特集「ふくいに生きる。ふくいで活きる。」

2018.07.26【特集】ママと赤ちゃんを優しくつなぐ、 ベビーマッサージに魅せられて。

――井口さんは四人のお子さんを育てながら、ベビーマッサージの教室を主宰されていると伺っています。たとえ子供が一人であっても、女性にとって「子育て」と「自分らしく働くこと」の両立は決して簡単ではないと思うのですが、四人となると……正直想像を超えてしまっていて(笑)。いったいどうやって実現されているのでしょうか。

 

忙しくなくはないと思います(笑)。ただ、企業で働くのとは全然違うので、だからこそ実現できているんでしょうね。

 

――もともとは保育士さんだったんですよね。

 

はい。第一子の出産までは保育士として働いていました。ベビーマッサージに出会ったのは第三子がまだ赤ちゃんだった頃。地域の子育てサークルで受けてみたベビーマッサージ教室が思いのほか楽しくて、リフレッシュになったんです。しかも終わった後に子供がぐっすり眠ってくれたのにもびっくりして。「あ、これだ!」とピンときたんですよね。もともと自分で資格をとってそれを軸に仕事をしていきたいという気持ちがあったので、すぐに資格の情報を調べて勉強を始めました。思い返せば当時は、復職して保育士として働きながら、三人の子育てをして、資格の勉強もして……と、結構ハードだったと思います。でも結局第四子の妊娠がわかったので、いったん保育士の仕事を辞めて、子育てと資格取得に専念しました。

 

――保育士を辞めたとしても、三人の子育てと資格の勉強ってすごく大変ではないかと。そこまでしてベビーマッサージに惹かれた理由はなんだったのでしょうか。

 

子育ても三人目でしたし、ましてや保育士でしたから、傍から見れば「育児のベテラン」のように思われるかもしれませんが、本当は人一倍子育てに悩んでいたんですよね。そんな中で出会ったのがベビーマッサージでした。「赤ちゃんとのこんなスキンシップがあったんだ!」という目からウロコの発見がたくさんあり、自分の悩みが解消されていくと同時に、これをぜひ他の人にも広めたいという思いに動かされました。資格の勉強自体は、自分のライフスタイルに合わせて進められるのでそんなに困難ではありませんでした。たとえば私は担当講師の方が自宅まで来て教えてくださったので、赤ちゃんがいてもまったく問題なく勉強を進められました。最終的に資格がとれたのは第四子が生後10カ月のとき。そこから晴れて開業となりました。

 

――なるほど。自分のペースで進められたということなんですね。

 

はい。開業してからもそれは同じで、学校や保育園の行事があるときは仕事を入れないようにしています。そうじゃないと、続かないですからね。あと、土日に教室を開くときは、中学一年になる長女が受付や資料配布、CDの曲出しなど、いろいろと手伝いに入ってくれるので助かっています。私の仕事の内容ややり方、働く姿を子供に見せることができるのも大きなメリットだなと感じます。

 

――それはすごくいいですね。親が一生懸命に働く姿を見せるのは、子供にとって何よりの良い影響を与えるでしょうし、職業観も身につくように思います。最後に、福井で働く女性たちに、何かメッセージをお願いできますか。

 

仕事も家事も子育ても、頑張りすぎずにうまく気分転換しながら進めていくことが大事なのではないかなと思います。私も休日は家族みんなで公園に行ったり買い物に行ったり、いろんなことをすることでリフレッシュしています。日々の出来事一つ一つを楽しむ気持ちでやっていけば、いつの間にか乗り越えていけることもたくさんあるのではないでしょうか。もし子育てに何か悩みがあったり、他のママとも話してみたいなと思われたら、ぜひベビーマッサージを体験しに来てくださいね。「教室」と思わず、「ちょっとリフレッシュしに行こう!」という気持ちで来てくれればうれしいです。

 

 

――保育士で、四児の母である井口さんが教えるベビーマッサージ、がぜん興味がわいてきました。そして何より、自分がワクワクできる仕事に出会い、自分のペースで続けていけば、自然と「自分らしい働き方」や「自分らしい人生」につながっていくんだなと感じました。今日は本当にありがとうございました!

 

【教室の案内はこちらから】

https://profile.ameba.jp/ameba/4yuu-mama

(取材・執筆 吉田郁)

 

 

続きをよむ

2018.07.17【特集】『自由』で『楽しむ』ことを優先に、どんどんチャレンジ! -ハンドメイドの魅力-

 

―この度は杜の手しごと市&暮らしフェスタにご出店いただきましてありがとうございます。

林さんが代表をつとめられているハンドメイドのサークル『MAMA☆LABO』とはどのような活動をされていらっしゃいますか。

 

ハンドメイドが大好きなメンバーが、それぞれ自分たちの作品をもちよって、県内を中心としたクラフトマーケットに出店しています。

今のところ在籍メンバーは7人で、その都度参加できるメンバーをSNS上で話し合って決めています。

まあでも、私たちは『自由』で、『楽しむ』ことを優先していますので、このイベントはグループではなく、個人で出店しますっていうのもOKですし、違うメンバーと出店しますっていうのもありなんです。

ほんとに自由なんですよ(笑)

私の場合、出店は平均月1回と決めています。主にイベントは土日ということもあって、子供たちには「ママ行かせてもらうね。」と話をして、主人に預けて行っています。

 

―ご主人、お子様、ご家族の協力はありがたいですね。

そうですね、とても助かっています。出店が近付くと、作品作りも大詰めになってきますので、ちょっと家事も手抜きになってしまいますが(汗)、迷惑をかけながらも仕事、作品作り、家事を一所懸命にがんばっているお母さんの姿を見せられたらいいなと。

 

MAMA☆LABO』の活動のきっかけとなったことはどんなことからですか。

 

SNS上でハンドメイドが大好きといった方々と知り合い、

「いつか、自分たちの作品をお客様に提供できるお店を出したいよね。」

という同じ気持ちをもったメンバーが集まって、お互いの作品を見せ合い、いろんな話し合いを重ねて信頼関係を築き、2012年頃にグループを結成しました。

その際に先輩作家のDECO!さん、先輩グループのmam craft chouchouさんに指南いただきました。

結成当時からはメンバー編成も、環境や、メンバー自体の年齢も変わりましたが、当時から変わらないのは『自由』であること。

楽しいことをしているのだから、辛くならないようにしようとういう思いは変わらないですね。なので、家族優先、仕事優先が前提でワクワクしながら作品を作ることを大事にしています。

 

―ワクワクしながら!楽しそうですね。具体的にはどのように作品作りをされているのですか。

ここ数年体力が落ちてきたかな・・・(笑)。

ということもあって、一気に作り上げることはせず、少しずつ作っています。まずは出品数、作りたい作品を決めて、ネットで計画的に材料を購入しています。

型紙がないものも多く、これまで作りためてきた『レシピノート』を見ながら、その時のトレンドもいれつつ自分がお客様だったら欲しいものを考えています。

なにより自分が作っていてテンションが上がるものということがポイントですね。

―今後の目標は・・・

福井にも魅力的なイベントがたくさんあるので、まずはこのまま福井での出店が多いでしょうけど、以前より考えているのは県外イベントの出店です。

加賀や、金沢など行ってみたいですね。まあでもグループとして決めているわけではないので。そこらへんも自由に(笑)

 

―7月21日22日開催の暮らしフェスタ&杜の手しごと市で行うワークショップについて教えてください。

お子様にお掃除を手伝ってもらえたらいいなという思いから、マイはたきとマイふきん作りワークショップをします。

夏休みに自分の机など、自分で掃除できるといいですよね。材料も手軽に揃えられるので、ご自宅に帰って、ご家族に作り方を教えてあげるというのもいいですね。

はたきは吊り下げて飾っておいてもかわいいかな。

 

―福井に住んでいる同じママさんたちにメッセージをお願いします。

私はたまたまハンドメイドが自分のアンテナにひっかかり、突き詰めていく中で壁にあたったり、つまづいたりしながら、それを乗り越えた先に次のステージが待っていて、どんどん楽しくなってきました。

子育て中だと最優先は子供ですが、子育て以外でなにか自分のアンテナにひっかかるものがあれば、どんどんチャレンジしてみる。

もし辛くなったらあっさりやめればいいというぐらいの気持ちで、つまづいても乗り越えてみる勇気をもつと、視野も広がるし、結果子育てにいい影響として返ってくることもあるんじゃないかなと思います。

 

―今日はお話しを聞かせていただきありがとうございました。7月21日、22日の暮らしフェスタ&杜の手しごと市でお会いできることを楽しみにしています

続きをよむ

2018.05.24【特集】作って楽しい、食べて美味しい! ときめきいっぱいアイシングクッキーの世界。

――西岡さんのアイシングクッキー、すごく可愛いですね!目移りしてしまいます。個人的には口紅とかのコスメの絵が描かれたクッキーがすごくオシャレで好みです。ドライフラワーのデザインも初めて見ました。食べるのがもったいない……。

 

ありがとうございます、でも存分に眺めたら食べて下さいね、ちゃんと美味しいので(笑)。

カラフルなお菓子っておいしくないイメージがあると思っていらっしゃる方も多いと思うのですが、そういう人を「え、美味しい!」ってびっくりさせたいというのもモチベーションの一つなんです。

 

――西岡さんは、いつからアイシングクッキーの先生をされているのでしょうか?

 

講師の資格を取ったのは平成26年なので、今から4年前ですね。

もともとずっと調理畑でして、高校を出て調理の専門学校に入り、卒業後はレストランやカフェで働いていました。

 

結婚、出産を経ても割とすぐにカフェの勤務に復帰して、講師資格を取ってからもレストランやカフェでの勤務をしながら並行してアイシングの教室を開いていました。

 

――子育てしながら、すごいですね。福井の女性は働き者だと言いますが、西岡さんも例に漏れない……。

 

ある意味、それくらいアイシングクッキーの魅力に自分がハマったということかもしれません。

アイシングクッキーでしか表現できない可愛さや、「えっ!こんなデザインもできるの!」とか「これ食べられるの?!」という驚きって、あると思うんですよ。それをもっともっと追求していきたいなと思っていて。

今は生徒さんにその楽しさを伝えられた時にすごくやりがいを感じますね。

今は講師として教室を開いているのみですが、子供が独立したら自宅をカフェにしたり、アイシングクッキーの販売のルートを拓いたりしたいなと、夢が尽きません。

――本当にアイシングクッキーが大好きなんだなというのが伝わってきます。今は二人のお子さんを育てながら働かれている西岡さんですが、同じように福井で働く女性たちにメッセージをいただけないでしょうか

 

昔よりは女性が働きやすい社会になったとは思いますが、まだまだ不十分なところもありますよね。

結婚、出産のときや、子供がいる場合は子供の成長に合わせて働き方を変えなくてはならず、そのたびに迷ったり悩んだりすると思います。

でも、そういうときに何か一つでも好きなことや、生きがいを感じられることがあると、ずいぶん違うと思うんです。私にとってはそれがお菓子作りでした。

どんなに夜泣きがひどくても、育児や仕事でヘトヘトでも、夜な夜なお菓子を作ることでストレスが発散でき、毎日が充実しました。

レッスンに来ていただく生徒さんにも、そんな小さな充実感を提供できたらなと思っています。

 

――今まさに日々奮闘している女性たちの胸に響くメッセージだと思います。今日は本当にありがとうございました。

 

 

季節のテーマでデザインを変え、レッスンを開催している。個人レッスンも受け付けており、本人のチャレンジしてみたい技法やデザインに応じて内容を組み立てている。

 

 

取材・執筆 吉田 郁

続きをよむ

2018.05.15【特集】ココロもカラダもほっとする、癒しのお菓子を届けたくて。

――「がとーど・ちか」のお菓子、SNSなどでも事前に拝見していたのですが、「優しい」という印象を抱いていました。もちろん「美味しそう」でもあるのですが、どことなく家庭的で、作り手の手のあとがまだ残っているかのような。

 

ありがとうございます。心も身体も癒されるようなお菓子を作りたいと願っているので、あたたかみを感じていただけたのならうれしいです。

 

――癒される、がテーマのお菓子づくりとのこと。これは開店当初からのテーマだったのでしょうか。

 

そうですね、お店を始めた頃から材料や製法にこだわり、食べた人がほっとできるようなお菓子づくりを目指していました。ただ、現在のほうがそれをより強く意識して作っていると思います。もともと、お花の先生をしている母の生徒さんにお茶菓子として私が手作りのお菓子を出していたところ、だんだんとそのお菓子のファンになってくれる人が増えて、だったらお店を開いて直接買ってもらえるようにしようという経緯で「がとーど・ちか」は始まりました。流れみたいなものがあったんですよね。ところが最初は順調だったのですが、二十代後半から体調を崩すことが増えて、思うように働けなくなってしまったのです。仕事内容も縮小し、 ケーキは常時店頭に置くのではなく予約販売に制限していた時期もありました。

 

 

「カットケーキの販売日には何種類ものケーキがショーケースにずらりと並び、多くのお客様でにぎわう。今後は福井県産の材料を使用したお菓子の販売も予定している。」

 

 

――そうだったんですね……。若くしてお店を持って、心身ともに頑張りすぎてしまったのでしょうか。

 

なぜこんなにしんどいのか、原因がわからなくて、結局何年もの間苦しみました。でも4年前にやっと病名がはっきりし、橋本病(※)だとわかりました。

(※)橋本病……慢性甲状腺炎。病気が進行し甲状腺ホルモンが不足すると、無気力で疲れやすくなる、声が枯れる、心臓の動きが悪くなるなど日常生活に大きな影響が出る。

 

――橋本病ですか。全身がすごく重く感じられたり、頭がぼーっとしたり、とてもしんどい病気だと聞きます。私の友人にも何人かいます。

 

女性に多い病気なんですよね。ただ、橋本病だとわかってからは適切な治療もできましたから、体調も徐々に回復し、子供も授かることができました。ケーキの販売も毎日とはいきませんが、現在は月に何度か、日を決めておこなえるまでになりました。さらに今は食物アレルギーのあるお子さんでも安心して食べられるようなお菓子のラインナップを増やしたり、クッキーの着色を野菜の粉でおこなったり、グルテンフリーや米粉のお菓子に挑戦したりと、一層身体にいいものを追求しています。こうやって思いが強くなったきっかけは、自分の病気だったと言えるかもしれませんね。

 

「米粉のロールケーキ」

 

 

――ご自身の身体や病気と向き合って生きていく中で、身体や心を芯からいたわることがテーマになっていったのですね。福井で毎日頑張っている女性たちには、ぜひ「がとーど・ちか」のお菓子を通して心身に癒しを摂って欲しいなと感じます。最後に、福井の女性たちにメッセージをお願いできますでしょうか。

 

福井県の女性たちは、家事、育児、仕事も全部全力でやって当たり前、自分がなんとか頑張らなくちゃという意識で暮らしている人が多いと思います。私もずっとそうでした。でも病気になってからは、「頑張りすぎない、周りに助けてもらう、たまには息抜きをする」。これが大事なんじゃないかなと思うようになりました。自分の好きなことを、楽しみながら続けていき、助けてくれる人に感謝を忘れない。そんな生き方ができれば、自分らしく輝き続けられるのではないかなと思います。

 

――本当にそうですね。ちなみに河合さんの息抜きは何でしょうか?

 

録画していたドラマを観る!嵐やB’zのライブに行く!これが最大のストレス発散ですね!あんまり休みがないのがつらいところですが(笑)。

 

――いいですね!ちゃんと息抜きらしい息抜きをされていて安心しました(笑)。これからも美味しいお菓子を長く作り続けていってくださいね。今日はありがとうございました!

 

取材・執筆 吉田 郁

 

「豆乳クリームのケーキ」

 

 

 

続きをよむ

2018.04.26【特集】福井発、世界で輝くデザインは、母娘をつなぐ庭から生まれた。

 

 

――上木さんは、テーブルコーディネートとフラワーデザインの教室をされていて、最近では新宿や上海の百貨店でテーブルウェア展の装飾を任され、越前焼や越前漆器、越前和紙といった伝統工芸品を使ったコーディネートが大変好評だったとお聞きしました。まさに福井発、世界でご活躍されている好事例だと思います。

 

ありがとうございます。上海では特に、日本のものをとても良いものと思っていただいているのを肌で感じ、改めて伝統工芸の良さを感じました。

 

【上海高島屋のコーディネート(越前の伝統工芸使用)】

 

――上木さんご自身は、どのような経緯でテーブルコーディネートやフラワーデザインの世界に入られたのでしょうか。

 

もともと全然違う仕事をしていたのですが、このままでいいのだろうかという気持ちがありまして。それで一念発起し、貯金を崩して東京のフローリスト専門学校に通ったんです。卒業後も花屋で働いたりホテルの装花をしたりと、3年くらい東京で経験を積み、その後福井に戻りました。

 

――それまでの仕事を辞めてまでやりたいことが、どうしてお花関係だったのでしょう?

 

幼少期の記憶の中に、常に母の庭があったのです。もともと母が大の花好きで、自宅の庭にはたくさんの木や園芸、花が植えられていました。そのような環境で育ち、いつも植物に触れていたから、花の世界が自然と自分に馴染んだのだと思います。タイミング的に母がFLOWER LIBERTYを設立したのもその頃でしたので、私自身もお花の奥深い世界に目を開かれ始めていたのかもしれませんね。

 

――とても素敵なお話ですね。お母様の恵美子さんも、フラワーデザインやテーブルコーディネートの世界で大変ご活躍です。2016年にはお二人がデザインしたテーブルコーディネートが全国大会で2,000作品以上の中から最優秀賞と東京都知事賞をW受賞したとか。感無量だったのではないでしょうか。

 

そうですね、とても感激しました。でもそれ以上に感動したのは、今年生徒さんたちと共同制作した作品が、同じ大会で審査員特別賞を受賞したことです。教室に熱心に通ってくださる生徒さんと素晴らしい時間を共有し、結果を残せたことは、言葉にならないくらいうれしいことでした。福井の伝統工芸品の魅力を全国にアピールする機会でもありましたしね。

【2016年お母様とコラボし全国で最優秀賞を受賞した作品】

 

――生徒さんたちも本当にうれしかったことでしょうね。最後に、福井の女性たちにメッセージをお願いします。

 

福井の女性は本当に忙しく暮らされています。でもその家庭の中に、花一輪でいいのです。自分の手で食卓に花を一輪生けることで、見る者が癒され、心が豊かになります。そんなちょっとしたゆとりの持ち方や、花で遊び心を表現する方法をこれからも広く伝えていけたらと思っております。

 

――お母様の庭から紡ぎ始めた夢が、生徒さんを巻き込み、幸せを拡げ、いつしか世界に発信できる魅力に育っていく。なんだか一本の映画を観るようです。今日は本当にありがとうございました。

 

【5年前に鯖江に移転したフラワーリバティ。庭を見ながらレッスンをしたいという夢を実現させた。庭の小屋で、レッスン後のティータイムを楽しむこともできる。】

 

 

取材・執筆 吉田 郁

続きをよむ
12