか?ずっとカフェで働かれていたのでしょうか。

 

そうですね。短大卒業後、最初は栄養士として就職したのですが、もっと人と身近に接する仕事がしたいなと思って飲食店に移りました。それで、10年近く働いていたお店があったのですが、そこにエスプレッソマシンがあったのがラテアートを知るきっかけでした。最初はハートに顔を描いたりするくらいでしたが、お客様に喜んでいただけたのが嬉しくて、動画を見ては自主練習を重ねていきました。

 

 

――喜ぶお客様の気持ち、わかります。ハートひとつ描いてあるだけで不思議なくらいHAPPYになれるんですよね。ところで、白崎さんが、ご自身で作るだけでなく作り方を一般に広める方向にご自身を進めていったのにはどういうきっかけがあるんでしょうか?

 

ラテアートをしている事で、私自身も楽しくて笑顔になれたので、こうした「作る楽しみ」もお伝え出来たらと思ったんです。あと、お店で働いている時は主にお客様に向けて作るラテアートだったので、おうちで作る事が出来れば、遊びに来た友人におもてなしが出来ますし、もっとも「身近な人」である家族や子供達に作って笑顔になってもらえるのではないかな?と思ったのがきっかけだったかもしれません。うちの家族は、私が働いている時にお店に来ることがほとんどなく、作ってあげられるタイミングがなかったので、特にそう思ったのでしょうね。

 

 

――なるほど。せっかく人を笑顔にする技術を持っているのに、それを一番身近な家族に対して使えていない、という思いだったんですね。

 

ラテアートの事だけに限らないのですが、どうしても身近すぎる人には甘えてしまって、後回しにしがちなので、逆に意識して、身近で支えてくれる人を大事に出来たらなと思っています。難しいんですけどね。

 

――う、私にも思い当たるフシが……。身近な人を大事にする、ってホント大事ですよね。

 

それが私のモットーみたいになっていますね。でも、「身近な人」には、実は、自分自身も入っていて。やっぱり自分が心から笑顔じゃなかったら、周りを笑顔にする事は出来ないんじゃないかな?と思っているので、辛いときは、休んだり、食べたい物を食べたり、自分の心や身体の声を意識するようにしています。甘やかし過ぎかもしれないくらい(笑)。

 

――いやいや、働く女性ってみんな無理しがちですから、甘やかすくらいでちょうどいいです!最後に白崎さんから福井の女性たちに何かメッセージをいただけますか?

 

福井には、年齢問わず、仕事や家事に一生懸命取り組んで輝いている方が本当にたくさんいるなぁと感じます。尊敬出来る方が周りにいる事が、私自身とても幸せです。実は私は、ラテアートの仕事の他にも仕事をしているのですが、今はどちらの仕事でも学べることが多く、互いに影響し合って上手くバランスが取れているような気がします。職場によってはこういう働き方が難しい所もあるかもしれませんし、私の場合は一例でしかありませんが、そういうのもアリなのかなと思っています。ですから皆さんも、こうじゃなきゃいけないという形に囚われず、やってみたいなと思うことがあればぜひチャレンジしていってほしいなと思います。動くことで道が開かれていったりもしますから!――と、自分にも常々言い聞かせています(笑)。

 

 

――ありがとうございます。っていうか、お仕事を掛け持ちされていたんですか……今知って驚きです。バイタリティが半端ないですね。お子さんも2人いらっしゃるのに。

 

休日は基本子供と遊んでいますよ!でも子供のいない休日は友達と気になるお店に行ったり、あと、やっぱりラテアートの練習をしちゃったり(笑)。

 

――あはは(笑)。ちなみに白崎さん、今後の夢や展望ってありますか?

 

他業種の方とのコラボレーションを積極的に進めながら、手軽に出来るラテアートをもっともっと多くの方に広めていきたいです。ワークショップに来ていただいた方が、生活にラテアートを取り入れてくれて、そこに笑顔が生まれたら幸いです。そのために、難しく考えず、楽しく続けてもらえるような工夫が必要だなぁと思い、日々模索しています。あと、夢ですが、おうちで気軽に出来るラテアートの本を出したいです(笑)。

 

――ぜひ本出してください、買います。今日はありがとうございました!

 

 

<講習会の情報はこちらから>

Instagram:@ricappuccino

 

(取材・執筆 吉田郁)

続きをよむ

2019.02.09【くらしコラム】自分に優しい言葉かけられますか?

頭の中の脳内ポリス(別名ダメダメ取締官)、ピーピー!と忙しく動き回っていませんか?

 

自分に厳しい人は、周りに言われる前にひどい言葉を頭の中で唱えがち。

 

ほら、やっぱりダメだったじゃない。

何度やっても上手くいくわけないよ。

その年で夢を見るなんてどうかしてる。

身の程を知りなさいよ、身の程を。

どうせ失敗するし、バカだと思われるんだからやめときなさい。

 

 

書いてても苦しくなりますね!!

 

 

昔の私は本当に厳しい取締官が頭の中に常にいました。(というか気を抜くと今も。。。)

 

自分を守る為に、傷つかないようにと自然と繰り返しているこの行為。

 

これこそが、自分の可能性をつぶして、のびのびと自由に生きられない原因でした。

 

どうしてもネガティブな想いが手放せない時、

 

私はよくこの瞑想を行っています。

 

 

【慈悲の瞑想】

 

私が幸せでありますように

私の悩み苦しみがなくなりますように

私の願いごとが叶えられますように

私に悟りの光が現れますように

 

私が幸せでありますように

私が幸せでありますように

私が幸せでありますように

 

私の親しい人々が幸せでありますように

私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように

私の親しい人々の願いごとが叶えられますように

私の親しい人々に悟りの光が現れますように

 

私の親しい人々が幸せでありますように

私の親しい人々が幸せでありますように

私の親しい人々が幸せでありますように

 

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように

生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように

生きとし生けるものに悟りの光が現れますように

 

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

 

 

 

 

「まずは自分の幸せを願うこと」

 

これが大事なポイントです。

 

自分が幸せに生きつつ、他人の幸せを願うことは、

 

共に生きる、人に生かされているという共生社会への感謝の気持ちを広げてくれます。

 

慈悲の瞑想には続きがあります。

 

それが下にご紹介する文章です。

 

 

 

私の嫌いな人々が幸せでありますように

私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように

私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように

私の嫌いな人々に悟りの光が現れますように

 

私を嫌っている人々が幸せでありますように

私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように

私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように

私を嫌っている人々に悟りの光が現れますように

 

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

 

 

 

嫌いという感情にダメ!としてしまうと、こじれていくだけなので、

 

嫌いは嫌いのままで大丈夫なんですよね

 

あー、私は嫌いなのだと、一度受け入れてしまった方が穏やかな自分に戻っていき、

 

時間の経過とともに、あれ嫌いじゃないかもと思う時が来ることも多々あります。

 

私の場合は、慈悲の瞑想を何度も音読、黙読していると、

 

穏やかな気持ちが戻ってきて、すーっと水の上に波紋が広がっていくような気持ちが戻ってきます。

 

ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

 

中には自分の幸せを願うことに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。

 

なかなか自分に思いやりを向けられない方は、大切な人をイメージしてから行なってみてください。

 

大切な人が苦しんでいる時、どんな気持ちになりますか?なんて言ってあげたいですか?

 

苦しんでいる大切なパートナー、子供、親、

 

愛する人に思いやりを向けるように、自分自身に優しい言葉をかけてあげましょう。

 

それでも難しい方は、ハートに手をあてて、

 

「自分にやさしくありますように」

「私自身をいたわることができますように」

 

と唱えるのも有効です。

 

自分自身に微笑み、手のひらから無条件の愛を送ってあげましょう。

 

今日も素晴らしい一日となりますように。

続きをよむ
12