特集「ふくいに生きる。ふくいで活きる。」

2018.08.27【特集】何度転んでも諦めない。 起き上がるから、光が見える。~後編~

*前編はこちらから「【特集】何度転んでも諦めない。 起き上がるから、光が見える。~前編~」

 

――前回はオカフェ。設立の経緯まで伺っていました。カフェの物件を紹介されたんですね。

 

はい。結局その物件とは違うところに決めましたが、具体的に紹介されたことで、私自身が「自分の夢を叶えよう」と決意したのが大きかったです。

 

 

――なるほど。実際にお店を始めてからは、どうですか、順調ですか。

 

はい、おかげさまで!私はとにかくお客様に恵まれていると思います。

 

一人で切り盛りしていて、料理もお菓子作りもサービスも私だけですから、お待ち頂くこともありますし、不定休でそれなりに休みも多いためご迷惑をおかけしている面はあると思います。

 

それでも皆さま、SNSで開店している日を調べて足を運んでくださるので、本当に感謝です。

 

あと、なんでも一人でやることで、いいことも悪いことも全部自己責任だと思えるのはとても気持ちいいですね。お客様に喜んでもらえたときは本当に嬉しいし、強いやりがいを感じます。

 

――反応が全部ダイレクトに感じられる働き方が、ご自身にも合っていたのかもしれませんね。これからお店をこんな風に発展させたい、という展望はありますか?

 

大きな野望はないのですが、いろんな国に行くのが好きなので、旅先で出会った素敵なものや美味しい味を少しずつ取り入れながら、新しく変わっていく部分と変わらない部分をどちらも大切にしていきたいですね。

 

あと、いろんな国の人が集まって、交流できるような雰囲気のお店にもしていきたいなと。

 

オカフェ。という場所が、人と人との架け橋になれたら最高だなと思っています。

 

 

――素敵ですね。そういうお店があると、そこからどんどん縁が広がって、その街での暮らしそのものに魅力が出てきますね。最後に、女性たちに向けて何かメッセージをお願いできますか。いつもは「福井の女性たちに」と聞くのですが、今回はもう、話が大きかったので、女性全般で(笑)

 

今日、いろいろお話しながら自分の人生を振り返っていたのですが……思えば、これまで無駄な抵抗を力づくでしたこともたくさんあったものの、大抵うまくいかなかったなと。

 

流れに身を任せたほうがうまくいくことが多かったように思います。

 

それは、ただ周りに合わせるという意味じゃないんです。自分で「やる」と決めたら、あとは淡々と、力を抜いて、日々少しずつでいいからやり続ける。

 

そういうことが大事なのかなと感じています。

あと、過去にあったつらいことも楽しいことも、すべては今につながっているので、今起きている良いことにも悪いことにもちゃんと感謝して、起きた出来事の意味を平等に受け入れたいなと思って生きています。

 

なかなか難しいときもありますが……(笑)。

 

でもそういう心がけが、結局は、自分と自分の人生を肯定することになるのかなと思えるんです。

 

女性へのメッセージというか、自分が人生から学んだこと、みたいになっていますね(笑)。まとまらなくてすみません。

 

――とんでもないです。私が今日、岡本さんとお話して抱いた印象は、瑞々しい、ですね。自分の心に正直に生きて、挑戦を続けている人だからこそ、こんなにもイキイキとされているんだなと思います。そして、いろんな苦難を乗り越えて、自分の意志で夢への道を切り拓かれたお話は、

多くの人の勇気になると思います。本日は貴重なお話をありがとうございました!

 

(取材・執筆 吉田郁)

 

 

Sponsor Link

続きをよむ

2018.08.21【特集】何度転んでも諦めない。 起き上がるから、光が見える。~前編~

 

――岡本さんが経営されているカフェの「オカフェ。」ですが、「おしゃれで美味しい隠れ家カフェ」と福井で話題になっていますね。

本日はぜひ、どんな経緯で「オカフェ。」を始められたかなどをお聞きしたいのですが、岡本さんは「オカフェ。」を始められる前も調理の仕事に就かれていたのですか?

 

はい。20代で東京に出て8年ほど住み、東京の和食料理店で働いていました。

 

――東京にいらっしゃったんですね。何がきっかけで福井に戻られたのでしょうか?やはり最初から、自分のお店を持つなら福井で……とお考えだったのでしょうか。

 

ちょっと言いづらいのですが、当時、結婚を考えてお付き合いしていた人とお別れすることになってしまいまして。

 

――えっ。

 

相手も料理人だったので、いつか一緒にお店を持ちたいという夢があったんですが、それも一旦リセット。

 

この先、私はどこで何をやって生きていったらいいんだろう、と、一時期わからなくなってしまったのです。

 

 

――そんな出来事があったら……そうなりますよね。よくぞ立ち直られて。

 

でも、その時改めて、いつか家庭を持って子供を育てるなら自然が豊かなところがいいな、ということも考えて。

 

「今が福井に帰るタイミングかもしれない」と感じたのです。

 

地元の友達も「戻っておいでよ!」と強く言ってくれたので、帰ってきました。

 

――うーん、私も同様の状況ならそうするかもしれません。でもじゃあ、「ここで店を持とう!」みたいな、夢キラキラな状態で戻ってきたわけではないんですね。

 

そうです、そうです。

で、戻ってしばらくは、スイーツを作っては友達や親戚にあげ、集まりがあれば作って行って配っていました。

 

そしたらみんなに「お店やったらいいのに!」と言われて。いつしかそれが私の夢になりました。

 

 

 

――身近な人に喜んでもらえたり、さらにそう言ってもらえたりするのはすごく力になりますよね。じゃあそこからオカフェへの道が始まるのですか。

 

いや、まだちょっと時間がかかるんですよ。

 

実はその頃、足の調子が悪くて、びっこを引いて歩く感じになってしまい、最終的に股関節の大手術をすることに。

 

その後しばらくは寝たきりで、リハビリ生活を送っていました。

 

――そうだったんですか。それは確かに、夢を追うどころじゃない……。しかも若くて、同世代は元気にやっているときに、自分だけ動けないというのは余計に気持ちもしんどくなりますよね。大変でしたね。

 

そうですね、あの頃は大変だったかも。

 

さらに、それが回復してきたかなという頃に父の癌がわかり、母とともに父の介護にあたりました。

 

父は闘病の末に亡くなってしまったのですが、その後は父の経営していた鐵工所を守るために働かなくてはならず、自分の好きな道に進むということはまったく考えられない状況だったんです。

 

――……なんというか、うまく言葉が見つからないのですが、人生って苦しいことが重なるときは本当に重なってしまいますね……。

 

でも、最終的に妹が鐵工所を継ぎたいと言ってくれたんです。

 

「お姉ちゃんは好きな道に進みなよ」って。

 

――妹さん……!

 

まあ、当時また、結婚する予定だった人とまた破談になるという事件があり、「先が見えない」状況に陥るわけですが……そこまで来るともう、「自分のやりたいことをやって生きる!できない言い訳はしない!」という決意ができたんですよね。

 

さらに、そのタイミングで「ともみちゃんカフェやりたかったよね?こんな場所があるんだけど……」と物件情報をくれた人がいて。

 

 

――すごい、決意したら道が拓けてきたんですね!

 

はい、人生が動き出しました。

 

なんだか結局、私の人生のターニングポイントって、いつも恋愛なんですね(笑)。

 

――それはもう女性としては非常に共感できるものがあります。失恋にせよ成就にせよ、恋愛って自分の価値観や人生を変えるくらいのエネルギーを持っていますよね。さて、オカフェのお話に至る前に、壮絶な人生のお話を聞いてしまい、尺が足りないので、カフェ設立以降の話は後編に回します!(笑)

 

後編に続く

(取材・執筆 吉田郁)

続きをよむ

2018.07.26【特集】ママと赤ちゃんを優しくつなぐ、 ベビーマッサージに魅せられて。

――井口さんは四人のお子さんを育てながら、ベビーマッサージの教室を主宰されていると伺っています。たとえ子供が一人であっても、女性にとって「子育て」と「自分らしく働くこと」の両立は決して簡単ではないと思うのですが、四人となると……正直想像を超えてしまっていて(笑)。いったいどうやって実現されているのでしょうか。

 

忙しくなくはないと思います(笑)。ただ、企業で働くのとは全然違うので、だからこそ実現できているんでしょうね。

 

――もともとは保育士さんだったんですよね。

 

はい。第一子の出産までは保育士として働いていました。ベビーマッサージに出会ったのは第三子がまだ赤ちゃんだった頃。地域の子育てサークルで受けてみたベビーマッサージ教室が思いのほか楽しくて、リフレッシュになったんです。しかも終わった後に子供がぐっすり眠ってくれたのにもびっくりして。「あ、これだ!」とピンときたんですよね。もともと自分で資格をとってそれを軸に仕事をしていきたいという気持ちがあったので、すぐに資格の情報を調べて勉強を始めました。思い返せば当時は、復職して保育士として働きながら、三人の子育てをして、資格の勉強もして……と、結構ハードだったと思います。でも結局第四子の妊娠がわかったので、いったん保育士の仕事を辞めて、子育てと資格取得に専念しました。

 

――保育士を辞めたとしても、三人の子育てと資格の勉強ってすごく大変ではないかと。そこまでしてベビーマッサージに惹かれた理由はなんだったのでしょうか。

 

子育ても三人目でしたし、ましてや保育士でしたから、傍から見れば「育児のベテラン」のように思われるかもしれませんが、本当は人一倍子育てに悩んでいたんですよね。そんな中で出会ったのがベビーマッサージでした。「赤ちゃんとのこんなスキンシップがあったんだ!」という目からウロコの発見がたくさんあり、自分の悩みが解消されていくと同時に、これをぜひ他の人にも広めたいという思いに動かされました。資格の勉強自体は、自分のライフスタイルに合わせて進められるのでそんなに困難ではありませんでした。たとえば私は担当講師の方が自宅まで来て教えてくださったので、赤ちゃんがいてもまったく問題なく勉強を進められました。最終的に資格がとれたのは第四子が生後10カ月のとき。そこから晴れて開業となりました。

 

――なるほど。自分のペースで進められたということなんですね。

 

はい。開業してからもそれは同じで、学校や保育園の行事があるときは仕事を入れないようにしています。そうじゃないと、続かないですからね。あと、土日に教室を開くときは、中学一年になる長女が受付や資料配布、CDの曲出しなど、いろいろと手伝いに入ってくれるので助かっています。私の仕事の内容ややり方、働く姿を子供に見せることができるのも大きなメリットだなと感じます。

 

――それはすごくいいですね。親が一生懸命に働く姿を見せるのは、子供にとって何よりの良い影響を与えるでしょうし、職業観も身につくように思います。最後に、福井で働く女性たちに、何かメッセージをお願いできますか。

 

仕事も家事も子育ても、頑張りすぎずにうまく気分転換しながら進めていくことが大事なのではないかなと思います。私も休日は家族みんなで公園に行ったり買い物に行ったり、いろんなことをすることでリフレッシュしています。日々の出来事一つ一つを楽しむ気持ちでやっていけば、いつの間にか乗り越えていけることもたくさんあるのではないでしょうか。もし子育てに何か悩みがあったり、他のママとも話してみたいなと思われたら、ぜひベビーマッサージを体験しに来てくださいね。「教室」と思わず、「ちょっとリフレッシュしに行こう!」という気持ちで来てくれればうれしいです。

 

 

――保育士で、四児の母である井口さんが教えるベビーマッサージ、がぜん興味がわいてきました。そして何より、自分がワクワクできる仕事に出会い、自分のペースで続けていけば、自然と「自分らしい働き方」や「自分らしい人生」につながっていくんだなと感じました。今日は本当にありがとうございました!

 

【教室の案内はこちらから】

https://profile.ameba.jp/ameba/4yuu-mama

(取材・執筆 吉田郁)

 

 

続きをよむ

2018.07.17【特集】『自由』で『楽しむ』ことを優先に、どんどんチャレンジ! -ハンドメイドの魅力-

 

―この度は杜の手しごと市&暮らしフェスタにご出店いただきましてありがとうございます。

林さんが代表をつとめられているハンドメイドのサークル『MAMA☆LABO』とはどのような活動をされていらっしゃいますか。

 

ハンドメイドが大好きなメンバーが、それぞれ自分たちの作品をもちよって、県内を中心としたクラフトマーケットに出店しています。

今のところ在籍メンバーは7人で、その都度参加できるメンバーをSNS上で話し合って決めています。

まあでも、私たちは『自由』で、『楽しむ』ことを優先していますので、このイベントはグループではなく、個人で出店しますっていうのもOKですし、違うメンバーと出店しますっていうのもありなんです。

ほんとに自由なんですよ(笑)

私の場合、出店は平均月1回と決めています。主にイベントは土日ということもあって、子供たちには「ママ行かせてもらうね。」と話をして、主人に預けて行っています。

 

―ご主人、お子様、ご家族の協力はありがたいですね。

そうですね、とても助かっています。出店が近付くと、作品作りも大詰めになってきますので、ちょっと家事も手抜きになってしまいますが(汗)、迷惑をかけながらも仕事、作品作り、家事を一所懸命にがんばっているお母さんの姿を見せられたらいいなと。

 

MAMA☆LABO』の活動のきっかけとなったことはどんなことからですか。

 

SNS上でハンドメイドが大好きといった方々と知り合い、

「いつか、自分たちの作品をお客様に提供できるお店を出したいよね。」

という同じ気持ちをもったメンバーが集まって、お互いの作品を見せ合い、いろんな話し合いを重ねて信頼関係を築き、2012年頃にグループを結成しました。

その際に先輩作家のDECO!さん、先輩グループのmam craft chouchouさんに指南いただきました。

結成当時からはメンバー編成も、環境や、メンバー自体の年齢も変わりましたが、当時から変わらないのは『自由』であること。

楽しいことをしているのだから、辛くならないようにしようとういう思いは変わらないですね。なので、家族優先、仕事優先が前提でワクワクしながら作品を作ることを大事にしています。

 

―ワクワクしながら!楽しそうですね。具体的にはどのように作品作りをされているのですか。

ここ数年体力が落ちてきたかな・・・(笑)。

ということもあって、一気に作り上げることはせず、少しずつ作っています。まずは出品数、作りたい作品を決めて、ネットで計画的に材料を購入しています。

型紙がないものも多く、これまで作りためてきた『レシピノート』を見ながら、その時のトレンドもいれつつ自分がお客様だったら欲しいものを考えています。

なにより自分が作っていてテンションが上がるものということがポイントですね。

―今後の目標は・・・

福井にも魅力的なイベントがたくさんあるので、まずはこのまま福井での出店が多いでしょうけど、以前より考えているのは県外イベントの出店です。

加賀や、金沢など行ってみたいですね。まあでもグループとして決めているわけではないので。そこらへんも自由に(笑)

 

―7月21日22日開催の暮らしフェスタ&杜の手しごと市で行うワークショップについて教えてください。

お子様にお掃除を手伝ってもらえたらいいなという思いから、マイはたきとマイふきん作りワークショップをします。

夏休みに自分の机など、自分で掃除できるといいですよね。材料も手軽に揃えられるので、ご自宅に帰って、ご家族に作り方を教えてあげるというのもいいですね。

はたきは吊り下げて飾っておいてもかわいいかな。

 

―福井に住んでいる同じママさんたちにメッセージをお願いします。

私はたまたまハンドメイドが自分のアンテナにひっかかり、突き詰めていく中で壁にあたったり、つまづいたりしながら、それを乗り越えた先に次のステージが待っていて、どんどん楽しくなってきました。

子育て中だと最優先は子供ですが、子育て以外でなにか自分のアンテナにひっかかるものがあれば、どんどんチャレンジしてみる。

もし辛くなったらあっさりやめればいいというぐらいの気持ちで、つまづいても乗り越えてみる勇気をもつと、視野も広がるし、結果子育てにいい影響として返ってくることもあるんじゃないかなと思います。

 

―今日はお話しを聞かせていただきありがとうございました。7月21日、22日の暮らしフェスタ&杜の手しごと市でお会いできることを楽しみにしています

続きをよむ

2018.05.24【特集】作って楽しい、食べて美味しい! ときめきいっぱいアイシングクッキーの世界。

――西岡さんのアイシングクッキー、すごく可愛いですね!目移りしてしまいます。個人的には口紅とかのコスメの絵が描かれたクッキーがすごくオシャレで好みです。ドライフラワーのデザインも初めて見ました。食べるのがもったいない……。

 

ありがとうございます、でも存分に眺めたら食べて下さいね、ちゃんと美味しいので(笑)。

カラフルなお菓子っておいしくないイメージがあると思っていらっしゃる方も多いと思うのですが、そういう人を「え、美味しい!」ってびっくりさせたいというのもモチベーションの一つなんです。

 

――西岡さんは、いつからアイシングクッキーの先生をされているのでしょうか?

 

講師の資格を取ったのは平成26年なので、今から4年前ですね。

もともとずっと調理畑でして、高校を出て調理の専門学校に入り、卒業後はレストランやカフェで働いていました。

 

結婚、出産を経ても割とすぐにカフェの勤務に復帰して、講師資格を取ってからもレストランやカフェでの勤務をしながら並行してアイシングの教室を開いていました。

 

――子育てしながら、すごいですね。福井の女性は働き者だと言いますが、西岡さんも例に漏れない……。

 

ある意味、それくらいアイシングクッキーの魅力に自分がハマったということかもしれません。

アイシングクッキーでしか表現できない可愛さや、「えっ!こんなデザインもできるの!」とか「これ食べられるの?!」という驚きって、あると思うんですよ。それをもっともっと追求していきたいなと思っていて。

今は生徒さんにその楽しさを伝えられた時にすごくやりがいを感じますね。

今は講師として教室を開いているのみですが、子供が独立したら自宅をカフェにしたり、アイシングクッキーの販売のルートを拓いたりしたいなと、夢が尽きません。

――本当にアイシングクッキーが大好きなんだなというのが伝わってきます。今は二人のお子さんを育てながら働かれている西岡さんですが、同じように福井で働く女性たちにメッセージをいただけないでしょうか

 

昔よりは女性が働きやすい社会になったとは思いますが、まだまだ不十分なところもありますよね。

結婚、出産のときや、子供がいる場合は子供の成長に合わせて働き方を変えなくてはならず、そのたびに迷ったり悩んだりすると思います。

でも、そういうときに何か一つでも好きなことや、生きがいを感じられることがあると、ずいぶん違うと思うんです。私にとってはそれがお菓子作りでした。

どんなに夜泣きがひどくても、育児や仕事でヘトヘトでも、夜な夜なお菓子を作ることでストレスが発散でき、毎日が充実しました。

レッスンに来ていただく生徒さんにも、そんな小さな充実感を提供できたらなと思っています。

 

――今まさに日々奮闘している女性たちの胸に響くメッセージだと思います。今日は本当にありがとうございました。

 

 

季節のテーマでデザインを変え、レッスンを開催している。個人レッスンも受け付けており、本人のチャレンジしてみたい技法やデザインに応じて内容を組み立てている。

 

 

取材・執筆 吉田 郁

続きをよむ
123